バトゥ洞窟 272段を10分で弾丸登頂【マレーシア旅行記 #11】

クアラルンプール国際空港から、なんとかスケジュールどおりに、バトゥ洞窟のふもとまできました。

ここまでは計画通り。

さて次の関門は、この272段の階段を上り下り、てっぺんでの観光も含めて36分でできるか。

36分でできなかったら、私は飛行機に乗り遅れ、翌日は無断欠勤となります(笑)

では、いざ登頂!

バトゥ洞窟を駆け上る?

00010609

うん、まあ、このくらいなら、なんとかなるかな・・・

00010610

ああゆう人たちのほうが、もっと大変です。

00010611

階段に沿って、滝があるんですね。

00010612

階段が急なため、階段中腹で、もうこんな高さ・・・

ムルガン像のウエスト付近まで登りました。

00010613

このムルガン像。ずっと、この景色を眺めてるんだね。なんか感慨深い・・

00010614

秒刻みのバトゥ洞窟 弾丸観光

頂上が近づいて、鍾乳洞らしい垂れ下がった洞窟が目に入りました。もうすぐです。

00010615

閉まってるけど、いろんなルートがあるのかもしれませんね。

00010616

10分で駆け上がったバトゥ洞窟

ようやく頂上。

00010617

時計を見ると9:42。272段を10分で登りきりました。

1段を2.2秒。わが健脚をほめたたえたいです(^^)v

00010618

でも、実は、ここが洞窟の入り口。

寺院なんかは、この奥にあります。そこへ行くためには、今度は階段を下ります。

00010628

それにしても、すごいスケールだ。

00010620

階段を降りると、まさにここは洞窟の中。

広すぎて、洞窟って感じはしませんが、とにかく洞窟の中です。

00010629

洞窟に中に建てられている寺院。

00010621

そして、向こうの階段を少しあがれば終点かな。
(時計が気になって仕方ない・・・)

00010631

そこには、ヒンズー教徒の祈る姿がありました。

00010624

私は、ヒンズー教と鍾乳洞の対比の妙を楽しみに訪れていますが、通常の信者にとって、この階段の上り下りは大変でしょう。

00010622

しかし、岩の形がすごい。

私は、鍾乳洞といえば富士山の洞窟にしか入ったことはありませんが、比較になりません。

00010623

電車の時間は10:18ですから、10時ちょうどくらいまでは、ここにいても大丈夫ですが、大事をとって9時50分には下りましょう。

それでも、15分ほどの見物時間を捻出できます。

いやあ、しかし、苦労して来た甲斐はありましたね。

やっぱり、旅はこうだから面白い。

00010626

トランスファーの時間をやりくりして来てよかった。

バトゥ洞窟。すごい迫力です。

見てください!  この、人間の小ささを!

00010625

バトゥ洞窟頂上の神秘な世界

この孔雀も、ヒンズー教のおまじないでしょうか。

00010633

かなりの勢いで登ってきたので、汗かきまくったけど、この洞窟の中、意外と涼しい。

時間を忘れさせてくれます。(忘れちゃだめだって・・)

00010629

ほんと、これ、来た甲斐あったわ。

00010634

天井が開いてるんだよね。開閉型ドームのよう。

この鍾乳洞は、約4億年前から形成されてきたそうです。

00010637

毎年、数百万人も巡礼するそうです。それも、すごい。

00010640

00010641

でも、ほんとにカラフルな寺院です。

00010631

本来なら、ゆっくりと、その色彩を味わいたい。

こういうの眺めるの、好きなんだよねえ(笑)

00010632

でも、さすがにタイムリミット。

00010644

これ以上、ここにいると、アリバイが成立しなくなる?

00010646

時刻は9:50。孔雀さんともお別れです。

00010648

両サイドのヒンズー教の像を眺めながら、下界へ戻ります。

やっぱり、多神教は面白いな。

00010649

さて、下り階段。あらためて見ると、かなり急坂です。
あわてて降りると、かなり危ない。

00010651

踊り場で記念撮影する観光客。

00010652

クアラルンプールの市街が、きれいに見渡せるんだね。

私の持ってる古い「地球の歩き方」には、バトゥ洞窟のことは、ほとんど触れていません。

やっぱり、電車で来れるようになって、メジャーになったのかな。

00010653

野生の猿も、楽しそうに駆け回っています。

00010656

ふもとまで降りきりました。

階段の幅は狭く、雨なんかで濡れたらけっこう危ないかも。

とにかく、バトゥ洞窟の弾丸往復は成功です。

00010654

タイトルとURLをコピーしました