マレーシア&ペナン島 2泊4日弾丸一人旅の費用・治安などのまとめ

マレーシアと言えば、私はやはり沢木耕太郎さんの「深夜特急」の影響が強いです。

今回の訪問で、マレーシア渡航は3度目ですが、マラッカや今回のペナン、マラッカからシンガポールの道や、バタワースへのフェリーなど、沢木氏が活字で紹介してくれた道のりを、勝手に一生懸命たどっている、そんな感じです。自分でもあきれます(笑)

だから、マレーシアへの憧れというより、沢木氏の「深夜特急」への憧れということになるんだと思います。

沢木氏はペナン島に1週間以上滞在したようですが、今の私には無理な話。

でも、たった3日の弾丸旅行でしたが、マレーシアを旅してみると、1週間あるいは1ヶ月くらい旅するにふさわしい国に思えてくるから不思議です。

老後の生活にマレーシアを選んでいる日本人も多いと聞いていますが、わかるような気がします。

気候はいい、物価は安い、食べ物は美味しい、治安はいい・・・

そんな2泊4日弾丸紀行をまとめてみましたので、同方面への旅を企画されている方がいらっしゃいましたら、ぜひ参考にしてみてください。

マレーシア ペナン島 弾丸旅行 全行程

今回の旅の全行程がこちらです。時系列にリンクを貼ってありますので、読みたいところからどうぞ。

日付

午前

午後
10/5(金)

 

羽田 ⇒ クアラルンプール ⇒ ペナン

1.エアアジアXでマレーシアへ

10/6(土)

ペナン島 ジョージタウン観光

2.ペナン島到着

3.アートな壁画めぐり

ジョージタウン観光

4.夕暮れのジョージタウン

10/7(日)

ペナンヒル・極楽寺へ

5.ペナン島のバス旅

6.ペナンヒル登頂

7.極楽寺の風景

ジョージタウン観光

8.リトルインディア散策

9.バタワースへのフェリー

10/8(月)

ペナン ⇒ クアラルンプール

10.バトゥ洞窟弾丸往復計画

11.バトゥ洞窟にて

クアラルンプール ⇒ 羽田

12.バトゥ洞窟からクアラルンプール空港へ

13.エアアジアのホットシート

10月の3連休を利用して、会社を休まずに行ってきた日程。

個人的には、帰りのクアラルンプール乗り継ぎ時間を利用してのバトゥ洞窟往復は、勝手にしびれました(笑)。

都心から離れているクアラルンプール空港から、市内へのアクセス方法を学べたので、今後も活用できそうです。

クアラルンプールは東南アジアのハブ空港。利用する機会も多いと思います。

エアアジアXのフライトスケジュール

 航空会社便名フライト

乗継ぎ時間

往き

エアアジアX

523

羽田23:45 ⇒ クアラルンプール5:55

4時間
6112

クアラルンプール9:55 ⇒ ペナン10:55

 

帰り

エアアジアX

522

ペナン6:15 ⇒ クアラルンプール7:20

7時間5分
522

クアラルンプール14:25 ⇒ 羽田22:30

 

正確には、クアラルンプールからペナンまでは、エアアジアXではなくエアアジア。

エアアジアはいくつか会社が分かれていて、長距離フライトはエアアジアXになるそうなんです。

それはそうと、エアアジアに関しては、経営状態が心配。

2018年度の決算は通期で赤字転落という発表もあったし、原因は燃料コストの上昇と増便とのことですが、あの真紅の機体は私は好きだし、なにより安いので、がんばってもらいたいものです。

旅費・ホテル代など

さて、旅費はいくらでしょうか。計算してみました。(2018年10月のレートで計算)

用途

利用区間など

費用

飛行機

羽田 ⇒ クアラルンプール ⇒ ペナン(往復)

48,400円

ホテル

ペナン:キャンベルホテル(2泊)

19,000円

しめて、合計67,400円です。エアアジアで最初からペナンまでのチケットを作っていて、帰りに「ホットシート」(6,300円)を使っていなかったら、6万円を切っていたでしょう。

ホテルも、安宿を利用すれば5万円を切ることもあるかも。

やっぱり、鍵になるのはエアアジアでしょう。

経営状態が心配ですが、2019年7月に検索してみたところ、羽田~ペナンの往復で39,000円というチケットも出してるみたいです。

この安さは、旅人にとっては天国ですね。

気候など

湿気も多く、暑いです(笑)。南の国なんですから当然ですが。でも、すさまじい勢いのスコールのあとは、少しひんやりした空気も流れるんです。

あの熱帯そのものという感じが私は好きですね。

食事など

おいしそうな屋台がずらり、値段も安いしもっといろいろ試したかったです。お酒も飲めるし、ペナンがマレーシアきっての食い倒れの町、と呼ばれてる理由もわかる気がしました。

帰りの空港で食べたチキンライス、これも美味しかったです(笑)。

治安など

街を歩いていて、まったく不安を感じませんでしたね。最低限の防衛スタイルをとっていれば、日本よりも安全なんじゃないか、そんな気もするほどでした。

しかし、タクシーに乗るときは、交渉が必要。しっかりと交渉しないとボッタくられる、これはどこの国でも同じですけどね。

まとめ

ティオマン島、マラッカに続いて3度目の訪問となったマレーシア。旅していて、ほんとに気持ちよく、何度でも訪れたい国です。

街全体が世界遺産のペナン島ジョージタウンの風景も垣間見れたし、満足のいく3連休でした。

帰って来て、もう次はマレーシアのどこに行こうか、そんなことを考えています。

エアアジアが日本人を安くマレーシアに運んでくれる限り、リーズナブルなマレーシア弾丸旅行は可能だと思います。

今回は雨季でしたが、季節を変えていくのも面白いと思います。

マレーシア、おすすめですよ!(^^)!

タイトルとURLをコピーしました