【マレーシア】2日目(その2) 鮮やかな色彩に囲まれた極楽寺

さて、下界を見下ろせない高台には、長居は無用。

この近くにあるという、マレーシア最大の仏教寺院という極楽寺にでも行ってみることにします。

ペナンヒルを下るケーブルカー

ケーブルカーの頂上駅までが、一苦労。

00010321

やっとのことで、階段を登りきります。
空気は、多少ひんやりしてるのに、大汗をかきました。

00010324

下りの客は、まだそんなにいません。

00010326

ふもとから、観光客を満載した車両が到着。

00010328

そして、下ります。

00010329

ここが、すれちがうための中間駅。

00010332

ビクトリアピークよりも高いんだから、それなりの急坂。スリルもあります。

00010334

ふもとに到着。
ここでも、待つ乗客がいっぱい。日曜日だからね。

00010335

タクシーで極楽寺へ

改札では、ICカードが吸い込まれちゃいました。記念に持って帰りたかったのに。

ところで、ここから極楽寺。近いとはいっても、バスかタクシーで行く必要があります。

バスで行く場合は、極楽寺の手前の集落で降りて、そこから徒歩20分くらいとあるので、時間節約のためにも、タクシーで極楽寺の入り口まで行ってしまうことにしました。

00010337

タクシー乗り場に声をかけます。
発音が悪いと通じないので、「極楽寺」のマレー語を示すと、「わかった、わかった」

15リンギットでした。

00010339

タクシーはエアコンがガンガン効いていて快適。

運転手が、「アフター?アフター?」と話しかけます。

極楽寺のあとはどうするんだと、聞いているようです。
たしかに、極楽寺の入り口まで行ってしまうと、公共交通機関はもちろん、タクシーさえもないようです。

私の顔色を見透かしたように、「トータル40リンギット」と言ってきます。

つまり、極楽寺のあとジョージタウンに帰るんだったら、それも乗せて行ってやる、トータル40リンギットでどうだ?  とのこと。

運転手は、つづけて話します。

「極楽寺は、おそらく1時間もあれば十分みれるだろう。今、11時45分だ。13時に、迎えに行ってやる。オーケーか?」

極楽寺見学の後は、一刻も早くジョージタウンに戻りたかったので、ありがたく運転手の申し出を受け入れました。

運転手としても、ちょうど、昼の1時間。自分はランチでもしてれば時間が潰せると踏んだのかも。

ま、トータル40リンギットなら、法外ではないでしょう。

 

以上のようなやりとりをして、極楽寺入り口の駐車場を降りました。

00010341

「この場所で13時だぞ。」と笑顔でいって、走り去るタクシー。

00010342

あらためて極楽寺の全容を眺めます。
極楽寺の象徴パゴダがそびえ立っています。

00010344

まず、中に入ります。とにかく暑い。なにか、体が冷えるもの・・・

00010345

アイスクリームで、体を冷やします。
空気のひんやりしてたペナンヒルから下ってくると、この蒸し暑さがこたえる・・

とても、極楽って感じはしません(笑)

00010346

おお、小さい子供もリュックを背負って頑張ってる。暑さなんかに負けてはいられません。

00010347

しかし、参道には、お恵みを期待する路上生活者が・・

00010348

花と仏像で彩られた極楽寺

さて、登ってみましょう。
マレーシアどころか、東南アジア最大級の規模の寺院。
たしかに、迷宮のように広がっています。順路はどうなってるのかな・・

00010350

00010351

観光客がいるので、迷うことはなさそう。

00010352

1890年から40年の歳月をかけて造られたらしい。

00010353

極楽寺の名にふさわしく、色とりどりの色彩が使われています。

00010355

整然と並んでいる仏様。

00010357

じっと眺めてると、極楽にいけるような気がしてくるから不思議・・

00010356

00010359

寺院の回廊から町が見渡せます。

00010365

上もあるんだ、登ってみますか。

00010367

00010369

この寺院には、何体の仏様がいるんでしょうか?

