【鉄道模型レイアウト製作記#11】「急行音戸」試運転&レール塗装にバラストまき

外国に行けない。

だったら、部屋の中に外国を作っちゃえ。

という単純な動機でつくりはじめた鉄道模型のレイアウト。

少しづつ、大陸の雰囲気が出てきました。

まずは、「EF57」型電気機関車と「急行音頭」の試運転をどうぞ。

 

本物らしさへの第一歩 レールの塗装

さて、我がレイアウトもだいぶ進行してきました。

今回は、線路周りの仕上げ。

すなわち、レールの塗装と、バラストまきです。

まずは、レールの塗装ということで、TOMIXが発売しているレール塗装用のペイントマーカーを購入しました。

きれいなレールもいいけど、やっぱり本物らしくない。

このTOMIXのペイントマーカーは、レール塗装用なので、私のような素人でも、簡単に仕上げられるから便利。

色は3色用意されてましたが、「黒サビ」を選びました。

うん、いい感じじゃないかな。

レールの踏面は、ふいておかないと、電流が伝わらなくなり、列車が走らなくなります。

うーん。まさに、敷設されたばかりの新線って感じですね。

バラストをまいて線路に魂をふきこむ

いよいよ、レイアウト作りの醍醐味。バラストまきです。

これ、やってみたかったんだよね(^^)

今回、KATOのものと、もう一種類、タムタムで仕入れてきたんですが、結論から言うと、KATOのは目が細かすぎて使いませんでした。

状況によって使い分ければいいんだろうけど、私は無造作に砂利が盛ってある、いかにもバラストって感じが好きなので。

これは、KATOのバラストをふりかけたところ。

砂利というより砂って感じなんですよね。

そこで、もう一つの目の粗いヤツを。

うん、イメージどおりです。

バラストがはいると、一気に本物らしく見えます。

自分で言うのもナンだけど、カッコいいわ・・

さて、まいただけでは完成しません。

ボンド水をたらして、固着させます。

こりゃ、楽しいわ(^_^)

つまようじで、ていねいに整形しながら。

腰が痛くなるけど、楽しい作業。

ボンド水のまきかたにもコツがあるようで、直接たらすのではなく、道床の間にたらして、自然に両サイドに流れるようにするのがポイント。

直接滴下すると、せっかく綺麗に仕上げたバラストの形がくずれます。

完成です!

すごい、本物みたいだ・・・と、娘たちは言ってくれました!(^^)!

地面の残りを仕上げ

さて、レイアウト手前の地面を、湖にする予定地を残して、草原の形にしていきます。

これはいいや。

一日中、眺めていてあきない風景になりそうです。

リアルなレイアウトは、それこそいっぱいあるんでしょうけど、なんたって、生まれて初めて作ったんです。

もう、感無量ですw

ワインを味わいながら、列車の走る姿を妄想・・

湖は、どんな感じにしようかな・・

累計投資額

今回は、バラストを仕入れました。

レール10,890円
ベニヤ板2枚1,496円
角材8本1,881円
スタイロフォーム4枚5,764円
パイプ(ジョイント含む)2,756円
キャスター3,353円
電動ドリル4,059円
のこぎり1,100円
木工用ボンド1,200円
100均(コルクシートなど)1,000円
ストラクチャー類(トンネル、牧場等)2,072円
塗料類(情景テクスチャーペイント含む)8,766円
パウダー、ターフ各種、バラスト各種8,400円
パワーパック(ACアダプター含む)4,473円
EF57型機関車12,000円
「急行音頭」客車8両セット18,000円
合計89,965円

車両も含めた工事費通算は89,965円になりました。

いよいよ、あと湖を製作すれば、レイアウト片面が完成です!

タイトルとURLをコピーしました