メキシコシティ国際空港 時間のかかる入国&T1からT2へ移動【メキシコ&キューバ旅行記 #2】

いよいよメキシコです。

ビジネスクラスの超空間で浮ついた気を引き締めないと。

00006979

メキシコシティに到着 時間のかかる入国審査

はじめて見るメキシコシティの街並み。

さすが征服都市。画然とした街。

00006980

15:20定時に到着。ANAさん、ありがとうございました。

また、帰りもお世話になりますね。

 

さて、ほんとに気を引き締めなくてはいけません。

今日の予定は、このままメキシコシティからユカタン半島のメリダという街まで行って、泊まる予定。

乗るべきアエロメヒコ航空のフライトは19:05。3時間半しかありません。

しかも、到着したターミナルはT1。アエロメヒコはT2。

ターミナル間を移動する必要があります。

00006982

予定通りに着いたはいいけど、ターミナル間の移動方法とか、まったく予習せずに来ました。

まずはイミグレです。

メキシコは、アメリカや中国と同じく、通過するだけでも入国させます。

これが、長い・・・

1人1人の審査に、すごく時間を掛けています。

00006985

入国カードの半券を失くしたら罰金だよ、と書いてありますね。

なかなか厳しい。

00006986

ようやく順番が来て、パスポートを差し出すと、まだ余白は十分にあるのに、私の大切なインドと中国のスタンプの上に「ドン」と押されました。

憮然・・・

00006984

とにかく、メキシコ入国完了。海外渡航24カ国目の国はメキシコでした。

今回の旅の本来の目的はキューバですが、今日と明日、明後日はメキシコのユカタン半島を旅します。

ATMでメキシコペソの出金

甘美なビジネスクラスから放たれ、ようやく旅の緊張感が沸きあがってきました。

まずは、アエロメヒコ航空に乗るため、ターミナル2をさがしましょう。

なにわともあれ、まずは両替です。両替というより、キャッシング。

またダイナース使えなかった。ATMにマークは貼ってあるのになんでだろ・・・

00007055

1ペソが5.6円ですか・・

現在、米国の利上げ観測で若干円安気味に動いているマーケットも、新興国通貨には、逆に作用しているようです。

メキシコシティ国際空港 T1からT2への移動

メキシコシティ国際空港 到着ロビーの雑踏。

ラテンの国に来た感じがします。ほんと、アルゼンチンを思い出すなあ。

さて、ターミナルを移動しましょう。ANA便が定刻どおりに着いてくれたので、とりあえず余裕があります。

ANAはスターアライアンス、これから乗るアエロメヒコ航空はスカイチーム。したがってターミナルが違います。

00006987

ターミナル2へは連絡するトレインがあると聞いていましたが、インフォメーションの女性に聞くと、「そこの7番ゲートから外に出なさい。」

00006988

言われたとおりに外に出ると、ちょうどターミナル2行きのシャトルバスがやって来ました。

00006990

16ペソ払って乗り込みます。

00006991

メキシコシティ空港のT1とT2はけっこう離れてるんだよね。

00006993

でも、懸念していた、3時間半での乗り継ぎ。無事に完了できそうでよかった。

ただいま現地時間の16時。到着から小1時間でここまで来れました。

日付変更線をまたぐ旅は、ほんとにアタマの中が混乱します。

ところで、ただいまの時期メキシコは夏時間。

愛用のGショックにも夏時間モードがあるはずなんだけど、設定の仕方がわからず、米国ダラス時間に合わせることで事なきをえます。

00006994

ターミナル2までは10分ほど。

00006995

よかった。これで一安心。

00006996

アエロメヒコ航空のオートチェックイン

まずは、チェックインしておきましょう。

アエロメヒコ航空は、メキシコの主要な航空会社。日本との直行便も就航させています。

00007008

なので、チェックイン設備も完璧。

オートマシンがいたるところにあり、簡単にチェックイン完了。

席も選べて、日本語モードもある、親切な機械でした。

00006998

発券されてきたチケット。今日中にメリダまで行ってしまう強行軍です。

00006999

チケットのメリダの文字を見ているうちに、だんだん、旅心地がわいてきましたよ。

タイトルとURLをコピーしました