カナリア諸島へ旅立ち 年末なのに閑散とした成田空港第一ターミナル北ウイング【カナリア諸島旅行記 #1】

いよいよ、出発の日。

昨日までで、無事に2018年の仕事も終え、思い残すことなく、12,000キロ、時差9時間のカナリア諸島に向けて出発です。

まずは、日程とフライトスケジュールの確認から。

カナリア諸島 4泊6日の旅 日程

日付午前午後宿泊地
12/29(土) 成田13:10発
マドリード23:00着
マドリード
12/30(日)マドリード7:05発
サンタクルス9:00着
テネリフェ島観光サンタクルス
12/31(月)テネリフェ島観光(テイデ山)テネリフェ島観光サンタクルス
1/1(火)テネリフェ島観光サンタクルス18:55発
マドリード22:40着
マドリード
1/2(水)マドリード11:20機中機内
1/3(木)成田11:40着  

フライトスケジュール

 航空会社便名フライト乗継ぎ時間
往き

アエロフロート

航空

SU263成田13:10 ⇒ モスクワ17:352時間5分
SU2604モスクワ19:40 ⇒ マドリード23:00宿泊
エアヨーロッパUX9059マドリード7:05 ⇒ サンタクルス9:00 
帰りイベリア航空IB3939サンタクルス18:55 ⇒ マドリード22:40宿泊

アエロフロート

航空

SU2501マドリード11:20 ⇒ モスクワ18:301時間25分
SU264モスクワ19:55 ⇒ 成田11:40 

カナリア諸島への直行便など、もちろんなく、アエロフロート・ロシア航空でモスクワ経由でマドリード。

翌朝、エアヨーロッパでテネリフェ島へ、というスケジュール。

なので、本日の行程は、モスクワ乗換えでマドリードまで、ということになります。

モスクワまででも10時間25分。乗り継ぎ時間が2時間5分。そしてモスクワからマドリードまででも5時間20分。

しめて、17時間50分もかかる移動距離。気合が入りますね(笑)

それでも、時差の関係で、マドリード着は、本日中という不思議な体験。

持ち物の確認

さて、バッグの中に、いつもの持ち物のほかに、

  • 国際運転免許証&日本の運転免許証
  • グローバルwifiでレンタルしたモバイルwifi
  • ノイズキャンセリングヘッドホンSony「WH-H900N」

以上が入っていることを再確認。

外国で、クルマを運転するときは国際運転免許証が必要。

これは、居住地の運転免許センターなどに行けば、簡単に発行できるものですが、実際に運転するときやレンタカーを借りるときは、日本の免許証も必要になるので、忘れずに持っていかなくてはなりません。

00012029

2年ぶりに発行した国際運転免許証。

同じものかなと思ったら、公安委員会の会長さんの筆記体署名が代わってました(笑)

あと、スマホホルダーも忘れてはなりません。

海外でクルマを運転するとなれば、頼れるものはグーグルマップです。

 

そして、久しぶりにレンタルしたグローバルwifi。

年末年始の繁忙期ということで、郵送宅配がおススメということで、あらかじめゲットしておきましたが、あやうくスペイン本土のものをオーダーしそうになって冷や汗。

スペイン国のカナリア諸島を通信エリアとしてオーダーする必要があります。

 

最後に、ノイズキャンセリングヘッドホン。

今回の旅は、久しぶりなロングフライト。そこで、これのシェイクダウンができるので、楽しみが広がります。

どんな効果があるんでしょうか。

 

成田空港へ向う電車の中は、旅立ち前の複雑な心境。

カナリア諸島に行けるという興奮が沸き立つなか、もう一度、荷物をチェックしたり、レンタカーのクーポンや、Webで予約しておいたテイデ山ロープウエイのQRコードチケットなど、最終点検。

その他にも、モスクワのトランジットは荷物はスルーかな?とか、マドリードのホテルからは、空港に到着したら電話をよこせ、そうすれば、送迎に行ってやるというメールをもらってるし、電話をかけるにはユーロのコインが必要だよな?、とか、頭の中がぐるぐる回転しています。

興奮と、緊張と、不安が交錯した、いつもながらの旅立ちです(^^)v

年末なのに閑散 成田空港第一ターミナル 北ウイング

アエロフロート・ロシア航空は、成田空港の第一ターミナル。北ウイングは久しぶりかな。

00011721

まずは、定時運行を確認できて、ほっと安堵。

ん? ロンドン行きになってる。

てっきりモスクワ行きだと思っていたんですが、モスクワは経由地だったんだね。

00011722

出国ラッシュが予想された成田空港第一ターミナル。閑散とした雰囲気に唖然・・・??

00011724

オンラインチェックインしておいたので、オートマシンでチケットを発券。

座席は、確保していた通りに窓際。よしよし。

00011723

そして、荷物を預けるためにアエロフロート・ロシア航空のカウンターへ。

カウンターのスタッフは、ロシア美人を思わせるような女性。
一瞬、ロシア人かと思いましたが、日本人でした(笑)

私 「荷物は、マドリードまでダイレクトですか?」

女性「ええ、そうです。」

私 「モスクワでの乗り継ぎの際は、入国する必要ないですね?」

女性「はい。なのでビザも要りません。ただ、セキュリティチェックがありますから、早めに移動してください。」

これで、一安心です。

00011717

荷物を預けたため、チケットを再発券。

感熱紙のペラ紙より、こっちのほうがチケットらしくて好きです。

00011727

久しぶりの成田空港北ウイング。

その光景を楽しみながら15番ゲートへ。

00011725

15番ゲートも驚くほど静か。

日本中が帰省ラッシュや、出国ラッシュに賑わいかえってるとは信じられない状況。

00011726

待合ルームに設置されたテレビからは、出国ラッシュに沸く羽田空港の様子が映し出されていました。

一瞬、日付間違えたかな、と思ってしまうくらい、閑散としてる成田空港でした。

00011728

そのニュースによると、日本列島を寒波が襲い、北日本では積雪がひどく、航空便も何本も欠航しているとのこと。

成田の空は、晴れ上がってはいませんが、穏やかな空です。

刻々と、ボーディングが近づいてます。

旅の中で、もっとも緊張が高まる瞬間ですね(^.^)

タイトルとURLをコピーしました