【メキシコ】1日目(その1) ANA788機のビジネスクラス超空間!

いよいよ出発の日が来て、地球の反対側、メキシコ&キューバへ旅立ちます!

ところが、休暇直前までいつも通りの多忙な毎日。

それも、プロジェクトの方向性が定まらず、仕事を残したままの旅立ち。

快く送り出してくれた同僚には、まったくもって頭の下がる思いで、成田空港に向います。

久しぶりの成田空港に到着すると、現金なもので、仕事のことはアタマから消えます(笑)

そりゃそうだ。
旅の冒頭から、人生初のビジネスクラス!という、至極の楽しみ。
どんな夢空間が、待っていてくれるんだろうか・・・

メキシコ・キューバ 弾丸一人旅 旅の日程

日付

午前

午後宿泊地

7/7(土)

 

成田16:35発 

ビジネスクラス!

機内

7/7(土)

機内

メキシコシティ15:20着

(乗換え)19:05発

メリダ21:01着

メリダ

7/8(日)

ウシュマル遺跡観光

ウシュマル遺跡観光メリダ

7/9(月)

メリダ ⇒ チチェン・イッツア

(バス)

チチェン・イッツア遺跡観光

チチェン・イッツア ⇒ カンクン

(バス)

カンクン

7/10(火)

カンクン8:10発

ハバナ10:20着

ハバナ観光ハバナ

7/11(水)

トリニダー観光ツアー

トリニダー観光ツアートリニダー付近

7/12(木)

トリニダー観光ツアー

トリニダー観光ツアーハバナ

7/13(金)

ハバナ観光

ハバナ20:00発

メキシコシティ22:15着

メキシコシティ

7/14(土)

メキシコシティ観光

テオティワカン観光

夜 空港へ

機内

7/15(日)

メキシコシティ2:20発

ビジネスクラス!

機内

機内

7/16(月)

成田6:20着

 

 

楽しみの多い日程で、出発前から胸が騒ぎます(笑)

成田空港第一ターミナル ANAのビジネスクラスラウンジ

00006930

オンラインチェックインは済ませてきたので、スマホのQRコードで搭乗できますが、オートマシンでチケットを発券します。

ペーパーレスの時代とはいっても、フライトチケットは旅の思い出。
ビジネスクラスとタイプされた、チケット現物を手にしたいじゃないですか。

00006935

たしかにビジネスクラス!
しかし、チケットは、感熱紙にタイプしただけの、安物です(^^)v。

 

さて、勢い余って、フライトの3時間も前に来てしまいました。

私は、ビジネスクラスチケットのオーナーです。
ANAのラウンジで、ボーディングまで休憩しますか。

保安検査場も優先通過で、すっかりVIPな気分・・・

ところで、成田空港に、こういう時間に来るのは私としては珍しい。
各地へのフライトボードを見入ります。

この中で、もっともフライト距離が長いのはどれだろう?
やっぱり、メキシコシティ?

00006931

ANAのラウンジを探しますが、ゲートは28。その近くにANAラウンジはありません。

00006932

第5サテライト方面まで行って、ANAラウンジを見つけます。
なにも、わざわざ行かなくても・・・ でも、時間が余ってますから(笑)

普段はプライオリティパスを出してラウンジに入る私が、今回はチケットを見せて入場。

これだけでも感激・・

00006936

しかし、ANAラウンジは、とてもVIP空間とは思えないほどの混雑。
かろうじて、窓際の席をキープするものの、1人旅風情では、フードコーナーに飲食を手を出す雰囲気ではなし。
(これは、隣のお客様のテーブル)

00006926

それでも、滑走路に光るANA機が、旅の気分を盛り上げます。
早めに、ゲート前に行ってようかな・・・

00006939

28ゲート前はガラガラ。
大渋滞のANAラウンジより、こっちの方が居心地いいや(笑)

00006934

メキシコへのフライトスケジュール ビジネスへの搭乗

 日付航空会社便名フライト
往き7/7(土)ANANH180成田16:35 ⇒ メキシコシティ15:20
帰り7/15(日)ANANH179メキシコシティ2:20 ⇒ 成田 翌6:20

さあ、待ちに待ったボーディング開始。

なんか、いつもと違うときめきかた。
いつもは、これからたずねる未知の地に思いを馳せているだけなのに、今回は、ビジネス空間という楽しみが加わり、子供のようにはしゃぐ気持ちを抑えるのに精いっぱい(^^)v

往きも帰りもビジネス。こりゃ、はしゃぐなというのが無理というもの(笑)

00006933

しかし、平静を装って、乗り込みます。
ビジネスは、タラップを登った後、左側かな・・・

00006927

入ったとたん、そこには見たことのない別世界。

それだけではありません。

「〇〇さま、お待ちしておりました。私は、担当客室乗務員の〇〇と申します。」

信じられない対応です。まさか、名前で呼ばれるなんて、ほんと、びっくり!

