F1 シンガポールグランプリ2019弾丸観戦計画 ~事前準備編~

世界各地を転戦するモータースポーツの最高峰F1。

いつかは、外国のグランプリを観戦したいと思ってましたが、ついにその願いがかない、2019年のシンガポールGPを観戦してきましたので、レポートします。

 

※本記事は、「事前準備編」です。「現地入り編」「決勝レース編」はこちらをどうぞ。

 

私は、F1の大ファンなんですが、それを語りだすと止まらないのでひとまずおきます。でもこのブログは「旅ブログ」なので、F1のシンガポールGPとは何たるかを要約すると、

  • F1とは「フォーミュラ1」の略で、世界的規模で展開されるモータースポーツイベントの一つ。
  • 1年間に全20戦前後が行われ、日本も常連の開催国の一つ。シンガポールは、アジアで5番目のF1GP開催国として、2008年より毎年9月に開催されている。
  • シンガポール政府は、観光による経済効果を目的にF1を誘致。観客動員数は、26万人を超えており(2018年度)、これは鈴鹿サーキットで行われる日本GPの約倍である。

そして、F1ファンの目から見たシンガポールGPとは、

  • 公道を閉鎖した市街地コース「マリーナベイ・ストリート・サーキット」で開催されるため、レースはかなりスリリング。
  • F1GPでは唯一のナイトレース。大量のライトがコースサイドに設置され、ビル群の中を白く浮かびあがった公道をF1マシンが疾走する。

大都会のど真ん中の公道を閉鎖して、ライトで照らされたコースを、時速300キロを超えるスピードで駆け抜けるなんて、ほとんどTVゲームの世界ですよ。

(うーん。グランツーリスモの「スペシャルステージ・ルート5」のようなコースだ)

クルマに興味のない方でも、なんか関心湧きませんか?

そんな、シンガポールGPを2019年9月に観戦してきましたので、観戦前の準備や、観戦時の臨場感(伝わるかな?)、現地での行動などをまとめましたので、参考にしてみてください。

 

ちなみに、ふつうにシンガポールGPを観戦するのであれば、HISなどから観戦ツアーがいくらでも出ています。

そのほうがラクだし、何も考える必要もない。しかし、高い・・・

 

なので、これは、1人の現役世代の人間が、弾丸旅行をするかのように、知恵を使いながら(失敗もあります)、何とか工夫して、風のように弾丸観戦をしてこようという計画です

うまくやれば、会社を休まずに、かつ安く、プランニングできるかもしれませんよ(#^.^#)

F1シンガポールGP観戦の日程のたて方

通常F1は、その開催地にて、

  • 金曜日にフリー走行
  • 土曜日に予選
  • 日曜日に決勝

というスケジュールをとります。

日曜日の決勝レースの翌日は日本は秋分の日

したがって、まずは、3日間とも観戦するのか、日曜日の決勝だけ観戦するのか、など、観戦日程を決める必要があります。そして、これによってフライトスケジュールも決まってきます。

一般的なファンなら日曜日の決勝のみ、ガチなファンで3日連続みたいな感じでしょうか。

今回、私は決勝のみの観戦としましたが、当然、複数日観戦すれば、チケット代、宿泊費等がかさむので、ふところと有給休暇取得について要相談ですね。

実は、日本人とシンガポールGPは相性がいいんです。

というのも、ここ数年、シンガポールGPは9月中旬から下旬の週末に開催され、おそらくこの日程は変わらないのではないでしょうか。

すると、日曜日の決勝レースの翌日は日本は祝日なのです!(^^)!

