【マレーシア】1日目(その1) LCCエアアジアで三連休のジョージタウンへGO!

ギリシアから帰って1月もたってないですが、10月初頭の3連休、プチ弾丸旅行を敢行です。

さすがに、これだけの頻度で出かけると、四方から「また行くの?」と聞かれます。

そうです、また行くんです。

とにかく行けるうちに行く。旅ができるうちに旅をする。

将来、病気になるかもしれない。娘が引きこもりになるかもしれない。親を介護することになるかもしれない。お金貯めたって、インフレで資産価値を維持できるかわからない。

要するに、現代社会はリスクだらけなんです。

不確実な将来より、今です。

家族を養って、娘たちの学費、生活費をすべてまかなって、将来における娘たちの生活をすべて包括して、その上での、自分の小遣いを削って行くのに、なんの問題もないでしょう。

しかも、ただ、小遣いを削るだけじゃありません。

旅という記憶財産に投資するんですから。

フライトスケジュール

 航空会社便名フライト

乗継ぎ時間

往き

エアアジアX

523

羽田23:45 ⇒ クアラルンプール5:55

4時間
6112

クアラルンプール9:55 ⇒ ペナン10:55

 

帰り

エアアジアX

522

ペナン6:15 ⇒ クアラルンプール7:20

7時間5分
522

クアラルンプール14:25 ⇒ 羽田22:30

 

今回の行き先はマレーシア。

マレーシアのリゾート地ペナン島ジョージタウンに、3連休の初日に到着して、1日半ほどそこにいるというスケジュール。

帰りのクアラルンプール乗り継ぎ時間が長いのは、意図していて、弾丸でクアラルンプール観光ができないかな、という狙いです。

マレーシアという行き先がピックアップされたのは、もちろんフライトスケジュールから。

マレーシアには、首都クアラルンプールを拠点とするLCCエアアジアが、航空網をしいていて、それでいて安い。

上記のようなスケジュールが出来上がりましたが、当初確保したチケットはクアラルンプールの往復のみ。

往復のチケットだけ押さえるといういつもの作戦でしたが、地図を眺めるうち、行き先がペナン島ジョージタウンに照準が定まり、ペナン往復を追加オーダー。

それでも、合計42,100円という値段で仕上がっています。

はじめから、乗り継ぎ便でオーダーしていたら、もう少し安くなっていたでしょう。

ちなみに、ジョージタウンという街は世界各国にありますが、直訳すると「興した街」になるそうです。

個人的には、やっぱり「深夜特急」。
沢木耕太郎氏が滞在した、ペナン島ジョージタウンを、この目で見てみたい。

深夜の羽田空港でのひととき

10月初旬。日本は、すでに秋の気配ですが、マレーシアは常夏。

2泊4日のプチ弾丸日程で、週末の世界遺産ジョージタウンへGOです。

00009991

羽田空港は6月の香港以来4ヶ月ぶり。

エアアジアは、前回と変わらぬ、エミレーツとカタールの間にありました。

クアラルンプール行きは23:45。

昨年の7月にスリランカに行ったときと同じ便ですね。

00009992

エアアジアの真紅のユニフォームが懐かしい。

00009993

羽田空港も、すっかり秋模様に衣替え。

00009994

オンラインチェックインはしておきましたが、荷物を機内持ち込みにしていいか確認するため並びます。

エアアジアの機内持ち込み無料制限は7キロまで。

昨年のスリランカのときは、わずかにオーバー。大丈夫ではあったんですが、グランドスタッフが結構気にしていたので・・・

00009995

チケットを発券。めずらしく、通路側にしました。
エアアジアの狭い室内。そして夜間飛行。わずかながらの居住性と、利便性を優先させました。

00009996

ところで、出発の2日前。エクストラシートへのアップグレードの勧誘メールが来ました。

申し込んでも確実ではないようですが、こんな素晴らしいシートなら一度くらい経験してみてもいい。

値段は+33,000円と決して安くはないですが、ビジネスに乗るよりはるかにオトク。

疲れを癒せるならと、帰国便だけ、オーダーしておきました。

00009998

さて、当たり前ですが、LCCエアアジアは機内食は出ません。
腹ごしらえしておきましょう。

00009999

予定通りのボーディング。

00009997

三連休前夜。出国する人はいっぱいいます。

00010000

エアアジアXの機内

やっぱり、エアアジアの機内って狭いよなあ。通路なんて、両サイドの座席にぶつからないで歩くのが難しいって感じ。
でも、CAの真っ赤な制服、光ってます(笑)

