【マレーシア】3日目(その1) クアラルンプール7時間のトランジット ~ バトゥ洞窟弾丸往復

昨夜は、カルボナーラと一緒に飲んだワインがおいしかった上、その後、部屋でビールを立て続けに流し込みました。

疲れていた上に、アルコールも手伝って爆睡。

そして、午前2時に目が覚めます。

モーニングコールをセットしているとはいえ、もう眠れません(笑)

昨夜のうちに、作っていただいたお弁当のうち、フルーツの方をいただいちゃいます。

00010539

クアラルンプール 乗り継ぎ時間の弾丸観光計画

そして、3時40分にロビーに下りると、もうむかえのタクシーがいました。
なにからなにまでお世話になったキャンベルハウスともお別れ。

そして、空港には4時少し前に到着。まだ未明です。

00010540

今日の予定は、来たときと同じように、エアアジアでクアラルンプール経由で日本に帰るだけです。

しかし、エアアジアのクアラルンプール発羽田行きは14:25のフライト。
どうにも、中途半端な時間です。

そこで私は、ここペナンを目いっぱい早く出て、クアラルンプールでの乗り継ぎ時間をMAXに確保し、クアラルンプールの弾丸観光を目論みました。

ペナン6:15のエアアジアのクアラルンプール着は7:20。帰国便のフライトは14:25。
すなわち、7時間あることになります。

この7時間で、クアラルンプールの弾丸観光ができるかどうかが、旅の最後の楽しみです。

00010541

インフォメーションボードを見れば、ペナンからクアラルンプールへは、エアアジアをはじめ、様々な航空会社が就航。便は頻繁にあります。

ということは、ペナンを11頃に出れば、クアラルンプールでの乗り継ぎもベストになる。

でも、それじゃあ芸がない。

それに、ペナン11時ということは、ホテルを9時前には出ることになって、結局どこも観光できませんよね。

 

未明だけど、地元民や観光客で賑わうペナン空港。

00010542

おなかもすいてきたので、ホテルで包んでもらったサンドイッチをほおばります。

00010544

早めにゲートへ移動して、クアラルンプール弾丸観光の計画を復習。

まず、クアラルンプール国際空港は、市内から70キロ以上も離れています。

ということは、まずは市内までの足を確実に押さえることが必定。

これは、KLIAエクスプレスと呼ばれる、いわば空港特急を使うのが確実で、空港から市内のKLセントラル駅まで最速28分で運んでくれるらしい。

すると、市内の中心駅KLセントラルには、遅くとも8時半頃には着けるでしょう。

帰りは、KLセントラルを11時半ごろのKLIAエクスプレスに乗れば、空港には12時ごろに到着し、14:25のフライトに余裕を持ってアクセスできる。

したがって、8時半から11時半までの3時間で、どこを観光できるかが、クアラルンプール乗り継ぎ弾丸観光の成否を決定付けることになります。

 

ここまで予習して、いろいろネットサーフィンした結果、ヒンズー教の聖地としても知られ、またKLセントラル駅からのアクセスもよい、「バトゥ洞窟」に行くことに決めました。

バトゥ洞窟へ行く方法は、いろんなブログなどで紹介され、あらためて紹介するほどのことでもないのですが、KLセントラル駅から、KTMコミューターといわれるクアラルンプールの近郊電車(地下鉄?)に乗って、1本で行けるらしい。

つまり、空港から、たった1回の乗換えで目的地まで行ける。

これも、バトゥ洞窟を、弾丸観光に選んだ理由の一つです。

 

なんか、こういう計画を立てているときって、妙にワクワクするんだよな(笑)

『ペナン島に、朝6時にいる人間が、バトゥ洞窟に寄って、その日のうちに羽田に着けるか。』

西村京太郎トラベルミステリーの主人公になった気分??

失敗したって、相手がいるわけでもない、何にも心配することがない安心感。

まだ誰もいない、ペナン空港のゲート前で、一人ほくそ笑みます。

00010545

7時間の乗り継ぎ時間でバトゥ洞窟往復にチャレンジ

真っ暗な中、ボーディング開始。

まだ、ペナン島は未明というより夜更けって感じ。

00010546

エアアジア6123便は、暗闇の中順調に飛行し、予定通りにクアラルンプール国際空港へ。

この時点で、7:15。
早く降りたいんだけど、なかなか列は前に進まず。ま、落ち着きましょう。

00010547

ちょうど、太陽が昇りはじめたクアラルンプール国際空港。

00010548

KLIAエクスプレス

さて、KLIAエクスプレスの乗り場に急ぎます。

と、通りかかったらKLIAエクスプレスの文字が。チケットオフィスでした。

往復で100リンギット(私の持ってる古い地球の歩き方だと70リンギット。大幅な値上げ? ま、いっか)ということで、さっそくゲット。専用のICカードを受け取ります。

