深夜の羽田に足止め? 3時間遅れのPeachで行く週末弾丸上海【蘇州・南京旅行記 #1】

5回目の中国弾丸旅行大会。

中国は、正真正銘、私にとって、好きな国。

中国から習ったんだから当たり前かもしれませんが、文化の匂いや建物のカタチ、人々の表情などが、目に飛び込んだ刹那は日本そのものと見まがうばかりなのに、次の瞬間には、強烈な異国そのものの香り漂う国。

この、「似てるんだけど、中身が全然違う。」という感じ。

たとえるなら、宇宙旅行をしていて、地球そっくりの星を見つけたとき、

どんな文化?

どんな生活?

どんな言語?

と続けざまに知りたく、探究心旺盛になるに違いない、この中国の街を歩くときの感触。

私にとって幸せなのは、中国大陸がとてつもなく広いこと。

これは、これから何回も何十回も、中国の旅を楽しめることを意味しています。

さて、4月中旬に、中国弾丸旅行を画策したのはインドから帰ってすぐの2月中旬。

なので、Peach便を2万円そこそこの値段でゲット

上海へのフライトスケジュール

 日付航空会社便名フライト
往き4/14(土)PEACHMM899羽田2:50 ⇒ 上海浦東5:05
帰り4/16(月)PEACHMM898上海浦東1:05 ⇒ 羽田5:00

このPeachで上海入りするのは、もはや中国弾丸旅行の定番のひとつになりかけています。
(といっても、まだ2回目だけどね、ハハ)

なんたって、早朝5時に上海入り。

その後、どこへ行こうとも、自由三昧。

まさに、東京八重洲口から夜行バスに乗って、上海に到着するようなものです。

しかも、チケット代は往復で22,500円。ほんとバスみたいだな。

そして帰りは、羽田に朝5時。リムジンバスで帰宅し、そのまま会社に出勤です。

今回、奇しくも、去年と同じ日程です。

今回、上海往復の便をリザーブしましたが、訪問地は、蘇州と南京。

蘇州は、実は20年前に会社の研修旅行で訪れたことがありますが、残っている写真以外、ほとんど記憶に残ってないのでチョイス。

南京は、3年前にちょこっと訪れましたが、わずか数時間の瞥見だったので、今回、旅程に組み込みました。

蘇州はともかく、南京は上海から約300キロも離れていますが、簡単に飛びまわれるのは中国高速列車のおかげ。

しかも、trip.comのおかげで、簡単に予約。

窓口で、画面を見せるだけで、あっという間に発券。ほんとに便利になったものです。

予定を組んだ後で、ちょうど訪問日の週末が、F1の上海グランプリ決勝レースであったことを思い出しましたが、後の祭り。

たまには、外国のGPを観戦するプランもいいですよね。

さて、準備は整いました。

4月中旬の金曜日の深夜から、月曜の朝まで、会社を休まずに弾丸旅行を敢行して参ります(^^)v

深夜の羽田空港でのひととき

この時間のPeachは、ソウルと上海に出ています。

フライトが2:45なのに、23:50にはチェックインを開始してくれるのはいいですね。

00004360

そして、リムジンバスの最終便で羽田空港の国際線ターミナルに到着。

PeachはAカウンター。

Bカウンターが雑踏しているのは、海南航空の北京行きの模様。

00004356

わがPeachは、シンガポール航空と、香港エクスプレスに挟まれた、わずかな空間にカウンターを開いてチェックイン開始。

ソウル行きは上海便の1時間前に出発しますが、チェックインはほぼ同時。

00004361

Peach便 まさかの遅れ? 深夜の羽田空港を徘徊

ところが、なんとしたことか、上海周辺の天候が荒れていて、出航が遅れるとのこと。
へたすると欠航??

いや~、ほんとですか??

とりあえずチェックインして、チケットは発券するものの、欠航の可能性もあるので、まだ出国しないで、2時頃にまたカウンターに来て欲しいとのこと。

出発まで、ダイナースクラブカードのラウンジでゆっくりしようという算段は、崩れ去りました。

00004362

仕方なく、午前0時を回った空港内を徘徊。

00004359

ほぼすべてのお店が閉まっています(悲しい・・・)

00004358

羽田空港は、一応24時間稼動。

しかし、ハブ空港には程遠い。

周辺に民家がないから、とりあえず深夜も旅客機を発着させている。そんな感じ。

日本って、いつの間に、こんなにグローバル社会から取り残されちゃったんだろうと思う。

00004379

保安検査の向こう側にいけないので、食事もままなりません。

仕方なく、あいていた吉野屋に入ります。

00004378

とりあえず、腹を満たして臨戦態勢万全。

00004363

といっても、やることなし。

展望デッキの長いすに横たわって、音楽を聴きます。

今回は、Sony「NW‐A45」とヘッドホン「MDR-1A」の初携行。

いやあ、いい音だわ!

00004364

午前2時になって、Aカウンターへ。

すると、なんとか欠航は免れたものの、フライトは3時間遅れの5:45。

00004380

上海到着は何時の予定?とグランドスタッフに聞くと、現地時間で朝8時頃とのこと。

これは、一般の旅客にとってはよかったんじゃない?

朝5時に上海に到着されるより8時のほうがいいでしょ。

00004385

ところが、私は、上海に着いたらすぐに蘇州に向うため、すでに列車を手配済み。

しかも、その列車の上海出発は8:05。

Peachが定時運行なら上海着は5時。3時間あれば大丈夫と踏んで予約しておいたもの。

上海到着が朝8時では、間に合うわけがない。

すぐに、予約変更をかけようと思いアプリを操作しましたが、深夜はメンテナンス時間でアクセスできず・・・

00004400

とほほ・・・

みすみす列車のチケットを無駄にしてしまいました。

79.5元。日本円で1,350円くらいだから、まいっか。

 

気を取り直して、保安ゲートと出国ゲートを通過。

朝5時まで、スカイラウンジで、のんびりするとします。

00004381

羽田空港には、プライオリティパスで利用可能なラウンジがありません。

でも、ダイナースクラブカードで入れるラウンジがあると聞いて、入ってみることにしました。

ちなみに、他のカードはゴールドやプレミアムカードでないと入れず、ダイナースだけが、一般カードでも入れます。

ANAダイナースカードの年会費は27,000円だからね(笑)

00004382

深夜なので、ガラガラ。でも、居心地よさそうです。

00004386

食事はありませんでしたが、ソフトドリンクは飲み放題。

00004383

とりあえず、野菜ジュースでもいただいておきました。

00004384

こうして、一睡もせずに朝を迎える羽目に。

こうやって、羽田で朝日を見ることになるのは、想定外だったよなあ。

結局、羽田空港に、6時間近くいたことに。

00004387

ようやく、搭乗開始。乗客の皆さん、疲れ果てています。

そりゃ、そうだ。でも、相手が天候だからね。

00004366

機内は、ほぼ満席の模様。

とにかく眠ることです。フライトの前から目を閉じて、今日の活動に備えます。

00004367

ぐっすり眠るつもりが、なんと、乗っている飛行機が墜落する夢を見ました・・・

その後は、もう眠れません(笑)

00004368

タイトルとURLをコピーしました