【スウェーデン】1日目 ANAビジネスクラス搭乗記(成田 ⇒ デリー)

北欧をめぐる10泊11日の旅。最初のターゲット国はスウェーデンです。

スウェーデンに向かうのに行き先がデリーというのは、まるで一昔前の南回りヨーロッパ線のようですが、これはデリー往復のビジネスクラス特典航空券(帰りはプレミアムエコノミー)が手に入ったから。

ビジネスクラス搭乗は、昨年のメキシコシティ往復以来になりますが、あのときの超感覚はとても忘れられません(庶民はそう思います笑)

今回の旅は、旅の冒頭のビジネスクラス搭乗にはじまり、白夜の北欧をめぐり、ヨーロッパ最北端のノールカップを訪れ、計5カ国に立ち寄るという贅沢感覚な弾丸旅行。

数日前から頬が緩みっぱなしのまま、旅立ちの日を迎え、成田空港に向かって出発です。

デリーへのフライトスケジュール

 日付航空会社便名フライト
往き8/2(金)ANANH827成田17:55 ⇒ デリー23:45
帰り8/12(日)ANANH828デリー1:10 ⇒ 成田12:55

このフライトのビジネスクラス特典航空券をゲットするのに、1年前の予約開始から仕掛けましたが、やはり盆前の繁忙期でもあって、他の路線は瞬間蒸発のように満席。

かろうじて、デリー往復のビジネスが予約でき、それも帰りはアシアナ航空ソウル経由というもの。ところが、そのアシアナ航空が欠航したおかげで、ANAのオペレータさんのおかげで、帰りもANA直行便に変更、それもプレミアムエコノミーというおまけつきでした。

 

フライトが成田を17:55発なので、会社を2時間ばかり早く退社させてもらい、成田空港第一ターミナルへ急ぎます。

フライトボードに並ぶ世界各国の地名が旅愁をさそいます。

オンラインチェックインは済んでますが、バゲージドロップのためカウンターへ。

チェックイン済みのスマホを差し出すと、チケットを発券してくれました。

やっぱり、ただの感熱紙でないチケットは、航空券という感じがしますね。前回のメキシコ行きでは「5A」を選んだので、今回は反対側の「5K」をチョイス。

うまくいけば、暮れなずむ富士山が見えるかもしれないという目算もあります。

盆休みにはまだ早い成田空港は、ガラガラでした。なので保安検査場のビジネスの優先通路を通るまでもなく、あっさりセキュリティエリアへ。とたんに目に飛び込んでくるANA機の大群。

成田空港 ANAラウンジでのひととき

若干時間があるので、ANAラウンジで時間をつぶしましょう。ANAラウンジは、ゲート52付近にあります。デリー行きは、ゲート57なのでちょうどいい。

去年も来たANAラウンジ。

去年来たときは超満員だったと思いましたが、今日はガラガラです。

豪華な機内食が待ってるでしょうから、眺めるだけ。

ソファに座ってくつろぎます。

それにしても今日は暑かった。梅雨明けとともに猛暑に襲われている日本。日本でも38度や40度が当たり前になれば、それこそデリーとなんら変わりません(笑)

ANAラウンジの窓から、滑走路を行き交うANA機を眺めます。

ここでまた旅立ちの気分が湧き立ちますが、私は北極圏を旅するのに、デリーに向かっている不思議な気分。

ボーディングが迫り、57Bゲートへ。

そこには、大勢のインド人がたむろするローカル色満点な光景がありました。

ビジネスですから優先搭乗、と思いきや、その前に車椅子のインド人旅行者を優先搭乗。その数、なんと10人以上。グランドスタッフもてんてこ舞いです。

デリー行きNH827便のビジネスクラスキャビン

さて、我々ビジネス搭乗客にも順番が来ましたよ。

1年ぶりに対面するビジネスのキャビン。いやあ、懐かしい・・・

前回のメキシコのときは、座って右側にテーブルだったけど、今回は逆だね。

前回の「5A」とは左右対称な「5K」。

ん? でも、なぜか、右サイドのすぐそばに窓がない。前かがみにならないと、外を見ることができません。

「5A」のときはそんなことはなかったのに、と思って調べてみたら、前回のメキシコシティも今回のデリーも同じ788機なんだけど、1~5席はA側の席だけ、微妙に前に出ているんだね。

完全左右対称と思っていたら違っていたようです。

でもまあ、デリーまではほぼ夜間飛行だからよしとします。

機内はほぼ満席の模様。エコノミーのほうはどうかわからないけど。

ちなみに、成田~デリーをビジネスクラスで往復すると、538,700円要します。この中で、現金で払って乗ってる人って誰だろ?

私のような庶民は、自腹では絶対にビジネスなんぞ乗れません。

ちなみに、必要マイル数は63,000マイルですから、1マイルあたり8.5円分の価値ということですね。このコストパフォーマンス。マイラーの冥利ここにあり、って気分です!(^^)!