ついでに、次の列車の時間を聞くと、カウンターのお姉さんは「7:35」との答え。

現在、7時20分過ぎ。
それで、7:35を指定するってことは、ここから移動しても十分間に合うってことでしょう。

00010549

慎重にサインを見ながら、ホームへ向います。

00010550

こっちだね。

00010551

なんと日本語も。

00010552

たどり着来ました。もう安心です。現在7:27。

00010553

改札は、日本のSUICAをピッってやる感じ。
案内掲示板には、7:35が無視されてますが、まあ大丈夫でしょう。

けっこう、頻繁に運転されているようです。

00010554

プラットフォームに降りると、AとBがあります。
KLセントラルへの直行便はAです。これだと、KLセントラルまで約33分。

Bは、いくつか停車するので、もうちょっと、時間がかかるでしょう。

00010565

プラットフォームAに列車が到着。なかなか、楽しいデザインです。

00010566

車内も小ぎれい。

00010567

私が乗ったのは、ターミナル2だったので、すぐに、ターミナル1に停車。
そして、その後はKLセントラルまでノンストップです。

00010568

前方のテレビモニタでは、日本の焼肉チェーン店のcmが。

00010569

霧の中、特急電車は快調に飛ばします。最高時速160キロとのこと。でも、全然揺れません。

パームツリーが、次々に後方に流れ飛びます。

00010571

都心に近づき、現れる高速道路。

00010572

都心に入った模様です。クアラルンプールは大都会です。

00010575

KLセントラル駅

順調に、クアラルンプールの中心駅、KLセントラル駅に到着。

次に目指すは、マレーシア国有鉄道、KTMコミューターのバトゥケーブス行き。

路線の名前は、ポート・クラン・ラインと言うようですが、バトゥ洞窟の最寄り駅バトゥケーブスは、その線の終点。

バトゥケーブスと、行き先を告げたほうがいいでしょう。

00010558

チケットオフィスを見つけました。並んでいますが、このくらいなら何とかなりそう・・・

00010557

並んでいる間に、時刻表を見上げます。
バトゥケーブス行きの次の列車は8:37。現在8:16。あと20分もある、大丈夫だね(^^)v

よかった・・・アリバイは成立しそうです(笑)

00010576

手に入れたコイン型ICチップ。たしか5リンギットくらい。
KLIAエクスプレスに比べると、激安です。

00010579

それを改札にかざして、プラットフォーム4に向います。
バトゥケーブスは、終点みたいなので、迷わなくていいですね。

00010560

ホームに降りると時刻表が。

幸先よくバトゥケーブス行きをつかまえられた、と喜んでましたが、この8:37をのがすと、次はなんと9:36!

1時間も後になります(゜o゜)

こんなに運転本数少なかったんだ・・・

ということは、KLセントラル駅に着くのがあと15分遅れたら、つまり飛行機が15分遅れたら、計画はご破算。

アリバイトリックは不成立!? ということに。

00010581

念のために帰りの便も調査。

これを見る限り、10:18のは絶対外せませんね。

ここ、KLセントラルを8:37に出る電車は、バトゥケーブスに9:22に到着するので、差し引き56分しかバトゥケーブスにいられないことになります。

バトゥ洞窟が、バトゥケーブス駅から徒歩圏内なのは知っていますが、56分限定の滞在時間とは、ほんと、アリバイトリックみたいになってきたな。

帰りの便10:18を逃すと、その次は12:15。KLセントラル着は12:48。

運よく13時にKLIAエクスプレスに乗り込めたとしても、空港到着は13時40分頃。

14:25のフライトには超ギリギリ、っていうか無理でしょう。
イミグレに保安検査もあるんですから。

00010580

驚愕の事実を知って、身を引き締めます。

バトゥ洞窟での滞在時間は、わずか56分。

この間に、洞窟を往復してこなくてはなりません。

ちなみに、バトゥ洞窟は、272段もある急な階段を登った高さにあります。

 

アタマの中で、必死に計算・・・

バトゥケーブス駅から階段のふもとまで、片道5分として往復10分。

頂上の洞窟の中の見学に10分。これで、足して20分。

ということは、272段の階段の上り下りを36分でこなす必要がある。

36分で272段の往復544段ということは、
36 × 60秒 ÷ 544段 ≒ 4秒

1段につき4秒で、上り下りしなくてはならないってこと???

果たして可能だろうか・・・

 

ここまで、スマホの計算機で計算して、じっと考え込みます。もうすぐ電車は来ます・・・

なぜ、考え込むか?

そりゃ考えますよ!