00010002

離陸すると、すぐに消灯してくれました。これで、ぐっすり眠れます。
あの緑色の蛍光塗料は、通路の幅を示すため?

00010003

マレーシア入国&両替

出国前はいつも激務。おかげで、ぐっすり眠れます。

7時間のフライトを無意識で過ごして、クアラルンプール到着です。

ここで、ペナン行きの、同じエアアジアの便に乗り換えるんですが、チケットは乗り継ぎ便として発券していません。
この場合、こうやって、いったん入国して、あらためてチェックインする必要があります。

ところで、乗り継ぎ便として発券した場合は、ここでイミグレ並ぶ必要はなかったのかな。

 

ちなみに、このイミグレ、けっこう時間かかりました。

ペナン行きのフライトが9:55と3時間以上あるので、余裕でしたが、2時間くらいしかなかったら、焦ったかも。

審査官に尋問されてるヤツが意外といるんだよね・・

結局40分くらい並びました。

00010004

無事に入国、マレーシア。マレーシアは、これで3度目かな。

00010019

まずは、何をおいてもチェックイン。日本語がある!さすが。

00010005

なんと、2日後の帰りの便の分まで出てきました。

00010006

そして、両替です。
新興国通貨が、軒並み暴落しているさなかで、マレーシア・リンギットは、比較的安定しています。
マレーシアは、もはや先進国?

00010058

3年半前にシンガポールに行って、そこからマラッカに足を伸ばしたときに手にしたマレーシアリンギット。

すべての紙幣に、初代国王アブドゥル・ラーマン氏が描かれています。

00010052

さて、入国後の準備は終わりました。ほっとして、コンコースを眺めます。

00010007

一息ついたら、再度保安検査場を通って、ゲート前へ。
なんか、保安検査、すごくゆるく感じたのは気のせい?

お腹がすいたので、スタバでラザニアをオーダー。

00010020

ペナン行きは、ここJ4でいいようです。

00010021

クアラルンプール ⇒ ペナン 1時間のフライト

日本人が、さあーッと、いなくなりました。これも、いつものこと。旅立ちの実感が強まります。

ところで、当初ペナン島へは、ここクアラルンプールからバスで行こうかと考えていました。

しかし所要時間が7時間。7時間なんて物の数でもないんですが、今回は3連休しか日にちがなく、移動に時間を取られるよりは、風のように移動して、ペナン島そのものを楽しもうと考えました。

飛行機ならば、クアラルンプールからペナン島はわずか1時間です。

00010022

ボーディング開始。大勢の、中国系のマレー人(言い方正しいかな?)がいっぱい。

00010010

引率の先生らしき人もいる。ペナン島に修学旅行かな。
ジョージタウンは、街全体が世界遺産ですから。

00010011

この機は窓際。ほぼ満席でした。

00010012

整列するエアアジアの機体を見下ろして、マレーシアの空へ。

00010023

亜熱帯のジャングルを見下ろし。

00010024

眼下が雲に包まれます。
それにしても、エアアジアの翼、鏡面のようだ。

00010025

飲み物が配られるわけではありません。
あらかじめオーダーしていた人を探して、給士しています。

00010014

そして、ペナン国際空港にランディング。

00010027

機体から出ると、さすがにむっとした空気。

00010015

ここまで運んできてくれた、赤い機体をねぎらいます。

00010016

なんか、長いペナン空港のコンコース。
単純に、端っこに止まっただけ?

00010017

空港からジョージタウン アクセスがあまりよくないバス

ようやく、バスステーションの案内が。

00010018

さて、ここから、ジョージタウンまでの足はどうしましょうか?