これが、「会社を休まずに0泊3日!シンガポールGP弾丸観戦!」を可能にしているのです。(実際にやるかどうかは別として笑)

ポイントは帰国の便

シンガポールGPの日程をたてるにあたり、ポイントとなるのは、シンガポールから帰国するフライトです。

つまり、決勝レースが終わってそのまま空港に直行し帰国するのか、1泊してから帰国するのか、の選択です。

先に述べたとおり、決勝レースの翌日は祝日です。なるべく早く帰ってきて、翌々日の仕事に備えたいじゃないですか。現役世代の方には、ここはそのまま帰国をおススメします(^.^)

通常F1の決勝は、開催国の日曜日の15時ごろにスタートし、約2時間でレースは終了します。

ところが、シンガポールはF1唯一のナイトレース。レース開始は2019年の場合、「20:10」そしてレース終了は「22:10」の予定でした。

このあと、ホテルでゆっくり眠ってから帰国するなら何の問題もありません。が、私は、ホテル代を節約して、空港に直行してそのまま帰国したい。

すると、おのずと、シンガポール発午前2時頃~午前6時頃の便をチョイスすることになり、私のような首都圏在住の人間が、直行便を利用しようとすると、以下の便が候補に挙がります。

航空会社シンガポール ⇒ 羽田or成田 (2019/9現在 抜粋)

ANA

0:35 ⇒ 8:45

6:10 ⇒ 14:20

JAL

1:50 ⇒ 9:50

シンガポール航空

23:55 ⇒ 8:00

8:00 ⇒ 15:55

※セントレアや関空行きには、もっとちょうどいい便があるかもしれません。

レース終了が22:10で、すぐに空港に向かったとして、空港に着けるのは頑張っても23:30くらいでしょうか。(私は23:10に着くことができました。レポートは後ほど。)

すると、もっとも効率がいいのはJALの1:50の便ということになりますね。それより前の便だと、あまりにも際どいし、危険です。(レース終了を待たずに、早めにサーキットを退散するという選択肢もあります。それなら、ANAの0:35発はテーブルに乗るかな・・)

今回、私はANAの6:10のフライトを選びました。これなら、レース終了後、気持ちに余裕を持って空港まで帰ってこれるし、チャンギ国際空港には、プライオリティパスで入れるラウンジがいくつもあるので、そこで寝ればいい、そう考えたのです。

それに私は、ANAのマイルを貯めてるし。

このように、シンガポールGPを弾丸観戦しようとすれば、帰国便によってフライトスケジュールが決まります。

シンガポールGP週末観戦 弾丸フライトスケジュール

 航空会社便名フライト日付
往きANANH843羽田0:40 ⇒ シンガポール6:409/20(金)
ロイヤルブルネイ航空BI422シンガポール12:10 ⇒ ブルネイ14:159/20(金)
帰りロイヤルブルネイ航空BI421ブルネイ9:15 ⇒ シンガポール11:209/22(日)
ANANH802シンガポール6:10 ⇒ 成田14:209/23(月)

実際に2019年9月に、敢行したスケジュールがこちらです。

なんだか、いきなり「ブルネイ」などという国名が登場していますが、これは私の弾丸旅行という余興ということで、気にしないでください(笑)

0泊3日も可能でしたが、私は会社から金曜日を1日休暇をもらって、F1観戦のついでに、まだ行ったことがない「ブルネイ」という国を観戦?してこようと思ったのです。

でも、見てください。決勝レースの日は、シンガポールに11:20に到着しています。つまり、このくらいの余裕を持ってシンガポールに乗り込めば、十分にF1観戦が可能ですし、時間的には少し余るくらい。

上のスケジュール表から、「ブルネイ」を取り去れば、まさに2泊4日弾丸観戦スケジュールとなりますね。

そして、往きのANA便を金曜の深夜発にすれば、1泊3日弾丸観戦ツアーの完成です。

フライトの費用

このシンガポール往復のフライトは、私はANAマイルの特典航空券で確保しましたが、実際に購入すれば68,000円でした。

予約する時期にもよりますが、ANAとJALで6~8万円。シンガポール航空で5~6万円でしょうか。これも、早めに予約して「変更不可」などのチケットをおさえることがポイントです。

