【カナリア諸島】1日目(その1) アエロフロート・ロシア航空でユーラシア大陸を横断

いよいよ、出発の日。

昨日までで、無事に2018年の仕事も終え、思い残すことなく、12,000キロ、時差9時間のカナリア諸島に向けて出発です。

カナリア諸島 4泊6日の旅 日程

日付午前午後宿泊地
12/29(土) 成田13:10発
マドリード23:00着
マドリード
12/30(日)マドリード7:05発
サンタクルス9:00着
テネリフェ島観光サンタクルス
12/31(月)テネリフェ島観光(テイデ山)テネリフェ島観光サンタクルス
1/1(火)テネリフェ島観光サンタクルス18:55発
マドリード22:40着
マドリード
1/2(水)マドリード11:20機中機内
1/3(木)成田11:40着  

 

フライトスケジュール

 航空会社便名フライト乗継ぎ時間
往き

アエロフロート

航空

SU263成田13:10 ⇒ モスクワ17:352時間5分
SU2604モスクワ19:40 ⇒ マドリード23:00宿泊
エアヨーロッパUX9059マドリード7:05 ⇒ サンタクルス9:00 
帰りイベリア航空IB3939サンタクルス18:55 ⇒ マドリード22:40宿泊

アエロフロート

航空

SU2501マドリード11:20 ⇒ モスクワ18:301時間25分
SU264モスクワ19:55 ⇒ 成田11:40 

カナリア諸島への直行便など、もちろんなく、アエロフロート・ロシア航空でモスクワ経由でマドリード。

翌朝、エアヨーロッパでテネリフェ島へ、というスケジュール。

なので、本日の行程は、モスクワ乗換えでマドリードまで、ということになります。

モスクワまででも10時間25分。乗り継ぎ時間が2時間5分。そしてモスクワからマドリードまででも5時間20分。
しめて、17時間50分もかかる移動距離。気合が入りますね(笑)

それでも、時差の関係で、マドリード着は、本日中という不思議な体験。

持ち物の確認

さて、バッグの中に、いつもの持ち物のほかに、

  • 国際運転免許証&日本の運転免許証
  • グローバルwifiでレンタルしたモバイルwifi
  • ノイズキャンセリングヘッドホンSony「WH-H900N」

以上が入っていることを再確認。

外国で、クルマを運転するときは国際運転免許証が必要。

これは、居住地の運転免許センターなどに行けば、簡単に発行できるものですが、実際に運転するときやレンタカーを借りるときは、日本の免許証も必要になるので、忘れずに持っていかなくてはなりません。

00012029

2年ぶりに発行した国際運転免許証。
同じものかなと思ったら、公安委員会の会長さんの筆記体署名が代わってました(笑)

あと、スマホホルダーも忘れてはなりません。
海外でクルマを運転するとなれば、頼れるものはグーグルマップです。

 

そして、久しぶりにレンタルしたグローバルwifi。

年末年始の繁忙期ということで、郵送宅配がおススメということで、あらかじめゲットしておきましたが、あやうくスペイン本土のものをオーダーしそうになって冷や汗。

スペイン国のカナリア諸島を通信エリアとしてオーダーする必要があります。

 

最後に、ノイズキャンセリングヘッドホン。
今回の旅は、久しぶりなロングフライト。そこで、これのシェイクダウンができるので、楽しみが広がります。
どんな効果があるんでしょうか。

 

成田空港へ向う電車の中は、旅立ち前の複雑な心境。

カナリア諸島に行けるという興奮が沸き立つなか、もう一度、荷物をチェックしたり、レンタカーのクーポンや、Webで予約しておいたテイデ山ロープウエイのQRコードチケットなど、最終点検。

その他にも、モスクワのトランジットは荷物はスルーかな?とか、マドリードのホテルからは、空港に到着したら電話をよこせ、そうすれば、送迎に行ってやるというメールをもらってるし、電話をかけるにはユーロのコインが必要だよな?、とか、頭の中がぐるぐる回転しています。

興奮と、緊張と、不安が交錯した、いつもながらの旅立ちです(^^)v

年末なのに閑散 成田空港第一ターミナル 北ウイング

アエロフロート・ロシア航空は、成田空港の第一ターミナル。北ウイングは久しぶりかな。

00011721

まずは、定時運行を確認できて、ほっと安堵。
ん? ロンドン行きになってる。てっきりモスクワ行きだと思っていたんですが、モスクワは経由地だったんだね。

00011722

出国ラッシュが予想された成田空港第一ターミナル。閑散とした雰囲気に唖然・・・??

