エチオピア航空 突然のフライト変更 帰路を南アフリカ航空へ

さて、南アフリカへの旅。フライトはエチオピア航空です。

エチオピア航空は、今回はじめての搭乗で楽しみ。

もちろん、私はANAマイルを貯めているので、スターアライアンス・メンバーからのチョイスです。

エチオピア航空の搭乗記をブログなどで拝見すると、賛否両論(笑)

それこそ、CA、グランドスタッフ、機内設備、機内食に至るまで、賛否両論。

エチオピア航空 突然のフライト変更

00014286

↑これは、ケープタウン空港に着いたときに撮った写真。

賛否両論ということは、よっぽどとがった航空会社ってこと?

それも面白いかもしれないな、なんて思ってましたが、実は出発直前に大変な目にあいました。

このエチオピア航空、旅行が近づくに連れて、ちょくちょくフライト変更するんです。

これだけ弾丸旅行を重ねると、フライト変更にも慣れてきますが、今回もまた極めつけ・・・

出発1週間前に提示されたフライト変更後の日程

 航空会社便名フライト乗継ぎ時間
往き

エチオピア

航空

ET673成田20:40 ⇒ ソウル23:201時間
ET673ソウル0:20 ⇒ アディスアベバ7:2550分
ET847アディスアベバ8:15 ⇒ ケープタウン13:45 
帰り

エチオピア

航空

ET846ケープタウン14:45 ⇒ アディスアベバ22:1015分
ET672アディスアベバ22:25 ⇒ ソウル15:451時間5分
ET672ソウル16:50 ⇒ 成田19:20 

往きも帰りも、ソウル・仁川空港での同一機のトランジット。

そのため便名が同じになっているのですが、驚いたのが帰りのアディスアベバでの乗り継ぎ時間。

なんと、15分!

フライト変更前も乗り継ぎ時間が45分ほどしかなく、でも、そういうチケットを発券しているわけですから、不安ながらも大丈夫なんだろうな、という気持ちでいましたが、15分とは極端。

これで、ほんとに乗り継げるのかい??

もう、出発まで1週間です。慌てて、手配したエクスペディアに連絡。

すると、電話担当者も驚いている模様で、すぐにエチオピア航空に確認してくれましたが、なんと接続するとのこと。本当ですか???

国際線から国際線への乗り継ぎが15分で可能な空港なんてあるんだろうか?

15分では、搭乗客を機体から降ろすだけでも、それくらいかかってしまうだろうし、荷物の積み替えなんかもできるんだろうか?

それから数日、不安な状態のまま、日常生活を過ごしましたが、出発日が近づくにつれ不安がピークに。

エチオピア航空のWebサイトに、各空港の乗り継ぎ必要時間が掲載されていたので、チェック。

エチオピア航空の空港別乗り継ぎ必要時間
(こちらです。)

アディスアベバの国際線から国際線は、必要時間45分とあるじゃないですか。

乗り継げないじゃん・・・???

出発2日前に帰路を南アフリカ航空へ変更

出発2日前になっていましたが、またも慌てて、今度はエチオピア航空に電話。

以下、電話口に出た女性との会話。

私   「帰りのアディスアベバでの乗り継ぎが短いと思うんですが、大丈夫ですか?」

女性 「ああ・・・  これ、以前は大丈夫だったんですが、今はダメになっちゃんたんですよ。」

私   「今はダメって・・・ 私はどうすればいいんですか?」

女性 「申し訳ありません。いちおう確認して、明日折り返し電話しますね。」

 

そして、明日の朝。(つまり、出発前日)

朝9時半になっても電話がないので、こちらから電話。昨日と同じ女性が出ました。

私  「どうなりました?」

女性 「すいません。対応を協議していたのですが、香港経由の便に振り替えさせていただいてもいいですか?」

 

昨夜、もんもんとしながらも、どういう結果になるだろうかと、想像していた通りの回答が帰ってきました。

つまり、アディスアベバでの15分乗り継ぎは空港側のルールが変わって不可能

ソウル経由成田行きに乗り継げないとなると、後続の便、香港経由成田行きに振り返られるんだろうな、と推測していたら、その通りに。

しかし、この便は、香港で一夜を明かすスケジュール。

これでは連休最終日に帰国できないので、次善の策として成立しない。

一計を案じた(というより、昨晩、頭が痛くなるまで飛行ルートを練ったのだが)私は、帰りの便は別の航空会社(南アフリカ航空)にすることを、エチオピア航空の女性に提案。

すると、当然のことながら、手数料なしでキャンセルするので、あらためて買いなおして欲しいとのことでした。

チケットは、エクスペディアを通して買っているので、キャンセルの連絡もエクスペディアへ。

エクスペディアのシルバー会員サポートダイアルのオペレータも、平謝りの対応でした。

まあ、別にいいけどさ・・・  出発前に気がついて・・ よかった・・

フライトスケジュール最終形

 航空会社便名フライト乗継ぎ時間
往き

エチオピア

航空

ET673成田20:40 ⇒ ソウル23:201時間
ET673ソウル0:20 ⇒ アディスアベバ7:2550分
ET847アディスアベバ8:15 ⇒ ケープタウン13:45 
帰り

南アフリカ

航空

SA336ケープタウン14:10 ⇒ ヨハネスブルグ16:051時間50分
SA286ヨハネスブルグ17:55 ⇒ 香港12:451時間40分
SA7134香港14:25 ⇒ 羽田19:15 

以上のような経緯があって、出発前日に手配したフライトが上記の通りになりました。

このルートは、往き:15,649km  帰り:14,880km  計30,529kmのロングフライト。

航空券代は、往き:エチオピア航空 103,400円 帰り:南アフリカ航空 54,400 計157,800円。

そして、帰りの香港⇒羽田は、ANAとのコードシェア便。

両航空ともスターアライアンスメンバーなので、ANAマイルが貯まるのはけっこうなんですが、

往復エチオピア航空だったチケットは12万円でしたから、4万円弱もはねあがり、サービス料なども含めたトータルコストは約17万円と、大枚はたいての弾丸紀行になってしまいました。

正直、17万円の航空券代は痛い・・・

しかし、30,529kmで割れば、1kmあたり5.5円の旅。

それに、計算上は、この往復フライトで、10,682マイル手に入るし・・・

そもそも、旅は記憶財産なんだからと、自分を納得させます。

南アフリカ航空ですか・・

まだ若干の不安が残ります。

往きのアディスアベバだって、50分と決して十分ではない。

ロストバゲージになっても大丈夫なように、南アフリカに着いてから必要なものは、すべて機内持込用のナップザックに詰め込みました。

それにしても、こんなバタバタの旅は珍しい。

気を引き締めて、成田空港に向かいます。

タイトルとURLをコピーしました