シルクロード(2019.5)

【シルクロード】3日目(その1) 敦煌に到着 朝もやの陽関

寝台列車の心地よい揺れ。昨夜は、ほぼ徹夜でしたから、ぐっすり眠れました。 現在、午前6時過ぎ。まもなく、敦煌に到着です。 夜明けの敦煌駅に到着 さて、歯でも磨くかと、上段ベットから飛び降りると、なんと下段はもぬけの殻。 あの日本...
シルクロード(2019.5)

【シルクロード】2日目(その3) 中国 列車の旅 寝台列車で敦煌へ

さて、これから、列車に乗って、シルクロードのオアシス都市 敦煌へ向かいます。 敦煌は、ぜひとも行ってみたかった町の一つ。 蘭州から敦煌までは1,133キロ。ふつうなら飛行機で移動する距離ですが、ここはシルクロード、やはり列車で地を這って...
シルクロード(2019.5)

【シルクロード】2日目(その2) 色の変わった黄河と再会 ~木の花が舞う中山橋~

一応、荷物預けられる場所あるかな、と探したけどわからず。仕方なく、ゴロゴロキャリーを転がしながらバス乗り場に向かいます。 久しぶりの蘭州牛肉面 現在13時。列車の出発は18時だから、17時までにここに戻ればいいとして、滞在可能時間は4時...
シルクロード(2019.5)

【シルクロード】2日目(その1) 上海 ⇒ 蘭州 飛行機&高速鉄道の移動

いよいよ、シルクロードの旅、本格的にはじまり。まずは蘭州です。 厳密にいえば、シルクロードの起点は長安(いまの西安)ですが、西安から蘭州は行ったこともあり、今回の旅は、蘭州から西に力点を置いています。 それにしても、10日間といっても、...
シルクロード(2019.5)

【シルクロード】1日目 10連休前夜の出国 上海虹橋国際空港で夜明かし

10連休の前日。 世間は、やれATMの紙幣がなくなる、やれ株式相場はどうなる、やれ行楽地への渋滞のピークは? と大騒ぎのようです。 天皇陛下がくれた10連休。私は、天皇陛下に感謝しながら、日本を離れます。 中国 西域への旅。シルク...
シルクロード(2019.5)

シルクロード・新疆ウイグル自治区への旅(出発まで)

待ちに待った10連休。旅好きの現役世代の皆さん、どこかへ出かけましたか? 1年前から計画していた、10連休をフルに使った、シルクロード~新疆ウイグル自治区への旅。 ようやくその日が来ました。 中国に行くのは今回で10回目。家族も含めて...
旅準備

現役世代の人間の弾丸旅行術

これだけの頻度で弾丸旅行に出かけていると、社内においても、行動が筒抜けになります(笑) 私も、まがりなりにも管理職なので、さすがに、行動を明かさぬまま休暇を取るのもはばかれ、いちおうスタッフや役員には告げて、旅に出ることになります。 ...
徒然な日々

ブログをリニューアルしました

ブログをはじめて3年目。 よく続いたな、というのが正直な感想ですが、心機一転、ブログをリニューアルしようと思いました。 3年間お世話になったライブドアブログさんには、ブログのイロハを教えてもらい、愛着もあったのですが、思うと...
徒然な日々

2019年5月 日本は10連休 中国は4連休

2019年のゴールデンウイークは、10連休ですね。 ていうか、この話題、2017年の年末くらいからうわさされていたし、こんなもの早急に決定させれば、印刷屋さんやシステム屋さんなどはラクになるし、先々に10連休が控えているとなれば、そもそも...
海外情勢・雑感

台湾・花蓮の震度7の地震に被害が少ないことを祈ります

台湾の清水断崖を知ってますか? 台湾・東岸にある太魯閣国家公園近くの断崖です。 標高2,407mの清水山からわずか4kmで海に通じる、正真正銘の断崖。 平均勾配601パーミル(1000m進むと601m上がる)、角度にすると約31度とい...
ボスニア・ヘルツェゴビナ(2019.3)