00010370

00010371

運転手と約束した時間は1時間なので、そんなに時間はありません。
パゴタのほうに行ってみますか。

00010372

草花が、もっと咲き乱れていたら、極楽寺という気がするかも。

00010373

00010375

パゴタのほうに行く前に、観音聖像のほうに行ってみます。

00010377

途中の道は、お土産屋さん通り。

00010382

観音聖像はエレベータで上がるみたい。
しかも、次の稼動まで時間があるみたいなので、辞退します。

00010379

ここでまた水分補給。
以前は、すぐ汗になることはわかっても水分補給でしたが、近年は、汗が出ることはわかってるんだから、あらかじめ水分補給。

でも、汗かいてヒイヒイ言ってるのは私ぐらい。

地元の人たちは、平気な顔してる。なんでだろ???

00010381

パガンに行く途中の礼拝堂。

00010384

みなさん、お祈り中。

00010385

素敵なローソクたてです。

00010386

線香にも種類があるんですね。

00010383

さて、いよいよパガンのふもとまで来ました。

00010387

高さ30mパガン登頂に挑戦

中国、タイ、ビルマの3様式が混在する高さ30mのパガン。
まさに、異文化の象徴ですね。

下が中国、まんなかの派手めなのがタイ、そして上層部はビルマ。

たしかに、ビルマのパガンはあんな形してたわ・・・(懐かしい!)

00010388

これは、ふもとの前庭。

00010389

こちらは、1階に祭られている像。

00010392

では、上に登っていきます。

00010393

あれは、さっき2階まで登った仏塔。
実は、あんな上のほうまで仏様が奉られていたんだ。

00010394

ここは、たしか2階(だったと思う?)

00010397

さっき、タクシーで通ったふもとの集落。

00010398

登る階段の傾斜もきつくなります。

00010399

まだ上があります。

00010402

たしか3階??
タイ得意の寝そべり仏様。

00010403

吹き抜ける風が汗を乾かしてくれます。気持ちいい・・

00010404

00010396

おっと、まだ上がありました。

00010407

あれは、さっき登るのを辞退した観音聖像。

00010408

ここまで登ってくると、見晴らしもかなりよくなります。
高いところは気持ちいいね。

00010410

ずっと、町を見続けている仏様。

00010411

またまた寝そべり仏様です。
最上階のシンボルってとこですか。

00010412

と思ったら、さらに上がありました。
なんか、以前、中国・西安の大雁塔に登ったときを思い出します。

あのときも、この塔大丈夫?崩れない? と思いながら、登ったものです。

00010414

うお、観音聖像が近くに見える。

00010415

00010416

ここまでくると、さすがに足場も細く、たよりない。
高所恐怖症の人には厳しいかも。

一緒に登ってきた欧米人も、「スケアリィ・・」などといいながら上がってきてます。

00010418

これが、最上階に奉られてる像。

00010538

いちおう、まだ上があるようですが、立ち入り禁止。これで、満足です。

ていうか、けっこう怖い。
というのも、なんか、崩れそうなんだよね(笑)

ま、そんなことはないんだろうけど。

00010419

細い石段を下ります。

00010422

下りきりました。時計を見ると、運転手の指定した集合時刻13時の10分前。

00010391

礼拝堂を横目に、入り口に急ぎます。

00010424

00010423

あれ、正面から登ることもできたんだ。気がつきませんでした。

00010425

さて、極楽寺入り口の門の前でタクシーを待ちます。

そして、時間通りに来たな、と思ったら、タクシーの運転手、何を焦ったのか、切り返しでタイヤを側溝に落としちゃった・・・

運転手、照れ笑いしてたけど、なんかほんとに人のよさそうなタクシー運転手でした。

00010426

ジョージタウンの街に向かいます。
来るときも見たショップ。118ってなんだろ??

00010427

そして、ペナン通りとチュリア通りの交差点で降ろしてもらいます。
運転手さんありがとう!

00010428

半日で、ペナンヒルと極楽寺見物。効率的に回れたショートトリップでした。

00010429

タイトルとURLをコピーしました