ふつうならバス。でも、バスは30~40分に1本。

00010029

401に乗ればいいんだけど、次のバスまで40分もあるなりぃ・・・

00010028

タクシープールにタクシーが止まっていない不思議な空港。
というより、タクシーのカッコしてないから、どれがタクシーなんだかわからない。

00010030

仕方なく、バスで行くか、と腹を決めてベンチに座っていると、「タクシー?」と客引きが来ました。

一応聞いてみると、「40リンギット」。

うそ、3年前の「~歩き方」には、ジョージタウンまで44.7リンギットとあるよ。

「30では?」と聞くと、35リンギットに。ますます怪しくなりましたが、とても人のよさそうなおじさん。

まったく悪い人に見えなかったので、乗ることにしました。
(この判断は、びみょう・・・ 本来ならやめておいた方がいいと思います)

00010031

空港から、ジョージタウンまでの道を、タクシーは快調に飛ばします。

00010032

英語の達者な運転手。日本での生活について、色々聞いてきます。

00010033

「ほら、モスクだぞ。撮れ!」
マレーシアは、イスラム教の国でした。

00010034

これは、中国人学校。饒舌な運転手、いろいろ教えてくれます。

00010035

ところが、真っ直ぐジョージタウンに向わずに、立ち寄ったのが、このコーヒーショップ。

ペナンでは、とても有名なお店だそうで、中に入ると、たしかにおいしそうな匂いと、コーヒー豆がたくさんありました。

帰国直前だったら、買ったかもしれないけど、今は着いたばかり。
荷物になるので、きっぱりと断ります。
(運転手さん、これが目的だったのね・・)

00010036

でも、そのままジョージタウンの海岸を走り。

00010037

今夜のホテルの近く、チュリア通りの入り口で降ろしてくれました。
何だかんだいって、親切な運転手でした。
「テレマカシー(ありがとう)」と言って、クルマを降ります。

00010038

さて、目指すホテル、キャンベルホテルはあの角かな?

00010039

そのようです。キャンベルハウスとサインが出ています。

00010040

入った瞬間、とても感じのいいホテル。

スタッフが笑顔で出迎えてくれました。

ルームの準備ができてなくて、13時まで待ってくれとのこと。はい、全然問題ないです。

ところで、おすすめのランチ屋さん、教えてくれますか?

00010041

ジョージタウンで飲む飲茶

教えられた、香港飲茶の店。大東酒楼。

00010043

「地球の歩き方」にも載ってる店ですね。

00010044

昼食時でもあり、店内は、ほどよい混み具合。
てきとうに椅子に座ります。

00010045

なんか、スタッフが手押し車を押してきたので、小籠包みたいのをひとついただきます。

00010061

なるほど、これが飲茶のオーダーの仕方なんですね。
香港で経験せず、マレーシア・ジョージタウンで初飲茶です。

00010062

お茶もおいしい!
なんか、アジア圏で、はじめて砂糖の入っていないお茶を飲んだような気がする。

湯飲みを二つ持ってきたのはなんでだろ??

00010046

メインディッシュは、目の前のテーブルでおじさんが食べていたチャーハンを指差してオーダー。
これも、おいしい。

00010047

おいしい食事に大満足して、大東酒楼を出ます。

うわ、けっこう暑いな。これ、歩き回ったら、大汗流しそう・・・

00010048

ジョージタウンの中心 ホテル「キャンベルハウス」に投宿

もう、部屋に入れるかな。

00010049

入れるみたいです。
なんか、レトロ調な雰囲気が落ち着きを感じさせますね。

00010054

エレベータもないけど、そんなものいらないって感じ。
ちなみに、靴は1階で脱いで上がります。

00010056

部屋はこんな感じ。すごい屏風です。

00010050

1泊1万円近くと、奮発した甲斐がありましたね。設備も最高。

00010051

部屋の番号はなく、「ブラッサム」。

00010053

さて、少し休憩したら、この世界遺産ジョージタウン。散策に行ってきます。

タイトルとURLをコピーしました