カバー遺跡 雨の神チャックが並ぶ神殿&ツアーのランチ【メキシコ&キューバ旅行記 #6】

ユカタン半島の地図。

今、私は日本の裏側にいるんだよね。

00007199

ウシュマル遺跡にさようなら。

00007200

ウシュマルの姉妹都市「カバー遺跡」

さて、続いては、カバー遺跡。

ウシュマル遺跡の東南22キロに位置する、比較的小さな遺跡。

00007201

ウシュマル遺跡から、バスで30分ほど。

当初、訪れる予定はありませんでしたが、ツアーに組み込まれていたので、来ることができました。

00007202

遺跡もそうだけど、足元に広がる草の色の見事なこと。

00007203

マツダスタジアムの芝生のようです(何のこっちゃ?)

00007204

ここカバーは、ウシュマルの衛星都市だったと考えられています。

00007205

さっそく散策。
それにしても、欧米人の体力には舌を巻きます。

日本人の私も負けていられません。

00007206

雨の神チャックの顔が並ぶ神殿

仮面の神殿(コズ・ポープ)です。

00007207

こちらも、ウシュマル遺跡と同様にブーク様式とのことですが、雨神チャックの顔がいっぱい並んでいます。

00007217

この下に転がってるのも雨神チャックなのかな。

00007208

それにしても、こんなに放置してしまっていいんでしょうか。

00007210

これじゃ、触り放題、盗み?放題じゃない?

00007212

女の子たちは、この顔を見て何を思うんだろう?

00007213

00007214

00007216

おっと、先行組みが引き上げていってます。
仮面の神殿で時間を使いすぎました。

00007218

すごい炎天下。北回帰線のほぼ真上。そして、時は7月8日。

太陽が真上から照らし、影がほとんどありません。

00007219

00007220

こちらが宮殿。

00007221

この柱について、ガイドさんが一生懸命説明していました。

00007222

そのときは、まったく聞き取れなかったんですが、一説によると、男根信仰とか・・

00007223

宮殿の上に登り、遺跡全体を見渡します。

ジャングルに囲まれてるんですね。

00007224

暑いけど気持ちいい。

00007225

鬱蒼たるジャングルの中に、ほんとに忽然と遺跡があるんですね。
なんともミステリアスなマヤ文明でした。

00007226

では、男根にもお別れ。さようなら・・

00007227

ロードサイドで遅いランチ

さすがに、一同疲労困憊です。

ようやく、おそいランチにありつきます。

00007228

さて、どんなメニューがあるのかな。

00007229

お酒も飲めそう。何がいいかな。

00007231

そりゃ、ビールに決まってるでしょ。
こんだけ汗かいたんだから(笑)

00007232

でも、同士は少なし。
あんまりお行儀の悪いところを見せるわけにはいきませんね。こっそり飲みます。

00007233

メニューを見てもわからないので、いつも通り「おすすめ」をオーダー。
でてきた野菜スープ。旨い!

00007234

そしてポークでした。格別ではなかったけど、量的にはちょうどよかった。

00007235

そしてデザート。

00007236

これで、ツアーも終わり。600ペソなら十分お釣りの来る、充実のツアーでした。

さあ、メリダの街に向かいましょう。

00007237

タイトルとURLをコピーしました