00011724

オンラインチェックインしておいたので、オートマシンでチケットを発券。
座席は、確保していた通りに窓際。よしよし。

00011723

そして、荷物を預けるためにアエロフロート・ロシア航空のカウンターへ。

カウンターのスタッフは、ロシア美人を思わせるような女性。
一瞬、ロシア人かと思いましたが、日本人でした(笑)

私 「荷物は、マドリードまでダイレクトですか?」

女性「ええ、そうです。」

私 「モスクワでの乗り継ぎの際は、入国する必要ないですね?」

女性「はい。なのでビザも要りません。ただ、セキュリティチェックがありますから、早めに移動してください。」

これで、一安心です。

00011717

荷物を預けたため、チケットを再発券。
感熱紙のペラ紙より、こっちのほうがチケットらしくて好きです。

00011727

久しぶりの成田空港北ウイング。
その光景を楽しみながら15番ゲートへ。

00011725

15番ゲートも驚くほど静か。
日本中が帰省ラッシュや、出国ラッシュに賑わいかえってるとは信じられない状況。

00011726

待合ルームに設置されたテレビからは、出国ラッシュに沸く羽田空港の様子が映し出されていました。

一瞬、日付間違えたかな、と思ってしまうくらい、閑散としてる成田空港でした。

00011728

そのニュースによると、日本列島を寒波が襲い、北日本では積雪がひどく、航空便も何本も欠航しているとのこと。
成田の空は、晴れ上がってはいませんが、穏やかな空です。

アエロフロート航空 SU263便で10時間25分 モスクワへ

さて、ボーディング開始です。

00011718

乗客は、ほとんど日本人。若い人が多いです。航空券安いし、アエロフロート航空は若い人の味方かも。
ところで、私の横はロシア人でした。

00011729

美しいロシア女性のCAによる機内安全ビデオ。

00011730

14年前、はじめて海外を一人で旅したときに訪れたロシア。
そのとき、ロシア女性の美しさには舌を巻きましたが、これまた美しい・・・

00011752

手を振って見送ってくれるグランドハンドリングスタッフに、こちらも手を振ってこたえます。
6日間の旅のはじまりです。

00011731

ゴルフ場の多い成田上空に舞い上がります。

00011732

こうしてみると、成田市って、そんなに大きくないな。箱庭のようです。

00011733

飛行ルートは予想通りシベリア上空。これは、シベリアの大地をじっくり鑑賞できるかな。

00011735

水平飛行に移り、配られる飲み物。

00011736

なんと、アルコール類は一切なし。
両手を挙げて万歳するロシア人もいました(笑)

私も、赤ワインを飲みたかったんですが仕方ありません。アップルジュースで旅立ちに乾杯です。

00011737

日本海上空は、ニュースが報じていた通り、すじ状の雲。

00011738

そして、ユーラシア大陸へ。

00011739

沿海州は、意外にも積雪がありません。

00011740

さあ、これから長駆ユーラシア大陸を端から端まで横断です。
それを、その日のうちにやってしまうってんだから、やっぱり飛行機ってすごい。

00011741

アルコール類のない機内食

シベリアも、だいぶ奥深く入った頃。

00011744

1回目の機内食が配られます。
アルコールは出ないけど、おいしくいただきました。
和洋折衷のお弁当って感じですね。

00011742

おいしい食事に満足しながら、景色を眺めます。

00011743

シベリア上空を西へ

ようやく、雲が切れて、シベリアの大地を拝めるようになりました。

00011745

飛行位置は、ちょうど、バイカル湖の北方にあたります。

00011749

この夕陽の向こう側にバイカル湖があります。
バイカル湖上空を飛んでくれたら最高だったんだけどな。

00011746

これらは、バイカル湖へ注ぐ河。いや違う、バイカル湖から流れ出て、北極海へ向う河。
凍ってるのかな。

00011747

まったく無人のシベリアの大地ですが、ときおり、こんな人工物が。

00011748

成田から3,800キロ。ようやくモスクワまでの飛行距離の半分です。

さて、ここらで、おもむろにウオークマンとヘッドホンを取り出してセッティング。

ノイズキャンセリングの効果はいかに・・・
すごい、効果絶大です!
ノイズキャンセリングをオンオフしてみると、耳をつんざくゴォォォォという、あのエンジンの轟音に、急にミュートがかかったかのように静まります。

もちろん、完全にノイズがなくなるかというとそうではないんですが、たぶんノイズの半分以上を除去してくれてるんじゃないかな。

00011750

耳を音楽に包まれて、眼下には、たまに現れるシベリアの町を見下ろす、ご機嫌なフライトになりました(^^)v

00011751

機がウラル山脈を越える頃。

00011755

二度目の機内食、夕食です。

美人CAが、「お魚がなくなってしまいました、スイマセン。」としきりに恐縮。

いえいえ、ビーフでも十分おいしいですよ。

でも、お金払ってでもいいから、お酒は飲みたいかな(笑)

00011754

西へ向う飛行機は、太陽と追いかけっこになるので、なかなか夕陽が沈みません。

乗客のほとんどは、眠っています。機内も消灯され、睡眠モード。

こんなときに、窓外を見下ろしてるのは、私くらいなもんですが、このあとモスクワで乗り換えてマドリードに着くのは23時。そして、翌朝は4時半の起床です。

つまり、マドリードに着くときは、睡眠不足状態になっていたほうがいいわけです。

00011753

それにしても、幻想的な光景。
シベリアの大地を見下ろしながら、これから赴くカナリア諸島に想いを馳せます。

00011756

タイトルとURLをコピーしました