ペナン島楽しいバス旅 ペナンヒルへ【マレーシア旅行記 #5】

アテネでの寝坊を教訓として、私は、旅先では、スケジュールが決まってない場合でも、目覚ましをかけるようにしました。

熟睡後の早起きは気持ちいいものです。当たり前ですが(笑)

ホテルの朝食&本日のスケジュール確認

そして、ホテルの朝食時間7時に1Fに降ります。

00010230

質素な朝食ですが、私には十分。

マレーシアらしく、フルーツにスモークサーモン&スクランブルエッグでした。

00010231

さて、今日は1日フリー。

旅してると、この1日フリーの日が、なんともいえず楽しい。

ちょっと遠征する気になって、ペナンヒルに登ってみることにしました。

遠征といっても、バスで30~40分ほどでふもとまで行けるし、地元の人たちにもハイキングコースとして人気が高い場所らしい。

ふもとから歩いて登頂もできるようですが、今回は自重。

ケーブルカーがでているみたいなので、ふもとまでバスでアプローチします。

時間はたっぷりあるし、歩いて登頂もチャレンジすべきでしたが、徒歩登頂のコースが手に入らず、またそんなにメジャーでもないようなので、今回は却下。

香港のビクトリアピークに徒歩登頂したときは、事前にいくらでも予備知識が手に入ったからね。

これは、例の親切なホテルスタッフからもらった地図です。

00010232

そのスタッフによれば、コムタタワーの下のバスストップから、204のバスに乗れば、勝手にペナンヒルのふもとまで行くとのこと。

早朝、とはいっても朝7時半の街を歩きます。
(両サイドのクルマ、やっぱり邪魔だなぁ・・ 旧市街の景観を壊しちゃってる・・)

00010233

昨夜、屋台で賑わっていたキムハリー通りも閑散としています。

00010234

そして、モール街に出ました。

ちょうど、そこへ、204のランプがついたバスがバスストップに向けて快走して行くではないですか。

00010235

無念、間に合わなかった・・・  と思いながら、ここほんとにバス停?

と、思って、近くにいた現地住民に聞いたら、バスターミナルはあっちだよ。

00010236

コムタタワーのバスターミナル

なるほど、ここが、コムタタワーのバスターミナルなんですね。

古い「地球の歩き方」持ってると、たまに判断誤ります。

00010237

204バスから眺める風景

そして、204。よかった、まだ乗車中。

00010238

身体の不自由な方が優先です。当然です。

00010239

と、鷹揚と構えていたら、前部のドアが開き、こっちから乗れ、と女性運転手。

その、女性運転手からチケットを買いました。2リンギットです。

56円くらい? バス代で56円だと、そんなに安いとは感じなくなっちゃったなあ・・・

00010241

バスの後方は超満員。

でも、前方のよく見える好位置をゲット。

00010242

女性運転手も、しなやかな腕で大きなハンドルを回し、乗客にチケットを売ります。

女性が社会に進出する、ごく当たり前の光景。

サウジアラビアなんかも、遅まきながら、女性の運転免許が解禁されたようですが、めでたいことです。

00010243

前方の乗車口からも、乗客が大量に流入してきて、結局、後部に押し戻されちゃいました。

00010244

ま、立ちんぼだけど、大きな窓のバス。周囲はよく見えるし、車内を観察するにも好都合。

00010245

ふと、手元を見ると、ICカードリーダーのようなものが。

これから、世の中は、とことんキャッシュレス社会になっていくんだろうね。

個人的には、便利なものは大歓迎だけど。

00010246

窓外を流れ去る寺院。そして分厚い雲。

00010247

こりゃ、ペナンヒルに登ったとしても、雄大な景色は拝めないかなあ・・

00010248

ペナンヒルのふもとのケーブルカー乗り場まで40分くらいと聞いていましたが、そのまま直行するのではなく、郊外の集落を回ります。

00010251

日曜日の朝なのに、すごい雑踏です。
いや、日曜日だから??

00010252

これはすごい・・・

00010254

インドのバラナシを思い出します。

まあ、あそこまですごくないけど、バスにクルマ、バイクに自転車、そして徒歩で行き交う人々が入り乱れて、大変なトラフィックです。

00010255

日曜市みたいなのが、開かれてるんだろうか?

霧に包まれたペナンヒルより、こっちの方が面白いかも。

00010256

反対側からもバスが押し寄せてきます。全く動かなくなりました。

10分、20分・・・

これって、日常の出来事??

00010258

でも、なんだかんだで、1時間弱でペナンヒルのふもとに着きました。

あの雑踏は、織り込み済みのようです。

00010260

ここまで運んでくれたバス。

さて、ペナンヒルに登りますか。

00010261

タイトルとURLをコピーしました