壱岐・印通寺「割烹旅館 網元」で堪能する壱岐牛&懐石料理【壱岐一人旅 #1】

さて、対馬から壱岐に渡ってきました。

今日の昼過ぎまでは、対馬の小茂田浜にいたので、なんとなく信じられない気分ですが、同じ島でも、対馬とは格段に小さい壱岐です。

そして、今夜宿泊する「割烹旅館 網元」から壱岐の旅ははじまります。

印通寺港に面した「割烹旅館 網元」

今夜お世話になる「割烹旅館 網元」。

立地がよく、料理もおいしい旅館として、グーグルや楽天トラベルでも評判のよい宿。

ふれこみのとおり、印通寺(いんどうじ)港の目の前です。

あの奥にみえる建物がターミナルかな。

私の名前が書いてあってこそばゆい気分。あとの2組は家族連れのようでした。

チェックインして、部屋に上がります。

やっぱり、日本の旅は、たたみの旅館がいいよね。

たたみの香りに包まれる、懐かしい感覚。

部屋の窓からは、印通寺港を見下ろせる眺望。

これは、ゆっくりとくつろげます。

たたみの上に寝そべり、今日一日、朝から対馬をドライブして、その日のうちにフェリーで壱岐に渡ってきた身体をいたわります。

壱岐牛という壱岐特産の和牛と懐石料理が供される「割烹旅館 網元」。

今回の旅で、唯一の贅沢です。

食事のはじまる19時まで、大浴場にいってましょうか。

玄界灘を臨める展望風呂

「旅館 網元」の自慢のひとつが、玄界灘を臨める展望風呂。

先客は脱衣所にじいさまが一人。

「おや、お若いお兄さん。サーフィンでもやりに来たのかな?」

この時期に観光に来る人などなく、釣り人かサーファーくらいなのだそうだ。

それにしても、「お若いお兄さん」とは・・

外国ではかなり若く見られるけど、ようするに子供に見えるんだろうな(^^)

じいさまが出ていったので、展望風呂を独占。

ほんとだ。印通寺港だけでなく、玄界灘まで見渡せます。

温泉ではないようですが、入浴は身体が温まり、そして疲れもとれますね。

ふだんはシャワー派の私です。

英語の前にハングル語。韓国人が、このような日本旅館に泊まる姿が、なんか想像できない。

幻の和牛「壱岐牛」&海の幸の懐石料理

では、待ちに待った夕食です。前菜からして期待度大です。

手前のは、あわびかな。肉厚なので、わからないw

きれいな若女将さんが料理を運んでくれます。

そこの玄界灘でとれたものばかりとのこと。

お品書きがないので忘れてしまったのですが、女将さんが「寒ブリ、ハマチ・・」と一つ一つ教えてくれます。

飲み物をたずねられ、おすすめを聞くと、やはりここは九州、焼酎でした。

とてもかるく、水を飲んでいるといったら大げさですが、こんな口当たりの焼酎なんて、飲んだことないです。(自宅では洋酒専門なのでw)

九州の焼酎といえばいもを連想しますが、これは麦。

壱岐は、麦焼酎発祥の地のようです。

さて、眺めてるだけでなく、いただきましょう。

ご飯は「壱岐米」です。

美味しいので、なんどもおかわり。

ご飯がすすんだところで、運ばれてきた(たしか)スズキ。

身がプリプリで、猫マタギになるまでいただきました。

ボリュームたっぷりの鍋物もあります。

これは、なんだったけ? 芋雑炊ふうの食感でした。

旅館のHPによると、壱岐は「自給自足できる島」として名を馳せているそうだ。

これだけ、ふんだんに海の幸、山の幸が提供されてくると、掛け値なしかもしれない。

 

そこへ運ばれてきた「壱岐牛」。私がコース料理として選んだメニューです。

この「壱岐牛」は、なんと年間900頭しか出荷されない。幻の和牛とのこと。

壱岐の牛は、潮風を受ける海のミネラルを含んだ牧草を食べて育つので、肉質がとても柔らかいのが特徴。

たしかに、箸でつまんだだけでも柔らかさがわかる弾力です。

焼き過ぎないようにじっと見つめるので、箸がとまります(^^)

そして、タレにつけて食べます。たしかに、かむヒマを与えないほど、柔らかく、そして弾力もある牛肉でした。

美味しい和牛で満足してると、まだまだ運ばれてきます。

あげたての天ぷらです。

そして、おそば。

最後にデザート。いちごにシャーベット。

ごちそうさまでした。前評判通りの「壱岐牛」&懐石料理でした。

ちなみに、1泊2食で税込み17,600円。格安じゃないでしょうか。

3,000円の壱岐の焼酎を別オーダーしてますが、楽天ポイントを5,000P使ってますので、自分へのご褒美です。

もう一度展望風呂に入って、部屋に戻ると、布団が敷いてありました。

湯上りに焼酎の残りをいただきながら、明日の行動を練ってると、幸福感がこみ上げてきます。

充実の和懐石朝食

一夜明けて、またまた楽しみな朝食。

女将さんが、「壱岐名物のとうふなんですよ」と教えてくれました。

アジのみりん干しの焼きたて。また「猫マタギ」にしちゃいました。

満腹して、ロビーでレンタカー屋さんが来るまでくつろぎます。

そして、食後の散歩。海からの潮風が心地よいです。

「割烹旅館 網元」。

今回の旅で、一点ぜいたくをしたくて盛り込みましたが、大当たりでした。

料理も大満足でしたが、部屋も、お風呂も、そして親切な若女将さんも、すべてが旅人をもてなしてくれました。

壱岐で泊まるなら、「割烹旅館 網元」おススメです。

「割烹旅館 網元」のHPはこちらです。

【公式】旅館 網元 – 壱岐を満喫する安らぎの旅館
壱岐を満喫する安らぎの旅館
タイトルとURLをコピーしました