【ボスニア・ヘルツェゴビナ】4日目(その4) さようならサラエボの街 ~ イスタンブール経由の帰国

さすがに、ワイン3杯の昼酒は効きました(笑) ほんと、いい気分で、のどかな、バシチャルシアをあてもなく歩きます。 賑わいをみせるバシチャルシア 土曜日の午後のバシチャルシア。本当に賑わっています。 今夜のフライトは20:...
ボスニア・ヘルツェゴビナ(2019.3)

【ボスニア・ヘルツェゴビナ】4日目(その3) スナイパー通り ~ 昼下がりのバシチャルシア

さて、チェックアウトして、荷物を預けて、再びサラエボの街を散策です。 とりあえず、さっきキオスクで手に入れたチケットで、トラムに乗ってみようと思います。
ボスニア・ヘルツェゴビナ(2019.3)

【ボスニア・ヘルツェゴビナ】4日目(その2) ミリャツカ川から眺めるバシチャルシア

ミリャツカ川は、サラエボの街を潤す、サラエボ市民に愛され続けている川です。 このサラエボの街を南北に分けている川には、いくつも橋が架かっていますが、これは、サラエボの中心部から見て、もっともバシチャルシア寄りの橋です。 旧市街であるバシ...
ボスニア・ヘルツェゴビナ(2019.3)

【ボスニア・ヘルツェゴビナ】4日目(その1) 朝のサラエボ 

夜明けとともに、ベッドから起き出し、カーテンを開けて、バシチャルシアのほうを眺めます。 眼下のストリートがフェルハディヤ通り。昨夜歩いた通りです。 今日も天気はよさそうですね。 サラエボの標高は554m。そして、まわりは山々に囲まれて...
ボスニア・ヘルツェゴビナ(2019.3)

【ボスニア・ヘルツェゴビナ】3日目(その3) モスタル ⇒ 夜のサラエボ

歩き疲れて、アップルシナモンティーで一息。 モスタルの町、楽しいところでした。 薄暮に霞む旧市街も見たかったけど、その時間を待っていたら、サラエボに戻るバスに乗り遅れてしまいます。
ボスニア・ヘルツェゴビナ(2019.3)

【ボスニア・ヘルツェゴビナ】3日目(その2) スターリ・モストの見える風景

モスタルとは、ボスニア語で、「橋の守り人」。 そして、世界遺産にもなっている、ネレトヴァ川の両岸を結ぶ橋がスターリ・モストです。 実はこの橋、1993年のボスニア紛争により、破壊されました。 その後、紛争がおさまり、ユネスコ協力を得て、...
ボスニア・ヘルツェゴビナ(2019.3)

【ボスニア・ヘルツェゴビナ】3日目(その2) 古きよきモスタルの町並み

さて、今回の弾丸旅行では、かなり期待度の高いモスタルです。 キリスト教文化とイスラム文化が融合した美しき古都であると同時に、ボスニア紛争では壊滅的なダメージを受けた町。 果たして、どんな町並みであるのか、今回の旅のハイライトかも...
ボスニア・ヘルツェゴビナ(2019.3)

【ボスニア・ヘルツェゴビナ】3日目(その1) サラエボからバスでモスタルへ

今日からはボスニア・ヘルツェゴビナの旅。 タイトルが3日目となっていますが、私の旅は、基本的に行ったらすぐ帰ってくる弾丸旅行。 日数は、1回の旅ごとに考えていますので、セルビアの2日間と通算して、今回の旅としては3日目ということ...
セルビア(2019.3)

【セルビア】2日目(その3) 国境を越えてボスニア・ヘルツェゴビナへ

時計塔を目指して、出口に向かいます。さあ、時間がなくなってきた。
セルビア(2019.3)

【セルビア】2日目(その2) 気ままなベオグラードの街歩き 

さて、ベオグラード街歩きの再開。 政府庁舎すぐ横の、聖マルコ教会に立ち寄ります。
タイトルとURLをコピーしました