高いシンガポールのホテル

シンガポールのホテルは高い。実際に旅すればわかりますが、中堅ホテルでも常時1万円以上はします。

それが、F1レース開催時期になったら、とんでもなく跳ね上がります。

「マリーナベイサンズ」「マンダリンオリエンタル」などは、高いというより、確保できるのか、という問題になります。

これが、私がシンガポールでの宿泊を避けた理由ですが、シンガポールも観光したいなどの理由で宿泊する場合は、メトロでダウンタウンのほうまで離れれば、リーズナブルなホテルが見つかると思います。

先ほど、レース終了後は、そのまま空港に直行して帰国をおススメしましたが、深夜までレース観戦していて、翌朝早く(あるいは未明に)にチェックアウト。これに数万円の宿泊費をかけるのはもったいない。

もちろん、翌日以降も会社を休めて、シンガポールの観光を楽しむという方は別ですが、それでも、決勝レースの日曜日までは、宿泊費も高騰しているでしょう。

シンガポールGP観戦チケットの買い方

会社の有給休暇、あるいは予算と相談しながら、観戦日程を立てたら、次はどのような「観戦チケット」を入手するかです。

観戦チケットの種類

観戦チケットは、大きく次の3点に分かれています。

選択項目ポイント

観戦する日

金・土・日の3日連続

金・土・日のいずれか1日  など

ZONEの選択

ZONE1~4に分かれている入場可能エリアのどこに入れるか

座席の有無

スタンド席などの席を確保する ⇒ 「Grand Stands」

座席はなく自由に観戦 ⇒ 「Walkabout」

私は、「9/22(日)のみ」&「ZONE1~4(すべてのZONE)」&「Walkabout」という、「Premier Walkabout」というチケットを購入しました。

手数料込みで日本円で48,400円でした。

さて、では選択するポイントですが、

観戦する日

これは、旅行日程に合わせればいいだけですね。私は日曜日の1日としましたが、F1マシンをじっくり見るのが目的であれば、比較的安く、そしてすいている金曜日のフリー走行の1日のみという選択肢もあります。

ZONEの選択

ZONEは1から4と区切られていて、どこに入れるようにすればいいのか悩むところですが、まずは、マップをご覧ください。

右側から順に黄色いエリアが「ZONE1」。紫が「ZONE2」。オレンジが「ZONE3」。緑が「ZONE4」となっています。ちなみに、グランドスタンドは、黄色い「ZONE1」にあります。

レース観戦が目的ならば、「ZONE1」や「ZONE2」は外せません。

グランドスタンド前のストレートを疾走するF1マシンを鑑賞できますし、「TURN1~3」の時速300kmから100km前後まで一気に速度を落として、巧みにコーナーをトレースしていくマシンの挙動もばっちり観察できます。

ちなみに、今回私は「TURN3」にずっと陣をとり観戦してましたが、写真撮影なら、マシンの速度がかなり落ちる「TURN20」~「TURN21」あたりも、絶好の観戦ポイントですね。

「ZONE4」にも観戦ポイントはいくつもあり、「シンガポールスリング」と名づけられた難所「TURN10」は残念ながら観戦エリアに入ってませんが、マリーナベイを通して光り輝くマリーナベイサンズとともに鑑賞できるメリットがあります。

「Grand Stands」か「Walkabout」か

うーん、これは甲乙つけがたい。今回私は、はじめてのシンガポールGP観戦ということで、色々歩き回りたく、「Walkabout」を選びましたが、最後のほうでは足が痛くなってきたのも事実。

決勝レースは2時間ですが、その前のイベントなども含めると、計6時間ぐらい立ちっぱなしでしたから。

ちなみに、当たり前ですが「Grand Stands」の方が、チケット代は高くなります。じっくり、F1観戦したいという方は「Grand Stands」。雰囲気を楽しみたいという方は「Walkabout」、とこんな感じでしょうか。

