エチオピア航空搭乗記 成田 ⇒ アディスアベバ ソウルのトランジット【南アフリカ旅行記 #1】

エチオピア航空の不手際?により、ここまで、出発前日まで右往左往したのも珍しいですが、ケープタウン往復のチケットをがっちり手に入れ、成田空港に向かいます。

成田空港を20:40発だと、最低でも19時くらいまでには空港に着いていたい。

会社を定時に退社して、自宅に着くやいなや超特急で着替え、あらかじめパッキングしておいた荷物を持って、駅に向かうという、会社を退けるときから弾丸模様?でした。

フライトスケジュール

 航空会社便名フライト乗継ぎ時間
往き

エチオピア

航空

ET673成田20:40 ⇒ ソウル23:201時間
ET673ソウル0:20 ⇒ アディスアベバ7:2550分
ET847アディスアベバ8:15 ⇒ ケープタウン13:45 
帰り

南アフリカ

航空

SA336ケープタウン14:10 ⇒ ヨハネスブルグ16:051時間50分
SA286ヨハネスブルグ17:55 ⇒ 香港12:451時間40分
SA7134香港14:25 ⇒ 羽田19:15 

さて、さっそくこの旅での楽しみの一つ。エチオピア航空の初搭乗

賛否両論の同航空会社はいかなるものなのか、実体験するのも楽しみです。

今日の昼休みにオンラインチェックインしておこうと、Webサイトで必要情報を入力していたら、なんとビザナンバーの入力が求められ、そこで離脱。

南アフリカ共和国の入国は、90日以内の滞在であればビザは不要なはず・・・

軽い不安を抱えながらも、成田空港第一ターミナルに到着し、エチオピア航空のJカウンターに向かいます。

00014287

アディスアベバ行きは、20:40の定時運航のようです。

00014289

初めての搭乗エチオピア航空 トータル24時間5分のフライト

エチオピア航空は、ソウル仁川空港で途中寄航するアディスアベバ行きのET673便。

したがって、カウンターの列も、アフリカ系の人と韓国人だらけ。

旅の冒頭から、旅愁を感じさせてくれます。

00014301

私の順番が来て、パスポートとEチケットを差し出します。(オンラインチェックイン出来なかったからね)

00014292

そして、グランドスタッフに質問。

私「仁川では、いったん降りるんですか?」

スタ「はい。いったん、すべての手荷物を持って、降りていただいて、保安検査を受けて、もう一度搭乗していただくことになります。」

私「荷物はケープタウンまで直行ですか?」

スタ「はい。もちろんです。」

私「機内食は、夕食から出ますか?(時間がなく、まだ夕ご飯食べてません笑)」

スタ「(モニタを見つめて・・)はい、出ます。おいしいかどうかはわかりませんけど・・」

 

正直で好感のもてる、女性スタッフでした。

 

仁川で途中寄航といっても、チケットはアディスアベバまで一気通貫のようです。

飛行ルートはこんな感じ。生涯4度目となる南半球への旅に、胸の鼓動もドキドキ。

ケープタウンまで、24時間5分のフライト。気合も入ります。

root

成田空港第一ターミナルで弾丸シャワー?

でも、これから24時間の乗り詰めだからこそ、シャワーぐらい浴びておきたい。

自宅では、そんなことやってる暇なかったし、ボーディング開始まで、あと10分を切っています。

去年の夏、キューバに行ったとき、たしか北ウイングに向かう途中の中央通路にシャワールームがあるのを思い出し、駆けつけると、まだ営業してました。

00014290

30分で1,030円と値が張りますが、背に腹は変えられず、利用します。

00014302

とても狭い室内ですが、やっぱりさっぱりしますよね。

搭乗時刻も過ぎてるので、濡れた髪のまま服を着て、退散です。

00014303

アディスアベバ行きは、最終案内中。

アディスアベバの文字を見ると、自分はこれからアフリカに向うんだな、と感慨もひとしお。

00014291

エチオピア航空 機内の様子

機内はほぼ満席。ですが、私の隣席は空席、ラッキー!

