シンガポール・トランジットを利用したF1グランプリ観戦【ブルネイ旅行記 #12】

2日ぶりに舞い戻ってきたシンガポール。

トランジットですが、今回はいったん入国します。

この、18時間の乗継時間を利用して、F1シンガポールグランプリの観戦。

海外でのF1観戦ははじめてなので、わくわくしますw

シンガポール トランジット18時間のフル活動

さて、現在11:20。

ブルネイの旅の余韻が冷めぬうちに、もう一つのイベント、というよりメインイベントF1シンガポールグランプリの弾丸観戦にモードが切り替わりました。

 

観戦の様子や、事前の準備などは、こちらにまとめてありますので、よろしければご覧ください。

ブルネイの旅の続きとして、記事をお読みいただける方は、上記の「現地入り編」からお読みいただくと、つながります。

 

ここからは、F1レースのほうは関連記事にお任せして、しばらく滞在するシンガポール・チャンギ国際空港の様子など、旅に関する目線で語っていきます。

とりあえずは、今日これからの予定ですね。

F1シンガポールGP 弾丸観戦スケジュール(9/22)

時刻行動スケジュール

11:20

チャンギ国際空港第2ターミナルに到着。

12:30

ランチ&荷物を預けて、MRTで「ラッフルズ・プレイス」駅へ。

13:30

「ラッフルズ・プレイス」駅到着。

マーライオンやマリーナベイサンズの見学。

14:30

「ラッフルズ・プレイス」駅から「シティ・ホール」駅に移動。

15:00

「ZONE4」の「GATE7」あたりから、コース内に入場。

ぶらぶら見学しながら「ZONE1」へ。

16:30

「ZONE1」の「TURN3」に陣取り。

ポルシェ・カレラカップ観戦。

18:30

ドライバーズパレード。

20:10

2019F1シンガポールグランプリ レーススタート。

22:10

レース終了。

22:20

MRT「ニコル・ハイウェイ」駅から、チャンギ国際空港へ。

23:30

チャンギ国際空港第2ターミナル到着。

預けた荷物を受け取って、着替えてから、ANAにアーリーチェックイン。

0:00

保安検査場を通過し、ラウンジでシャワー&仮眠。(午前5時ごろまで)

6:10

ANA NH802便フライト。成田へ。

とまあこんな感じで、高校生の修学旅行のようなプログラムです(#^.^#)

ターミナル2の手荷物預かり所

まずは、何をおいても、手荷物預かり所ですよね。

トランジット時間を有効に活用できるかどうかは、荷物を預けられるかどうかにかかっていると言っても過言ではありません。

今、私は、ロイヤルブルネイ航空で着いて、翌朝はANA。したがって、両方ともターミナル2です。

ターミナル2の場合、断然利用しやすい預かり所がココ。

アライバルホールから、市街へ通じるMRT乗り場に向かう途中の右側にあるので、見つけやすいです。

しかも、24時間営業なので安心。

今回の私は、ちょうど12時間後ぐらいに舞い戻ってくる予定だったので、12時間預けると、料金は12時間で9.35シンガポールドル(730円)でした。

知っておいた方がいい「アーリーチェックイン」

ここ、チャンギ国際空港は、世界でも有数なハブ空港。

したがって、ラウンジなどの設備だけでなく、システムも非常に優れています。

そのひとつが「アーリーチェックイン」

通常、航空会社のチェックインカウンターがオープンする時間は、フライトの3時間くらい前。

でも、「アーリーチェックイン」で、さらに早くチェックインしてチケットを手にしてしまえば、より早く制限エリア(保安検査場を通過した後のエリア)に入ることができます。

すなわち、ラウンジがいっぱいあるチャンギ国際空港では、それこそ天国のような話で、ラウンジをはしごすれば、食事、シャワー、仮眠と、VIP気分を味わいながら休憩できるんです。

プライオリティパスを持っていれば、それこそタダで!(^^)!

 

アーリーチェックイン利用時の注意点

ところで、便利なアーリーチェックインにも、注意点があります。

  1. アーリーチェックイン可能な航空会社により、利用時間が異なる。
  2. チェックインするということは、荷物も預けることになる。

この2つです。

まず1点目。

日本への直行便としては、ANA、JAL、シンガポール航空などが利用可能なのはいいのですが、シンガポール航空がフライトの24時間前からいつでも利用可能なのに対し、JALはフライト12時間前から。

そして、ANAとJALは利用時間が、午前6時から午後23時59分まで。

ここがポイントで、24時間稼動のチャンギ国際空港だからといって、午前0時を過ぎた深夜に来てもチェックインできません。

そして2点目。

チェックインですから、荷物を預けたい場合は、アーリーチェックインの時点で預けることになります。一見便利そうですが、荷物を預けてしまっては、中の荷物は取り出しできませんよ。

たとえば、ラウンジでシャワーを浴びた後に着替える服とか、ラウンジでくつろぐ際のお供にしたい本とか、常用している薬品類とか、預けてしまったら終了。

二度と取り出すことはできません。

 

上記の注意事項を鑑み、今回の私は、荷物は空港の手荷物預け場所に預け、そして、今アーリーチェックインするのではなく、午前0時前に空港に戻ってきてアーリーチェックインしようと考えた次第です。

F1シンガポールグランプリのようす

これは、もう文句なく楽しかった。レースだけでなく、ライブイベントも目白押しなので、海外アーティストが好きな方だったら、何倍も楽しめるのではないでしょうか。

※レースイベントの様子は、上記「関連記事」からお入りください。

 

いやあ、楽しかったな。

公道を閉鎖した、迫力満点のナイトレースでした。

※レースの詳細は、こちらをどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました