ペナン島に到着 飲茶&チャーハンのランチ【マレーシア旅行記 #2】

羽田から乗継時間も含めて12時間。マレーシア・ペナン島、ペナン国際空港に到着です。

LCCエアアジアにトータル8時間乗ったわけですが、別にLCCだからってどうということもありません。

機内食が出ないくらいで、ふつうの航空機と比べて疲れるということもない。

羽田から快適なフライトでした。

ペナン国際空港に到着

機体から出ると、さすがにむっとした空気。

00010015

ここまで運んできてくれた、赤い機体をねぎらいます。

00010016

なんか、長いペナン空港のコンコース。
単純に、端っこに止まっただけ?

00010017

空港からジョージタウン アクセスがあまりよくないバス

ようやく、バスステーションの案内が。

00010018

さて、ここから、ジョージタウンまでの足はどうしましょうか?

ふつうならバス。でも、バスは30~40分に1本。

00010029

401に乗ればいいんだけど、次のバスまで40分もあるなりぃ・・・

00010028

タクシープールにタクシーが止まっていない不思議な空港。
というより、タクシーのカッコしてないから、どれがタクシーなんだかわからない。

00010030

仕方なく、バスで行くか、と腹を決めてベンチに座っていると、「タクシー?」と客引きが来ました。

一応聞いてみると、「40リンギット」。

うそ、3年前の「~歩き方」には、ジョージタウンまで44.7リンギットとあるよ。

「30では?」と聞くと、35リンギットに。ますます怪しくなりましたが、とても人のよさそうなおじさん。

まったく悪い人に見えなかったので、乗ることにしました。
(この判断は、びみょう・・・ 本来ならやめておいた方がいいと思います)

00010031

空港から、ジョージタウンまでの道を、タクシーは快調に飛ばします。

00010032

英語の達者な運転手。日本での生活について、色々聞いてきます。

00010033

「ほら、モスクだぞ。撮れ!」
マレーシアは、イスラム教の国でした。

00010034

これは、中国人学校。饒舌な運転手、いろいろ教えてくれます。

00010035

ところが、真っ直ぐジョージタウンに向わずに、立ち寄ったのが、このコーヒーショップ。

ペナンでは、とても有名なお店だそうで、中に入ると、たしかにおいしそうな匂いと、コーヒー豆がたくさんありました。

帰国直前だったら、買ったかもしれないけど、今は着いたばかり。
荷物になるので、きっぱりと断ります。
(運転手さん、これが目的だったのね・・)

00010036

でも、そのままジョージタウンの海岸を走り。

00010037

今夜のホテルの近く、チュリア通りの入り口で降ろしてくれました。
何だかんだいって、親切な運転手でした。
「テレマカシー(ありがとう)」と言って、クルマを降ります。

00010038

さて、目指すホテル、キャンベルホテルはあの角かな?

00010039

そのようです。キャンベルハウスとサインが出ています。

00010040

入った瞬間、とても感じのいいホテル。

スタッフが笑顔で出迎えてくれました。

ルームの準備ができてなくて、13時まで待ってくれとのこと。はい、全然問題ないです。

ところで、おすすめのランチ屋さん、教えてくれますか?

00010041

ジョージタウンで飲む飲茶

教えられた、香港飲茶の店。大東酒楼。

00010043

「地球の歩き方」にも載ってる店ですね。

00010044

昼食時でもあり、店内は、ほどよい混み具合。
てきとうに椅子に座ります。

00010045

なんか、スタッフが手押し車を押してきたので、小籠包みたいのをひとついただきます。

00010061

なるほど、これが飲茶のオーダーの仕方なんですね。
香港で経験せず、マレーシア・ジョージタウンで初飲茶です。

00010062

お茶もおいしい!
なんか、アジア圏で、はじめて砂糖の入っていないお茶を飲んだような気がする。

湯飲みを二つ持ってきたのはなんでだろ??

00010046

メインディッシュは、目の前のテーブルでおじさんが食べていたチャーハンを指差してオーダー。
これも、おいしい。

00010047

おいしい食事に大満足して、大東酒楼を出ます。

うわ、けっこう暑いな。これ、歩き回ったら、大汗流しそう・・・

00010048

ジョージタウンの中心 ホテル「キャンベルハウス」に投宿

もう、部屋に入れるかな。

00010049

入れるみたいです。
なんか、レトロ調な雰囲気が落ち着きを感じさせますね。

00010054

エレベータもないけど、そんなものいらないって感じ。
ちなみに、靴は1階で脱いで上がります。

00010056

部屋はこんな感じ。すごい屏風です。

00010050

1泊1万円近くと、奮発した甲斐がありましたね。設備も最高。

00010051

部屋の番号はなく、「ブラッサム」。

00010053

さて、少し休憩したら、この世界遺産ジョージタウン。散策に行ってきます。

タイトルとURLをコピーしました