お金でなく、マイルで搭乗しているのに、そんなこと微塵も感じさせません。

ANA788機のビジネスシート

乗降の際に、何度も目にしていたビジネスの空間です。

00006941

これは、隣の席。
ざっと、見渡したところ、2割ぐらいの搭乗率。

00006942

そして、これが私の席。
このゆとり空間で、メキシコまでの13時間半を過ごせるの??

00006943

ウエルカムドリンクが配られます。
まさか、いきなり、お酒はカッコ悪いからジュース。

00006928

フロントの液晶画面も大画面です。

00006929

少しづつ、気持ちが落ち着いてきて、機能性を確認します。
このシート、ベッドになるんだね。ほんとにすごいや・・・

00006946

さて、いよいよフライトです。窓際であるのも楽しみ。

00006947

メキシコシティまで約7,000マイル。11,265キロの旅の始まり。

00006948

飛び上がると、すぐに目に入る太平洋。

00006949

犬吠崎と九十九里海岸。
10日間、日本とおさらばです。

00006950

鏡のような太平洋。

00006952

よりどりみどりの食前酒

メニューが配られます。

00007060

食前酒の種類は、どれを選んでいいのか迷うほど豊富。

00007057

お酒もよりどりみどりに・・

00006954

食前酒は、カッコつけてブラディマリーを。飲んだこともないのに(笑)

そしたら、すごい辛いのがでてきた。失敗しました・・・

一生懸命レモンをつぶして、味を中和させます。

00006957

空中で飛行機を見るのも久しぶり。

00006958

2杯目の食前酒は、「ANA 本日のワイン。」

今日は、ドラムヘラー カベルネ・ソーヴィニヨン コロンビア・ヴァレーという銘柄でした。

00006959

写真なんか撮ってたら、「あら、気が利きませんでしたね。」と言って、ボトルを持ってきてくれました。

ほんと恐縮です。いったいどうしたら、このような教育ができるんだろう・・

とってもおいしいワインです。

00006960

Resutaurant  Ryuzuの空の上のフルコース

窓の外は、一面の雲海に。

00006961

さて、食事は、和食、洋食どちらにしましょうか・・

00007061

迷った末に洋食をチョイス。

前菜が運ばれてきました。
ここは、ほんとに飛行機の中だよな、って雰囲気です。

00006963

感激しまくりのうちに、メインディッシュが到着。

00006964

飛行機の中で、どう調理してるんだろうと思わせる牛フィレ肉でした。

恥ずかしながらも写真を撮っていると、「いいお写真撮れましたか?」とニッコリ(^^)v

 

お皿を下げる際も、さりげなく「お口にあいましたか?」

「とっても、おいしくいただきました。」顔が紅潮していたと思う・・・

 

そして、デザートです。

00006965

最後にお茶。
「Resutaurant  Ryuzu」の素晴らしい演出でした。

00006966

食事が終わったところで、まだ10時間以上あります。

でも、それが、ありがたい。
こんな快適空間、そうそう味わえるものではありません。

ずっと、乗っていたい気分。
雲海の彼方に、太陽が沈みます。

わが788機は、鉛筆が立つかのごとく、ビクともせずに東に進みます。

00006967

さて、ここらへんで、ウオークマンを取り出して、お気に入りの音楽を聴こうかと、バッグから取り出すと、
充電ケーブル持ってくるの忘れました・・・

なんたる失態・・・

いやあ、ほんとに失敗した~

ウオークマンの充電ケーブルを旅に持ってくるのを忘れたのは初めて。

ご存知の通り、ウオークマンのポートは独自規格。

日本ならば簡単に手に入るSony製品も、メキシコ・キューバで買えるだろうか・・・

ああ・・・音が、音が飛んでいく・・   予想だにもしなかった、音なしの旅になってしまいました。

 

悄然としていると、満面の笑みのCAが、「ブランデーいかがですか?」

落ち込んだ気持ちが晴れます。ほんと、ありがとうございます。

00006968

さて、寝るにはまだ早いですが、シートをベッドにして、くつろぎます。
180°水平の、完璧なベッドが出来上がりました。

こんな超空間で旅したら、もう長距離フライトはビジネスしか乗れなくなるかも(^^)v

00006977

それにしても、ビジネスとはよく言ったもの。

快適すぎて、昨日まで取り組んでいたビジネスがアタマに浮かんでは消えます。

音楽を聴くことのない、久しぶりのシチュエーション。
ボーッと窓外やモニタを眺めます。

 

