Peachで行く蘇州・南京 週末弾丸一人旅の費用などのまとめ

会社を休まず、週末だけで、2,500年の歴史に彩られた中国の蘇州・南京という、江蘇省の街を歩いてきました。

中国というと、おそらく賛否両論がわかれるのでしょうが、私は歴史深い中国の街を歩くのは大好きです。

それに、LCCが何本も上海に向けて就航してるので、非常に行きやすい。

そんな蘇州・南京週末弾丸紀行をまとめてみましたので、同方面への旅を企画されている方がいらっしゃいましたら、ぜひ参考にしてみてください。

蘇州・南京 週末弾丸旅行 全行程

週末2日間だけなので、全行程と言うほどのものではありませんが、時系列にリンクを貼ってありますので、読みたいところからどうぞ。(時期は2018年4月です)

上海往復に利用したフライトは、ANA系のLCC Peachです。

Peachの上海往復フライトスケジュール

 航空会社便名フライト

往き

PeachMM899

羽田2:50 ⇒ 上海5:05

帰り

PeachMM898

上海1:05 ⇒ 羽田5:00

見ての通り、Peachの上海往復フライトスケジュールは完璧。

羽田に5時着ならば、首都圏在住の方なら、そのまま出勤できてしまうのではないでしょうか。

Peachを使った弾丸旅行は、こちらも参考にしてください。

旅費・ホテル代など

さて、旅費はいくらでしょうか。計算してみました。(2018年4月のレートで計算)

用途

利用区間など

費用

飛行機

(Peach)

羽田 ⇒ 上海(往復)

22,500円

バス

上海浦東空港 ⇒ 蘇州駅前

1,300円
列車

蘇州 ⇒ 南京南(1等)

2,600円
列車

南京 ⇒ 上海(特等)

4,200円
ホテル

蘇州:ソウルホテル

5,000円

しめて、合計35,600円です。中国の列車は比較的安いので、私はいつも1等などを利用しますが、2等座席なら、半額くらいになります。

今回の旅は、食費や施設の入場料などまで合わせると、4万5千円くらいでしたが、列車や食べ物を節約すれば、3万円台の旅行も可能だったはずです。

ちなみに、チケットの予約は、航空券はPeachのHP、列車はtrip.comで行っています。

まとめ

中国には、歴史ある町が多く、手軽にアクセスできるので、週末を利用した弾丸旅行はとてもおススメだと思います。

Peachの上海便を使えば、週末の丸2日間ずっと中国側にいられるし、高速鉄道が発達しているので、上海から、今回行った蘇州、南京のほか、杭州、無錫、鎮江、揚州などの歴史ある町にも、短時間で移動できます。

高速鉄道のチケットは、trip.comのアプリで簡単に予約できるので、空港やホテルのwifiを使って、その日になってからでも予約ができます。日本国内を旅行するより便利なのではないでしょうか。

予算5万円レベルで行ってくることができる上海近辺の週末弾丸旅行。

治安もいいし、食事もおいしい。中国が嫌いな人もいっぱいいいるかもしれませんが、もったいない。

これからも、どんどんトライする予定です。

タイトルとURLをコピーしました