エキゾチックな世界遺産 ハバナ旧市街をひたすら歩く【メキシコ&キューバ旅行記 #15】

シャワーを浴びて、ベッドに寝っ転がって、コーラを飲んで体力を回復させたところで、本格的に旧市街に繰り出します。

シャワーの水圧が、ほとんど水滴・・・  そりゃないよ

00007632

灼熱のハバナ旧市街

まずは、旧市街の入り口、セントラル公園の方に向かってみます。
アプリmaps meを見ながら歩きます。

00007633

おいしそうなパン屋さん。

00007634

カッコいいタクシー。

00007636

ほんとmaps meがないと、迷子になりそう。
東洋人の私には、どれもこれも同じ通りに見えるんです。

00007637

だんだん、歩いている人も多くなってきました。
間違いなく中心部に向ってますね。

00007638

キューバは社会主義国。
何かの配給所かなと思いましたが、Cafeと書いてあります。

00007639

まだ左手に海が見えますね。
このあたりで、右手に曲がってみます。

00007640

すると、公園っぽい場所が現れました。

00007641

暑いので、みなさん日陰で思い思いに。
でも、ここは、まだセントラル公園ではないようです。

00007643

なんか、キューバの人、オシャレな人が多いよな。
ラテン系って、やっぱりそういうセンスは強い?

00007645

向こうから人がいっぱい歩いてくる。

00007648

ここは何だろう?ピザ屋さん?

00007649

それにしても暑い・・・
たぶん35度前後。それ以上に日差しが強すぎる・・

00007650

ここは、ピザ屋さんだね、書いてあるし。

00007651

ここは、アイスクリーム屋さん。行列ができています。

00007652

このへんで、さらに右に曲がってみました。
とたんに、ゴーストタウンのようになります。

00007654

まあ治安は悪くはなさそうなので、大丈夫でしょうけど。

00007655

あの建物はカピトリオ、旧国会議事堂ですね。ようやく中心に来たなって感じです。

建築は1929年、世界恐慌の年ですか。
現在は修復中で、入れません。

00007656

セントラル公園の風景

大通りに出ました。
オープントップバスが、観光客を待っています。

00007658

セントラル公園の前に建つ、アリシア・アロンソ・ハバナ大劇場。
キューバ・クラシック・バレエの本部。建立は1838年。すごいです。

00007660

そしてセントラル公園の中心に立つのが、ホセ・マルティの像。
生涯を、キューバの解放運動に捧げた英雄です。

00007663

日中の日差しは、想像以上に強く、セントラル公園の木陰は、市民の絶好の休憩所となっているようです。

00007670

観光客は、強い日差しなどおかまいなしに、記念撮影。

00007664

これは壮観だ。

00007665

00007673

クラシックカーも観光資源のようです。
まるでモーターショーだな。

00007675

ホセ・マルティと書いてありますね。

00007672

大劇場の反対側にあるのは、国立美術館。

00007668

このあたりは、観光客と市民が交錯しています。

00007671

日本人の私には、観光客か、地元民なのか区別がつきにくい。

00007676

00007677

こちらは、ホセ・マルティ像より、少し東にある像。誰だろ・・

00007680

00007684

その像の裏側から、セントラル公園のほうを眺めます。

00007686

これは、オビスポ通り。
旧市街のメインストリートとのことですが、そろそろお腹がすいてきました。

カンクンの空港で、あんなに大きなオムレツを食べたといっても、午前6時のこと。
十分にお腹はすいてます。

00007687

ハバナにあった日本食堂

「~歩き方」に、このへんに日本食堂があると書いてあるので、行ってみました。
ハバナで日本食? いや、ハバナだからこそ、体験してみたい。

00007688

でも、まずはビール。暑さには勝てません。

00007689

ウラにはいるのかもしれませんが、でてきたスタッフは、みんな現地の人でした。

00007691

歩き回って、相当カロリーを消費しているはずなので、カツ丼を注文。
なかなかイケました(^^)v

ちなみに、値段は、ビールとカツ丼で8CUC(880円)。
やっぱり、なんか高いような・・

00007692

西経82度にある日本食堂でした。

00007693

旧市街のメインストリート オビスポ通り

満腹したところで、再びオビスポ通りの散歩を開始。

00007695

旧市街のメインストリートなのかもしれないけど、観光客向けのお店がいっぱい並んでいるだけ、かな?

00007694

これはSODA屋さん。暑いもんね。

00007696

どんどん東に進みます。

00007697

キューバでは、どんな雑誌が売られてるんでしょうか。

00007698

ビールも売っているようです。
ふつうに買うと、いくらくらいなんだろう???

もし、ビール1本3CUC(330円)もするようなら、両替してきたおカネ、全然足りません(笑)

あの、35.00って、単位は市民用のキューバペソ??

さっぱり、わからない・・・

00007700

革命家エルネスト・チェ・ゲバラですね。
アルゼンチンで生まれた、旅する革命家と呼ばれた、カリスマだそうです。

00007702

コロニアル都市なので、直角に交わる交差点ごとに、通りの名称が刻まれています。

00007703

00007704

アートな街ですね。

00007705

水を一本。1CUC。やっぱり高いだろ。というより、いつのまにかボラれてるのかな?

00007706

あの向こうに見える教会がカテドラルですね。

00007707

このあたりは民芸品店が並びます。

00007708

00007710

カテドラル広場に到着。暑さも最高潮!

00007713

こんな大きな建物を、1704年に建立したとのこと。

00007715

カテドラルまで来ると、旧市街もかなり端っこのほう。運河にも近い位置となります。

00007718

いろんな方の像。

00007719

クラシックカーの列も相変わらず。

00007721

運河に出ました。
運河の向こうに見えるのは、カバーニャ要塞。

00007722

おや、便利そうな乗り物。

00007723

ハバナにある支倉常長の像

出ましたねえ。支倉常長の像。

00007725

偶然の出会いではなく、しっかり「~歩き方」で情報収集してきました。
仙台まで11,850キロ。私にとっては、当時地球半周の旅をした英雄です。

00007726

仙台市民、というより宮城県民の英雄でもある支倉常長。

00007727

様々な交流もありそうですね。

00007729

00007730

日本の国旗が、他国の国旗と並べられてるシーンは感動します。

00007731

彼がこの地を踏んだのは1611年。
コロンブスが到着したのは1492年。その差、なんと119年しかありません。

驚くべきことだと思います。

00007732

彼を送り出した、伊達政宗にも拍手!

00007733

カサブランカ地区のモロ要塞を扇子で指していますが、目的地のローマを指しているそうです。
カッコいい・・・   飛行機のない時代ですよ。震えます・・・(笑)

00007736

日本人も、大いに誇れる文化があるわけですから、もっともっと、海外にアピールしていただきたいですね。

00007737

潮風に吹かれる、支倉常長の像でした。

00007738

タイトルとURLをコピーしました