 

ほどなくして、満面の笑みをたたえたCAが登場。

「○○さま、お待ちしておりました。食前酒はいかがですか?」

名前で呼ばれるのも、去年と同じ。こんなVIPな扱いをされるのは日常生活ではまずありえないので、勝手に舞い上がっています。

去年はオレンジジュースにしましたが、今回はシャンパンを。

デリーまでの飛行ルート。これをみると、ヒマラヤを越えるように見えるけど、おそらく南回りでアプローチするでしょう。

 

機体が動き出しました。ビジネスの旅、北極圏に向けての旅に乾杯です。

毎度おなじみな、歌舞伎風の機内安全ビデオ。

空港の縁の下の力持ち、マーシャラーが手を振って見送ってくれます。こちらも手を振りますが、見えるかな・・

成田の空に舞い上がりました。

デリーまで、6,600km以上の空の旅です。

しばらくして、おおーッ、富士山が見えました。

k席で正解でした。思惑通り。まずは幸先のいい旅立ちです。

富士山が後方に去ってしばらくして、

メニューが配られました。

空の上のANAの機内食「THE CONNOISSEURS」

CAの方が、一生懸命オーダーをとっています。

 

ここはひとつ、「イチローズモルト ダブルディスティラリーズ」といきますか。

そして、ディナーは洋食を選びました。

ウイスキーはロックをオーダーすると、すかさず「チェイサーはいかがいたしますか?」。 

 

窓の外は、ANA機に追いかけられながらも、西に太陽が沈んでいきます。

夕日を見ながら、ウイスキーで再度乾杯。

おつまみとともにするウイスキーは最高!

ワインもオーダーしておきましょう。「本日のワイン」はチリ産だそうです。では、それで。

ANA機が瀬戸内海を渡りきる頃、

前菜がでてきました。

チリ産の赤ワインも。 

おいしくいただいているところに、メインディッシュが。

去年と同じような感じかな。柔らかく煮付けた茄子の上に、牛肉がのっています。これは、美味しいわ・・・  赤ワインともよく合います。

調子に乗って、赤ワインを何杯もおかわり!

 

そして、最後にフルーツ。

ANAの機内食「THE CONNOISSEURS(ザ・コノシュアーズ)」の見事な演出でした。

 

さて、この時点でデリー時間で19時(日本時間で22時半)。到着まで5時間足らずなので、よく眠っておきましょう。

キャビンは映画をみている人がほとんど。

ベッドをセットします。180度水平になるシート。

美味しい料理を食べて、美味しいお酒を飲んで、それでフルフラットなシートで寝られる。

地球上に、こんな贅沢ってあるの?と、思ってしまいます(笑)

北欧3カ国ぐるり一人旅 全行程

今回の旅は、特典航空券の利用とあって、いったんデリーに飛んでいますが、最終目的地は北欧3カ国。

このANA機でデリーに到着したら、まずはエミレーツ航空で、ドバイ経由でストックホルムに飛びます。

ストックホルムを訪れるのはもちろん初めてで、滞在時間は1日しかありません。

眠る前に、全行程をもう一度頭に入れ、「地球の歩き方」を開いて予習しておきます。

日付

午前

午後宿泊地

8/2(金)

 

成田17:55 ⇒ デリー23:45

ビジネスクラス!

機内

8/3(土)

デリー4:15 ⇒ ドバイ6:20

ドバイ8:40 ⇒

【スウェーデン】

ストックホルム13:10着

ストックホルム

8/4(日)

ストックホルム観光

ストックホルム16:12発

(寝台列車)

列車内

8/5(月)

【ノルウェイ】

列車内

ナルビク12:54着

ナルビク ⇒ トロムソ

トロムソ

8/6(火)

トロムソ6:00発

アルタ6:40着

レンタカーでノールカップへアルタ

8/7(水)

アルタ7:35発

トロムソ8:10着

トロムソ観光トロムソ

8/8(木)

トロムソ7:25発

(バス)

【フィンランド】

ロバニエミ17:35着

ロバニエミ21:15発

(寝台列車)

列車内

8/9(金)

ヘルシンキ9:14着

【エストニア】

ヘルシンキ⇔タリン 往復(船)

ヘルシンキ

8/10(土)

ヘルシンキ観光

ヘルシンキ観光

夜 空港へ

機内

8/11(日)

ヘルシンキ0:10発

ドバイ7:40着

【アラブ首長国連邦】

ドバイ観光

ドバイ15:25 ⇒ デリー20:20

機内

8/12(月)

デリー1:10発

プレミアムエコノミー!

成田12:55着

 

スケジュールを予習しているうちに、眠くなって、一気に落ちました(笑)

ついさっきまで仕事してたし、今は美味しいお酒をいっぱい飲んで、無理もないです。

 

そして、目が覚めると、デリーまで2時間の地点。

やっぱり、ヒマラヤ山脈は越えないよね。

小腹がすいたので、ラーメンをオーダー。これがまた、コクのあるこってりとした美味しいラーメンでした。

 

デリーの街の灯りが見えてきました。

ワインを何杯もいただいたのに、酔った感じがしないのは気のせいかな

これで、今回の旅の前奏曲、ANAビジネスクラスの宴は終了です。

メキシコのときの距離の半分なので、若干乗り足りない気分だけど、精一杯もてなしてくれたCAの方々には感謝です。

ちなみに、メニューを回収に来たので、「記念にもらえませんか?」とお願いすると、残念ながら却下されました(笑)

まあ、これはルールなんでしょうから仕方ないですね。

タイトルとURLをコピーしました