ところで、読書好きの私も、旅には、あまり本を持っていきません。
せいぜい「地球の歩き方」と地図くらいです。

それが、今回は、ハードカバーの分厚い本を2冊も抱えてきました。

 

佐藤優の「15の夏」上・下巻。

出発の前日、たまたま職場で新聞を広げたら、広告が載っていて、その場でAmazonで注文しちゃいました。

あの「深夜特急」を髣髴させる~  というフレーズで、一目ぼれしてしてしまいました。

 

あの佐藤優氏が、15歳のときに、こんな大冒険をしていたとは・・・

沢木耕太郎氏の「深夜特急」の社会主義国版とでもいえばいいでしょうか。

読み始めてすぐ、私は「すげえな・・」とつぶやいてました。

修飾語としての「すげえな」ではなく、口を勝手について出た言葉。

ドラマ版「白夜行」で、山田孝之が、武田鉄也のメモしてきたノートを読んだときに、ボソッと口をついて出た「すげえな・・」と同じ。(なんのこっちゃ(笑))

 

実際、それは、すごいノンフィクションでした。

でも、私も、これから、社会主義国キューバに行こうとしてるんですよね。

日付変更線の上で、寝っ転がって、一気に読んでしまいました。

00006970

ほんとに、寝っ転がって読めるんだよね。

00006983

ANA788機。
85,000マイルで手に入れた、至極の超空間。

メキシコ・シティ往復のビジネスクラスを、実際にお金で買うと、なんと773,710円!

マイレージという仕組みがなかったら、庶民の私に、この超空間を味わう機会は一生なかったでしょう。

00006969

さて、快適なベッドでぐっすり眠れるかと思いきや、この贅沢な空間を無意識に使ってしまうのはもったいないという貧乏根性が邪魔するのか、2時間程度で目が覚めてしまいます。

写真は撮っていませんが、トイレも設備が行き届いていました。
それなりに広さのある空間に、歯ブラシや化粧水の充実のアメニティ。

トイレから戻ると、待っていたかのように、CAが「ワインとおつまみいかがですか?」

00006971

もう一眠りすると、砂漠の上空。

00006973

太平洋を渡りきりました。アリゾナの砂漠の上です。

00006974

アリゾナの砂漠の上での朝食

メキシコシティまでは、あと3時間。

00006975

朝食が配られます。これまた豪華・・

00006976

忘れられない、楽しい13時間のフライトでした。

85,000マイルで、こんな超空間を体験できるなら、マイル利用はビジネスに限るかな・・

でも、この超空間はビジネスの設備だけではありません。

ANAの客室乗務員の方々の、最高のおもてなしによって創りあげられたエンターテイメント。

さすが、就活人気ナンバーワンの企業だな、と素直に思いました。

00006978

いよいよメキシコです。
ビジネスの超空間で浮ついた気を引き締めないと。

00006979

はじめて見るメキシコシティの街並み。
さすが征服都市。画然とした街。

00006980

メキシコシティに到着 時間のかかる入国審査

15:20定時に到着。ANAさん、ありがとうございました。

また、帰りもお世話になりますね。

 

さて、ほんとに気を引き締めなくてはいけません。

今日の予定は、このままメキシコシティからユカタン半島のメリダという街まで行って、泊まる予定。

乗るべきアエロメヒコ航空のフライトは19:05。3時間半しかありません。

しかも、到着したターミナルはT1。アエロメヒコはT2。
ターミナル間を移動する必要があります。

00006982

予定通りに着いたはいいけど、ターミナル間の移動方法とか、まったく予習せずに来ました。

まずはイミグレです。
メキシコは、アメリカや中国と同じく、通過するだけでも入国させます。
これが、長い・・・

1人1人の審査に、すごく時間を掛けています。

00006985

入国カードの半券を失くしたら罰金だよ、と書いてありますね。
なかなか厳しい。

00006986

ようやく順番が来て、パスポートを差し出すと、まだ余白は十分にあるのに、私の大切なインドと中国のスタンプの上に「ドン」と押されました。

憮然・・・

00006984

とにかく、メキシコ入国完了。海外渡航24カ国目の国はメキシコでした。

今回の旅の本来の目的はキューバですが、今日と明日、明後日はメキシコのユカタン半島を旅します。

 

甘美なビジネスクラスから放たれ、ようやく旅の緊張感が沸きあがってきました。

まずは、アエロメヒコ航空に乗るため、ターミナル2をさがしましょう。

タイトルとURLをコピーしました