バトゥケーブス10:18の帰りの電車に乗れなかったら、本日中に日本に帰れなくなるかもしれないから。

ということは、連休明けの火曜日、会社に出勤できなくなるかもしれないから。

現役世代サラリーマンにとっては、これ以上大きな問題はないんです(笑)
(社畜とでも、なんとでも言ってください笑)

 

まあ、でも、バトゥ洞窟のふもとまで行って、時計を見ながら、登るか否か思案したっていいんだし、あんまり大きく考えなくてもいいかな、と冷静になりました。

KTMコミューターのバトゥケーブス行き

入ってきた電車を見ながら思います。

こりゃ、ほんとに、アリバイ作りに余念のない犯罪者の心境になってきたな・・(ほんとに笑えます)

00010583

入ってきた電車からは、大勢の乗客が降りてきました。

00010561

なので、バトゥケーブス行きの車内はガラガラです。

00010562

いろいろ、心配しましたが、電車が時間通りに走ってくれれば、何の問題もありません。

リラックスして、窓外を眺めようとすると、窓という窓にヒビが入っています。これはひどい・・

00010585

駅ごとに乗客が降りて、車内はますますガラガラに。
今日は月曜日。日本は祝日だけど、マレーシアの人は仕事してるんだろうな。

00010587

私の乗ったKTMコミューターは、クアラルンプール郊外に向けて走ります。

00010589

途中、いくつか駅に停車します。

00010591

そして、次が終点のバトゥケーブスだな、と思っても、まだ窓外はこんな景色。
洞窟って感じはしません。

00010592

でも、前方に、崖が見えてきました。あれを登るんだね。

00010594

バトゥケーブス駅

時刻表どおりの9:22に、バトゥケーブスに到着。

00010595

階段をあがって改札口を出ます。
目の前にチケットカウンターがあったので、帰りのチケットをゲット。

着いたらすぐ、帰りのチケットを買っておくのは、日本人の知恵? それとも万国共通の常識?

00010597

ああ、でも9:27になってしまった。洞窟へ急ぎましょう。

00010599

これは、バトゥケーブスの駅前。

00010601

これは、駅を出てすぐの眺め。洞窟は、このまま真っ直ぐ歩いた先にあるそうです。

00010600

駅を降りて、すぐに現れる像。これはハヌマーン像。猿の神様だそうです。

00010603

さて、洞窟を目指しますが、5分かからないくらいで、階段のふもとに到着。

00010605

空港から2時間 バトゥ洞窟のふもとに到着

高々とそびえ立つ、ヒンズー教の軍神ムルガン像。

全身金箔で高さ50m、世界最大のムルガン像とのこと。

これは、時間を忘れて、見上げてしまうわ・・・

クアラルンプール空港から2時間でここまで来ました。

00010607

色彩もカラフル。っていうか、一生懸命塗っています。

00010606

しかし、見とれている暇はありません。電車を降りてから10分経過。すでに、計算より5分遅刻です。

00010608

では、いざ登頂!

00010609

うん、まあ、このくらいなら、なんとかなるかな・・・

00010610

ああゆう人たちのほうが、もっと大変です。

00010611

階段に沿って、滝があるんですね。

00010612

階段が急なため、階段中腹で、もうこんな高さ・・・
ムルガン像のウエスト付近まで登りました。

00010613

このムルガン像。ずっと、この景色を眺めてるんだね。なんか感慨深い・・

00010614

秒刻みのバトゥ洞窟 弾丸観光

頂上が近づいて、鍾乳洞らしい垂れ下がった洞窟が目に入りました。もうすぐです。

00010615

閉まってるけど、いろんなルートがあるのかもしれませんね。

00010616

ようやく頂上。

00010617

時計を見ると9:42。272段を10分で登りきりました。

1段を2.2秒。わが健脚をほめたたえたいです(^^)v

00010618

でも、実は、ここが洞窟の入り口。
寺院なんかは、この奥にあります。そこへ行くためには、今度は階段を下ります。

00010628

それにしても、すごいスケールだ。

00010620

階段を降りると、まさにここは洞窟の中。
広すぎて、洞窟って感じはしませんが、とにかく洞窟の中です。

00010629

洞窟に中に建てられている寺院。

00010621

そして、向こうの階段を少しあがれば終点かな。
(時計が気になって仕方ない・・・)

00010631

そこには、ヒンズー教徒の祈る姿がありました。

00010624

私は、ヒンズー教と鍾乳洞の対比の妙を楽しみに訪れていますが、通常の信者にとって、この階段の上り下りは大変でしょう。

00010622

しかし、岩の形がすごい。
私は、鍾乳洞といえば富士山の洞窟にしか入ったことはありませんが、比較になりません。

00010623

電車の時間は10:18ですから、10時ちょうどくらいまでは、ここにいても大丈夫ですが、大事をとって9時50分には下りましょう。それでも、15分ほどの見物時間を捻出できます。

いやあ、しかし、苦労して来た甲斐はありましたね。

やっぱり、旅はこうだから面白い。

00010626

タイトルとURLをコピーしました