蘇州街歩き 平江路歴史街区の水路散策【蘇州・南京旅行記 #3】

蘇州は、中国においても、かなり歴史の古い街として知られています。

そのはじまりは、紀元前514年。

春秋時代の呉国の王がここに城壁を築いてからというので、なんと2,500年もの歴史。

運河に囲まれていることで、近年では東洋のベニスなどとも呼ばれているようですが、実は、蘇州を訪れるのは2度目。

前回は会社の研修旅行で、1997年に訪れました。

美しい庭園をいくつか見て回った記憶はあるのですが、ほとんど忘れてます(笑)。

なので、新鮮な目で、蘇州のいくつかの世界遺産を巡って見ようと思います。

2,500年の歴史 蘇州の街

ただいま12時。

Peachが3時間遅れたので、蘇州見物の時間も3時間削られてしまいました。

が、そもそも蘇州は1日ぐらいですべてを見て回れるスケールではありません。

今回は、無理せず、ホテル周辺の歩いて回れる場所をピックアップして、のんびり散策です。

観前街

00004521

これは、ホテルでもらった蘇州の地図。

「ホテルソウル」は、繁華街の「観前街」に位置しているので、散策には絶好のロケーションです。

ホテルを出ると、となりにホテル系列のバーがありました。

夕食は、ここで済まそうかな・・

00004409

観前街に向って歩きます。やっぱり、少し寒い。

00004408

おお、ここが蘇州の観前街ですか。

観前街をカメラを提げて歩いていると、「ロレックスの偽物あるよ~」などと寄ってくる輩が出現しますが無視。

00004410

玄妙観

観前街は、いうなればただの繁華街。

これを東に歩いていって、まずは平江歴史街区の運河でも見てみましょう。

その途中に、玄妙観というのがあるので、寄ってみました。

00004415

道教のお寺だそうです。

道教とは、中国三大宗教(儒教・仏教・道教)のひとつ。

00004416

道化ともいうらしいですが、いかにも春秋時代ですね。

00004417

向こう側の建物は、玄妙観三清殿。

拝観料が必要なので割愛しましたが、南宋時代の建物ということで、かなり古いです。

00004412

00004413

一回りして外へ。入り口に、中国では、もはやどこにでもあるマックが構えてました。

00004414

そして、観前街を東へ歩くと、ストリートの終点。

00004519

さっそく水路が目に入りますが、平江路歴史街区は、もう少し先。

00004421

世界遺産 平江路歴史街区の水路

ここですね。この水路沿いが平江路歴史街区。

00004423

世界遺産にも登録されています。

00004424

水路に沿った通り沿いには、特徴のあるお店や、露店が所狭しと並んでいます。

00004425

けっこう飛ぶように売れてました。なんだろう?

00004430

建物こそ、修復を繰り返していると思われますが、街の形は、春秋時代の呉の頃から変わっていないというので驚きです。

00004426

建物の雰囲気も抜群です。
去年の4月には、上海郊外の朱家角を訪れましたが、少し趣が違いますね。

00004427

いたるところに橋も。

00004428

これは、面白いところです。

00004432

縦横無尽に散策を楽しみます。

00004433

ちょっと寒いのが、玉に傷ですが。(自業自得です)

00004434

運河として機能しているようですね。

00004435

ちょっと怖いのは、柵の高さがひざの位置くらいしかないこと。
酔っ払って、柵に寄りかかったら、ボチャンだろうね。

00004436

中国各地からでしょうか、観光客もいっぱいです。

00004437

ほんとに、いい雰囲気。

00004438

00004439

平江路を北に向って歩いています。

平江路の北の終点付近には、拙政園と獅子林という2つの庭園があります。

どうやら、今日は、その2つの世界遺産を見学するだけで終わりそうです。

00004441

遅い昼食をと、食堂を探します。

お、牛肉面が目に入りました。蘭州を思い出します。

00004442

典型的な庶民の中華料理屋。

00004444

チャーハンをオーダー。
旨い!そして、この量で、たったの11元(187円)!

00004445

「ハオチー!」(おいしい) を繰り返して、店を出ます。

00004446

雑踏の中を、さらに北へ。

00004447

お茶屋さんも多い。

00004448

ここが、平江路の北の入り口かな。
ということは、拙政園はこのあたりです。

00004449

タイトルとURLをコピーしました