【鉄道模型レイアウト製作記#1】自分の部屋で旅をしたくなった話

ここのところ、ブログがまったく更新されていません。

実は、「あるもの」の製作に夢中になっていたからです。

ブログより熱中していたものとは・・・

 

旅に出られず、自宅の自室で呆然とした日々を過ごすうち、部屋の中に旅を彷彿させるジオラマがあってもいいよな、なんて、ふと思いました。

そういえば、3ヶ月前に「西村京太郎記念館」訪れたとき目にした大きな鉄道模型ジオラマは、みてるだけでとても楽しかった。

これです↓

私は鉄道マニアではありませんが、旅人として接する鉄道は大好きです。

部屋の中に、大自然を造ってゆく。

そして、その中を、旅人を乗せた列車が、町から町へと走り抜けていく。

そんなシーンをアタマに浮かべていくと、なんだか、すぐに製作にとりかかりたくなりました。

 

部屋の中にジオラマを造り、そしていろいろアレンジしていくと、1年くらいはすぐたっちゃいそう。

逆にいえば、1年程度は、海外旅行に出かけられない無念を相殺してくれるんじゃないかな。

 

とにかく、コロナ前は、アタマの中には旅のことしかなかった。

月に一度の頻度で出かけ、家にいるときはブログを書いているのだから、当然そうなります。

 

1日1日を無為に過ごすのが、とてもつらく、そしてもったいない。

そこで考えたのが、部屋の中のジオラマ製作です。

 

しかし、断っておきますが、鉄道模型なんて触るのは人生初めて。

そして、DIYなんて、この歳になるまで、一度たりとも縁がありません。

うまくいくかな・・・

 

製作する情景としては、いわゆる街並みではなく、大自然。

草原の中を走り抜けていく列車。

イメージとしては、こんな感じです。

VELTRA HPより

 

単線のレールが、大草原の中に雄大なカーブを描きながら敷かれ、そこをイベントトレインでもなんでもない生活上の列車が、身をくねらせるように走り抜けていく。

私にとっては、ゾクゾクする光景なんです。

 

だから、走らせる列車の編成はなるべく長くしたい。

運転距離も、うんと長く取りたい。

そして、駅はいらない。車庫もいらない。町もいらない。

 

すなわち、大自然の中を列車が走っているシーンを、コーヒーでも飲みながら、ぼんやり眺める。

そのためのジオラマです。

 

私は、鉄道模型に関する知識は皆無です。

ですから、そんな人間でも、もし完成させ列車を走らせることができたら、それは、初心者のジオラマ製作記としてドキュメントになるでしょうか(笑)

 

ところで、鉄道を走らせるジオラマのことを「レイアウト」と呼ぶそうですね。

ネットで調べて、わが国の鉄道模型の二大メーカーが「KATO」と「TOMIX」ということも知りました。

それから、Youtubeの鉄道模型チャンネルをかたっぱしから見まくり勉強です(^^)

半月もすると、なんとなく、「こういう風につくっていくんだな」というイメージが出来上がりました。

 

そして、ついに手に入れた「KATO」のレールです。

鉄道模型の線路に触れるのは初めてでしたが、なかなかの質感。

これは、おもちゃの域を超えてますね。

わが家は、子供が二人とも娘だったので、こういう遊びにはまったく縁がありませんでしたが、息子さんを持つ親は、通る道なのでしょうか。

顔を近づけてみると、本物の線路のよう。

さっそく、模造紙の上でレールを組み立て、鉄道工事の設計開始です。

こりゃ、思ってたより面白いぞ。

タイトルとURLをコピーしました