レース観戦目的か、イベント目的か

チケット購入のポイントは、結局のところ目的になります。というのも、シンガポールGPでは、3日間に渡って各ZONEで、豪華アーティストなどのライブが開かれるのです。

そのプログラムを見ると、洋楽好きの人にとってはたまらないでしょう。2019年は「Red Hot Chilli Peppers」などの世界各国の豪華アーティスト21組が、会場を湧かせていたようです。

このライブは、決勝レース中も行われているので、ひょっとしたら「Walkabout」というチケットは、ライブイベント目的の人のためにあるのかもしれません。

観戦チケットの購入方法

これは、ネットでググればいくらでも出てきますが、私は世界最大のオンライン・イベントチケット売買サイト「StubHub」で購入しました。

というのは、ローソンで買おうとしたら、すでに売り切れだったので(笑)

「StubHub」は、チケット引渡しの保証などがついていて安心は安心なのですが、出品者の発送予定時期がレース直前で、それは私の出国後なので、ブルネイのホテルに届くように手配したり、結局レースの1ヶ月前に自宅に届いたりと、少し振り回されました。

トータル費用はどのくらいかかるのか

ツアーで行く場合、たとえば2019年のHIS主催のツアーだと最低価格が2泊4日のプランで1人168,000円。これに、1人部屋追加代金28,000円を加えると、196,000円でした。

これは文字通り最低価格で、これに観戦スタンドアレンジを加えるとプラス数万円。つまり、20万円を超えます。

それに対して、私のように個人でプランニングすると、

  • 航空券が前述の通り、シンガポール航空で6万円、ANAやJALで7万円。(今回の私はANAマイル利用でしたが、実際は68,000円。)
  • 観戦チケットが、全ZONE入れて席のない「Premier Walkabout」で48,000円。(正規料金は36,000円)

しめて、116,000円です。

たとえば、金曜の夜、会社を退けてから1泊3日の弾丸観戦を狙う場合、土曜日のシンガポール1泊に1万円。滞在2日間の食費や交通費などに2万円使うとして、合計3万円。

15万円あればお釣りのきそうな、1泊3日弾丸観戦ツアーの完成です。正味2日間の滞在に2万円使えるわけですから、決してつましい旅行ではないです。

F1の観戦や雰囲気を味わえて、豪華アーティストのライブも見れて、2日間のシンガポールの観光も楽しめる。

ツアーで行くより、とってもコスパのいいプランになったと思いますが、いかがでしょうか。

その他の準備

さて、ここまで準備してしまえば、あとは出発の日がくるのを待つだけです。

2020年のチケットも、年明けには発売されるでしょうから、飛行機とホテルだけ押さえて、観戦チケットの購入に備えておきましょう。

カメラとレンズ

迫力あるF1マシンが失踪する姿。カメラにうまく収めたいですよね。

シンガポールGPの場合、ただでさえ速度が速く撮影が難しいのに加え、夜という悪条件が加わります。

私は愛機「CANONN6D」に、安物の望遠ズーム90~300mm(f4.5~5.6)を持って行きました。

その結果は、後ほどレポートしますが、レースの雰囲気だけであれば、スマホのカメラで十分ですね。

レインコート

今回の観戦に備え、レインコートを仕入れました。

シンガポールは赤道直下の熱帯気候。レースのある9月はいちおう乾季にあたりますが、それでも日中のスコールは、季節を問わずいきなりやってきます。

そんなときに便利なのがレインコート。

大きめで、まとった中にカメラも入れられると思って、アマゾンで購入しました。

ポンチョのようなレインコートで、シンガポールでは幸いスコールにはあわず使いませんでしたが、折りたたんでも嵩張らないので、これからの弾丸旅行のお供にしようと思ってます。

 

さて、長々とシンガポールGPの観戦準備について述べてきましたが、次回は、いよいよ現地観戦の様子をレポートします。

タイトルとURLをコピーしました