【鉄道模型レイアウト製作記#12】「モデリングウオーター」で湖を表現・・失敗・・かな?

さて、大陸横断鉄道をイメージしたレイアウトづくりも、前半戦の最終局面。

湖を表現して、片側の風景の完了とします。

↓この部分ですね。青蔵鉄道の青海湖のつもりですが、スケールが小さいw

紙粘土で湖底を製作

では、土台となっているスタイロフォームに切れ目を入れるのは、けっこう勇気がいりますが、作業開始。

ベニヤ板に直接レールを敷設せず、スタイロを敷くのは、騒音対策などもありますが、線路より標高の低い地形を作る場合、便利だからです。

カッターナイフで、深さ3cmほど掘りました。

そして、100均で仕入れた紙粘土が登場。

真っ白い湖底が出来上がりました。

しかし、この紙粘土。

乾燥して固まるにつれ、凝縮していきます。

岸辺との境に隙間ができてしまったので、TOMIXのシーナリープラスターで埋めます。

湖底をもう少し浅く掘って、シーナリープラスターだけで作ったほうが良かったかも。

湖面(湖底)の塗装は難しい・・

ところで、湖底の塗装には苦労しました。

青をベースとしたいろんな塗料を試すんですが、うまく決まらない・・

何回も、塗りなおしました(^_^)

最終的には妥協しましたが、とりあえず、こんな感じにまとめます。

湖岸には砂を敷き詰め、いよいよ、湖水の表現ですね。

しかし、湖というより公園の池のようだ・・これは、センスの問題ですw

「モデリングウオーター」の扱いに苦労する?

さて、ジオラマの表現の象徴ともいえる「水」。

水の表現は、いろんな方法があるようなんですが、初体験の私は、2液を混ぜたり、熱を加えたり、とかが不要で、ただ流し込むだけで表現できるという「モデリングウオーター」をチョイスしました。

1本1,235円と値段は張りますが、4本を用意して臨戦態勢。

流し込みます。

湖面のエッジには、もれないように、ガムテープをあててます。

なかなか楽しい作業ですが、けっこう量を使います。

4本使うつもりはなかったんですが、結果的にすべて使い切りました。

流し込み終わったら、つまようじで気泡をつぶします。

ところで、2本目を流し終わったあとで、塗装をしています。

塗装後、あらためて2本流し込んでいます。

すなわち、サンドイッチの形にするわけですが、実は、この塗装を数分放置したおかげで、散々な目にあいました。

「モデリングウオーター」は、色を付けられるんですが、色を塗ってすぐに、上から流し込まないと、塗装面がパリパリになってしまうらしいんです。

シンナーを使って、一生懸命色を落とし、再度色を塗りました。

何とか最後までたどりつき、固まるまで、ホコリから守ります。

完全には固まらない?「モデリングウオーター」

さて、画像では、一応の完成をみた「モデリングウオーター」の湖。

これが、なかなか固まらないんです。

これが製品の仕様なんでしょうが、ゼリー状ではなく、プラスチックのような仕上がりを期待していた私にとっては誤算。

2週間ほどたっても、ベタベタのまま。

さわれば、思いっきり指紋が付きます。

ベタベタということは、ほこりもつきやすい。

4本もつぎこんだのに、失敗しちゃったかな・・

なので、普段は、ほこりをかぶらないように、フタをしています(^_^)

まあ、でも、鏡面のように景色を映りこむので、よしとしましょう。

累計投資額

今回は、水表現としてのモデリングウォーターを購入しました。

レール10,890円
ベニヤ板2枚1,496円
角材8本1,881円
スタイロフォーム4枚5,764円
パイプ(ジョイント含む)2,756円
キャスター3,353円
電動ドリル4,059円
のこぎり1,100円
木工用ボンド1,200円
100均(コルクシートなど)1,000円
ストラクチャー類(トンネル、牧場等)2,072円
塗料類(情景テクスチャーペイント含む)8,766円
パウダー、ターフ各種、バラスト各種8,400円
水表現(モデリングウォーター4本)4,940円
パワーパック(ACアダプター含む)4,473円
EF57型機関車12,000円
「急行音頭」客車8両セット18,000円
合計94,905円

車両も含めた工事費通算は94,905円になりました。

10万円の予算で開始した工事も、ジオラマ片面だけで予算に届きそうです。

でも、片面だけでも、向こう側は見えないわけですから、完成したも同然。

次回は、バーカウンターでも設置して、第一幕の完成としましょう。

タイトルとURLをコピーしました