【マレーシア】2日目(その3) リトルインディアのカレーライス

クーラーを効かせてシエスタ。

ラテン人のシエスタの習慣うらやましいな・・・

昼下がりのジョージタウン

そして14時過ぎ、また街をぶらつきに出ます。

00010430

晴れてはいますが、時折、ものすごく黒い雲が通り過ぎます。傘は持っています。

さて、まずは、腹ごしらえですね。遅いランチと行きましょう。

00010431

今日のランチは、リトルインディアでカレーと決めています。

リトルインディアに向うかたわら、今夜の酒どころも物色。

00010433

イスラム教の国ですが、バーもかなりあるもんですね。

00010432

昨日、ビールを仕入れたセブンイレブンを過ぎて。

00010434

チュリア通りをリトルインディアへ向います。

00010435

昨日は入れなかったマハ・マリアマン寺院。やっぱり入れない・・

00010436

カレーライスを求めてリトルインディアを徘徊

リトルインディアの一角に入りました。

00010437

遅めの時間ですが、ランチを楽しむ人々。

00010438

00010439

さて、どこで食べましょうか?

00010442

果物も豊富のようですね。

00010443

かなり暑くなってきています。
軟弱な旅人は、カレーはクーラーの効いた部屋で食べたいなあ・・

00010444

お、なんだか懐かしい。
同じ花模様をカルカッタで見たような気がします。

00010445

リトルインディアの中をいったりきたり・・

00010447

これは、ホテルおすすめの店。
でも、ベジタリアン専門のお店じゃなぁ・・
クーラーは効いてそうだけど。

00010453

SHUSIってなんだろう?

00010448

結局ここ。ふつうに、カレー料理が食べられそうです。

00010452

最初に選ぶの??

00010449

とりあえず、エアコンの効いた奥の部屋に陣とりました。
みんなも同じ思いじゃない? 気持ちよさそうに涼んでいます。

00010450

メニューを見てもわからないので、「チキンカレー」。

00010451

いや、これは辛いわ。
今まで食べたカレーの中でも最大級・・

ちなみに、カレーライスは、私の好物の一つです。

00010454

でも、おいしいんだな、これが。やわらかいナンだったら、もっとおいしいかも。

汗をかきながら、汗を拭きながら、一生懸命食べます。

(前の席に座ってるお姉さんが笑ってこっちをみてる)

00010455

激辛のカレー、完食間近。
ところで、アイスティは、激甘(^^)v

アイスティは、ほんと甘すぎて、暑くなかったら、とても飲めません・・・

00010458

ジョージタウンの海岸エリア

満腹して、満足しながら食後の散歩。
リトルインディアを北に向かい、マラッカ海峡でも眺めることにしました。

00010459

コタ・ラマ公園

地図によると、コタ・ラマ公園。

00010460

地図によると、ペナン市庁舎。ずいぶん立派な建物だね。

00010461

海岸にたつオベリスク。
マレーシアの国旗と、左側は何だろう? と、一生懸命検索したところ、ペナン州の州旗でした。

00010462

みなさん日陰で休んでいます。

00010463

日陰でなくても、海からの風が気持ちいい。
マラッカ海峡を渡る風ですか。

00010464

しかし、汚い。
近年、発展著しいペナン島にあって、海洋汚染がさけばれてるとは聞いていましたが、ほんとだ。

00010465

汚いので遠くを見ます。
あれは、おそらく、リゾート地のタンジュン・ブンガ。
まだまだ、開発ラッシュのようですね。

00010466

釣り人たち。

00010467

なんか、釣り、楽しそう・・・

00010470

汚かったのは、あの辺だけで、全体的にはキレイのようです。

00010471

何かのモニュメント。

00010472

大航海時代は、香辛料を求めて、西のほうから、帆船が大挙してやってきたんだろうな。

すごいベンチャー精神だよな・・・

00010473

エスプラネードって、カルカッタのチョウロンギ通りを思い出した。

00010474

コーンウォリス要塞

コタ・ラマ公園の隣にあるのが、コーンウォリス要塞。

00010476

コーンウォリスとは、当時の東インド会社の提督の名前らしい。
でも、なんか、大砲があるだけのような気がして、去ります。

00010477

時計等のある交差点。

00010478

ビクトリア・メモリアル時計塔

ビクトリア女王の即位60周年を祝って、1902年に完成したとのこと。日英同盟の年じゃないですか(笑)

00010475

海沿いの道を歩いているうちに、対岸に渡ってみたくなりました。

対岸は、マレーシア本土のバタワースです。

タイトルとURLをコピーしました