ユカタン半島のバス旅 メリダ ⇒ チチェン・イッツア【メキシコ&キューバ旅行記 #8】

日付変更線で1日戻っているとはいえ、日本を出て3日目の朝。

そろそろ、日本での出来事が忘却の彼方に飛ぶ頃です。

実際、今夜の宿泊地カンクンを過ぎ、キューバに渡ったら、wifiがつながることはあてにしないほうがいいでしょう。

今朝は、超快適な目覚め。

昨夜は20時過ぎ、つまり日没後すぐに就寝。そして、今朝は6時おき。

一気に、睡眠不足を取り返しました。

ウオークマンは聴けないですが、さあ、カンクンまでバスの旅に出るぞッ!という気分です。

00007280

メリダ バスターミナルの風景

お世話になったホテルスタッフと握手して、チェックアウト。

「Hotel Casa Del Balam」。

親切なスタッフぞろいで、最高なおもてなしのホテルでした。

昨日も歩いた、バスターミナルまでの道のりを、今度はキャリーバッグを転がして歩きます。

朝食は、バスターミナルで仕入れればいいかな、と思ってましたが、通りかかった角のパン屋さん。
とてもいいにおいがしてきたので、思わず仕入れました。

00007281

さて、昨日チケットを購入した建物はターミナルでもあるんですが、あちらは2等バス専用のターミナル。

1等バス(プリメーラ)は、さらに1本向こうだよと、教えられていたので、迷わずに歩きます。

ちなみに、プリメーラが1等って、初めて知りました。

00007274

ターミナルの中は人の雑踏。

00007282

チチェン・イッツア行きのバスは8:15。
表示ボードに出てなくてちょっと心配になりましたが、まずは腹ごしらえしましょう。

00007283

コンビニでジュースと水を仕入れます。

水は10ペソ。ようやく、メキシコに来て、安い買い物したって気分です。

00007275

おいしいアップルジュース。

00007284

さっき買った焼きたてのパン。ふっくらしておいしかったです。

00007276

さて、いつまでたっても表示が出ないので、一応係員に聞くと、1番ゲートでよし、とのこと。
そうですか。

00007277

鉄道の少ないラテンアメリカ。

バスが公共交通機関の中心です。

00007278

遺跡行きのような人たちも現れはじめました。

00007285

メルセデスのミニバスでチチェン・イッツアへGO!

時間が来て、バスに乗り込みます。メルセデスのミニバスでした。

たしかに、これじゃ、予約してないと席なくなるかも。

00007279

私の席は、運転席の斜め後ろ。前方がよく見える特等席です。

00007286

さすがメルセデス。設備は至れり尽くせり。映画も流れます。

00007287

出発。メリダの街を出ます。

00007288

すぐにフリーウエイに乗って、一路カンクンへ。

00007289

快適なドライブです。

乗客はみんな映画でも見てます。前方の景色を楽しんでるのは私くらい。
ま、いつものことですね。

00007290

スペイン語で出口はSALIDA。もう覚えました。

00007291

フリーウエイだから、自転車も通っていいんだ?

00007292

カンクンまで239キロ。

00007293

ようやく、チチェン・イッツアの文字が現れました。

00007294

あと52キロ。

地図を眺めるのが大好きな私。

ユカタン半島をバスで旅することになるなんてなあ・・・  そんなことを考えてしまいます。

00007295

もう着きますね。

00007297

意外だったのは、町が現れたこと。

チチェン・イッツアって、遺跡の名前だとばかり思ってましたが、町があるんだね。

00007298

その小さい町を通り抜けて遺跡のパーキングに到着です。

時計を見れば10:20。メリダから約2時間で着きました。

忘れずに預けた荷物を受け取り、メインゲートへ向います。

00007299

タイトルとURLをコピーしました