ていうか、隣席が空席であるように、うまくシートを押さえておきました。

シートは3×3×3のタイプ。

乗客は、韓国人とアフリカ人ばかり。

00014304

ところで、エチオピア航空のこのシート。

前の席との間隔が若干広いように感じます。体格のデカい、アフリカ人に合わせたのでしょうか。

身長178cmの私が、ふつうに、足を組める広さです。

※ちなみに、アフリカ人という言葉はありませんが、便宜上アフリカ系の人をアフリカ人と呼んでいます。

00014305

私の隣の隣の席は、アフリカ人らしい黒人男性。

早くも、漂う異国ムード。

00014295

機内安全ビデオ。

00014308

まずは、ソウル仁川までショートトリップ。2時間40分の旅。

00014293

機は、東京上空、武蔵野台地のあたりを西進。

00014294

最初の機内食はサーモン弁当

待ってました! 機内食です。もう、お腹ペコペコです(^^)v

00014309

フィッシュ or ナントカ と聞かれたので、フィッシュ。

おいしいサーモンです。

なにこれ! すごくおいしいじゃん!

グランドスタッフが、「おいしくないかも」とか言うし、ブログでも酷評されてたりしたから身構えていたのに、完全に拍子抜けです。

ワインもおいしいし、お腹もすいてるので、クラッカーまですべて残さず平らげます。

00014298

すっかりいい気分になってるうち、機はソウル到着。

00014300

仁川空港は4年ぶりかな。降りないけど。

00014299

ET673便アディスアベバ行き 仁川国際空港でのトランジット

「トランスファー」と「トランジット」という言葉があります。

どちらも、飛行機の乗り継ぎのように捉えられてますが、正確には、「トランスファー」は、文字通り、違う飛行機への乗換え

「トランジット」は、着陸後、同じ飛行機に再び乗り込んで離陸

すなわち途中寄航ですね。

あまり気にしていませんでしたが、今回のエチオピア航空ET673便は「トランジット」。

つまり、1時間後に同じ飛行機でアディスアベバに向うことになります。

それで、成田での発券時に、スタッフに「ソウルでは降りるの?」と聞いていたわけです。

「トランジット」では、寄航中、搭乗客はそのまま機内に残ったままというケースもあるそうですから。

00014311

ちなみに、私は「トランジット」人生初体験。

この仁川空港でのケースは、荷物をすべて持って降り、保安検査まで受けるらしい。

とりあえず、ほかの乗客たちと一緒に、「トランスファー??」のほうに向かいます。

00014312

どこまでいっても「トランスファー」です。

空港によって、標記がまちまちですよね。ま、いったん降りて、乗り換える行為に違いはないんだから、あんまり深く考える必要ないのかな。

ところが、この辺りまで来たとき、グランドスタッフが「アディスアベバ  ゲート23」の看板を持って立ちはだかっていました。ここを曲がれと。

00014327

すると、なにかチケットの交換のようなことをやっています。

私の番が来て、チケットを見せると、スタッフがリストに書かれた名前を一生懸命探し、私の名前を見つけると、新しいチケットをくれました。

00014313

新しくもらったチケット。仁川 ⇒ アディスアベバになっています。席も同じ。

こういうことを、毎日やってるのかな。どういう意図があるんだろ?

00014329

そして、その先に保安検査場。

00014315

そして、そこを抜けると、フリーな状態になって、23ゲートを目指します。

ハングル文字が、自分は今、韓国にいることを思い出させます。

00014328

23番ゲート。人生初の「トランジット」体験終了。

その昔、飛行機の飛行距離が短かった時代、南回り便なんかは、香港、バンコク、デリー・・・と「トランジット」を繰り返して、ヨーロッパへ向っていたそうですね。

00014330

まずは、旅の序章を無難にクリアしました。

タイトルとURLをコピーしました