チャンギ国際空港のラウンジで夜明かし ~ ANA便で帰国【ブルネイ旅行記 #13】

さて、18時間のシンガポール滞在のうち、12時間を使って、F1グランプリを観戦。

チャンギ国際空港に舞い戻ってきました。

時刻は23:15。預けておいた荷物を取り戻し、さっそくANAのアーリーチェックインカウンターへ。

ANAのカウンターでふつうにチェックインしてくれるのはよかったんですが、23:59までのはずなのに23:30までに来て欲しいと。

現在23:20。10分以内に来るからといって、私は、ゴロゴロとキャリーを転がしてトイレに行きました。

わかりますか?

着替えたんです。

つまり、チェックインしたらラウンジに入ってシャワーを浴びるつもりでいるので、今のうちに着替える必要があるんです。

だって、チェックインして荷物を預けてしまったら、着替えは積み込まれてしまいますから。

 

そして、めでたく、翌朝のANA便のチケットをゲット。保安検査場を通って、ラウンジに直行です。

「SATS PREMIER LOUNGE」でシャワー&仮眠

まず目指すは、3日前にも利用したプライオリティパスで利用可能な「SATS PREMIER LOUNGE」。

何をおいても、とにかくシャワーを浴びたい。蒸し暑いシンガポールに12時間もいたんです。

このラウンジのシャワールームは、他のラウンジと比較すると、若干貧弱なのですが、早くさっぱりしたい気分が先行。

シャワーを浴びて、生きかえります。

 

汗を流してさっぱり。さて、一息つきますか。

 

まずは、ビールですね。湯上りのビールはうまい!

 

お腹もすいています。

なにしろ、レース観戦で9時間以上立っていたわけなので、くたびれた。

いくらでも食べて、飲めそうです。

むさぼるように食べて飲んでるうちに眠くなってきました。

  

見上げれば、F1グランプリをニュースでやってました。

このPCコーナーを仮眠部屋にさせてもらいます。みんなそうやって眠ってました。

足を折りたためば、うまく寝れますよ。

 

ところが、午前4時近くになって、掃除屋さんが入ってきて、少々うるさくなります。

 

「Ambassador Transit Lounge」のひととき

掃除屋さんが入ってきたのを機に、別のラウンジへ向かいます。

午前4時前でも、居場所に困らないチャンギ国際空港。

さて「Ambassador Transit Lounge」はどこかな。まだ使ったことないんだよね。

 

あ~あ、あんなところで寝てるし。

あった、あった、ありました。

 

くつろぐ前に、飲食事情をチェック。

まあまあじゃないですか。さすがに、私はもう食べませんが。

 

そして、フライトまでのもう少しの間、くつろぎます。

椅子の形状が、くつろぎにくくなっていて、徹夜組は、床に転がっていたりしてました。

ちょっと行儀の悪いラウンジだったかな。

 

wifiにつないで、何か作業したりする、そういう目的のほうが向いているかもしれません。

ブルネイ観光&F1観戦無事完了 ANA便で帰国

チャンギ国際空港ターミナル2のラウンジを2つはしごして夜を過ごしました。

徹夜に近かったけど、私には、これで十分。

こんな短時間のために高いホテルを1泊するほうが、よっぽどもったいないです。

それに、機内でも眠れるし。

シンガポールから、5,348kmを飛んで帰国です。

そして、明日は出勤です。現役世代サラリーマンの宿命です(笑)

飛行機の中では、ぐっすり眠れました。

気配で目を覚ますと、機内食です。

シンプルだけどおいしい、ANAの機内食。

食べ終わる頃、機はフィリピン上空。

それも、 数年前、行こうとして行けなかった世界遺産バナウェのあたり。

思わず、下界を見下ろします。バナウェの棚田が見れるかなとも思いましたが、ちょっと無理でした。それとも、あれが世界遺産の棚田なのかな。

  

下界に夢中になっているうちに、機はフィリピンの北端に。

さらに進み、機は琉球諸島上空。

雲の切れ目から、島影も拝めました。

 

旅の楽しさを感じていると、おやつが配られます。

 

そして、犬吠崎。成田空港に帰ってきました。

今回の旅は、初の外国でのF1グランプリ観戦を軸に、ブルネイまで足を伸ばす変則な旅でしたが、どんな旅でも、やっぱり旅は楽しい。

この気持ちが、明日から、また仕事頑張ろうという原動力になります。

今回の旅の無事に感謝!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました