【キューバ】6日目(その2) サンタ・クララ ~ 一路ハバナへ

バスが発車すると同時に、ツアー客は一斉にシエスタに。

無理もない。3時間のトレッキングは、けっこうな強行軍ではありました。

00008242

サンタ・クララまでのワインディングロード

相変わらず、目を開けて、外を眺めてるのは私だけ。
サンタ・クララまでは、58キロとのこと。

00008243

サンタ・クララまでの道中は、意外と悪路。

00008244

観光用ではなく、日常生活ですね。
帽子の形なんかカッコいい。

00008245

町か村の名前?

00008246

今、私はキューバの山奥をバスで旅してる・・・
実感があまりわかず、ピンとこない・・

00008247

でも、窓の外は、間違いなく亜熱帯そのもの。

00008249

これは可愛い。

00008250

タイムテーブルのないバスストップで、手を上げる親子連れ。

00008251

乗せてあげました。臨機応変な対応、さすがだね・・・

00008253

00008255

バスは、ツアー客と、飛び入りの親子連れを乗せて、のんびり走ります。

00008257

そういえば、アジアの某国なんかと比べると、運転マナーは格段にいいです。
みんな安全運転だし。

00008259

親子が降りていきました。

00008261

これがこの家族の家かな。

寝静まったバスの中の感動劇でした。
バスの運転手とガイドさんの神対応に、心から感動してしまいました・・

00008262

大自然の中をバスはひたすら進みます。

00008264

現れる村とカウボーイたち。

00008265

曲がりくねった悪路に、運転手の巧みなハンドルさばきとシフトさばき。

00008267

道が、ところどころ陥没してるもんですから、運転手はほんとに気を抜けません。

00008268

00008269

また、どこかの村を通過。

00008271

これが、キューバの人たちのふつうの暮らし。
工事で働いてる人は公務員なんだろうか?

00008272

00008273

こんな名もない村にも、観光客がいるみたいです。

00008274

また郊外に出ます。

00008275

00008276

フリーウエイが見えました。もうすぐサンタ・クララですね。

00008277

00008278

小さい町のようです。

00008281

サンタ・クララの「チェ・ゲバラ霊廟」

サンタ・クララでは、「チェ・ゲバラ霊廟」に立ち寄るのみ。
少しは町を歩けると期待していた、私はガックリです・・・(笑)

00008324

内部は一切撮影禁止の霊廟の中をひと通り見学。
ゲバラの遺骨が納められているとのこと。中は、物々しい警備でした。

00008326

私は、町歩きの方がよかったなあ・・・
でも、キューバの大地をドライブしてるって考えれば、悪くはない。

00008325

サンタ・クララの町を出ます。

00008279

フリーウエイで一路ハバナへ

フリーウエイに乗りました。ハバナまで255キロ。4時間くらいかな。
ただいま17時。到着は21時ごろでしょう。

00008284

おっ、めずらしい、トヨタ車発見!

00008285

単調だけど、楽しいドライブ。

00008287

00008288

突然スコールがやってくるし。

00008289

前方のモニタが「YMCA」になりました。
起きだしてきたツアー客たちが、歌う、踊る。

00008290

ハバナとの中間地点で、軽食休憩。

00008294

ガイドさんも大変だよな。

00008293

サービスエリアで酒が飲めるなんて、日本では考えられないが・・・

00008295

00008298

ちょっと外を散歩。

00008296

ハバナ方面に向うクルマたち。
いいなあ・・・  こういう雰囲気大好きです。

00008297

なんだ?あのトラック、友達?

00008300

再び、フリーウエイを西へ。

00008301

西の空が染まってきました。

00008302

これは美しい・・・

00008303

時刻は20時半。ハバナまで25キロ。もう一息だね。

00008304

ツアーの終わりを彩ってくれた夕焼けに感謝(^^)v

00008305

昨日の、シエンフエゴス、トリニダー巡り、本日のトレッキング、サンタ・クララ立ち寄りと、欲張ったツアーも無事に終了しました。

各街の滞在時間が少し短かったなど、若干の不満はありましたが、弾丸日程で、これだけのスケジュールをこなしていくには、現地ツアーへのジョインは有効な手段です。

それに、キューバの山奥のトレッキングなんて、そうそう経験できることではないし・・・

しかし、さすがに疲れました。

5つ星ホテル「Hotel Nacional de Cuba」

00008306

これは、今夜の宿泊ホテル、「Hotel Nacional de Cuba」。

00008316

キューバの旅の終わりを、格式高い5つ星ホテルで締めてみることにしました。
列強国時代の白人の扱いをされるかな、なんて勝手に考えてましたが、そんなことはありません(笑)

それどころか、チェックインの列が全く進みません。

00008331

もう22時を過ぎました。30分以上並んでいます。やっぱり、社会主義国だから??

00008330

文句を言っても仕方ありません。
エレベータはしっかりした造りです。
そういえば、キューバに来てから、はじめて乗るエレベータ。

2日前のハバナも、昨夜のリゾートホテルも、エレベータはありませんでした。

00008317

なんかカッコいいエレベータの内部。

00008315

久しぶりに泊まる高級ホテル。マカオのリスボア以来だろうか。

00008309

00008310

これはくつろげそうだ・・・

00008307

アメニティもたくさん揃ってます。

00008312

ミニバーもどっさり。
こんなに充実したミニバーは久しぶり。

00008311

しかし、値段は、それ以上でした・・・

00008313

ツアーの2日間は、充実の2日間でしたが、さすがに今日は疲れました。

明日でキューバは終わり。いったん、メキシコに戻ります。

タイトルとURLをコピーしました