アエロフロート・ロシア航空搭乗記 成田 ⇒ モスクワ【カナリア諸島旅行記 #2】

さて、ボーディング開始です。

なんかワクワクしますね。

私が、人生ではじめての海外一人旅のときに乗った飛行機がアエロフロート航空なのですから、無理もありません。

アエロフロート航空 SU263便で10時間25分 モスクワへ

00011718

乗客は、ほとんど日本人。若い人が多いです。

航空券安いし、アエロフロート航空は若い人の味方かも。

ところで、私の横はロシア人でした。

00011729

美しいロシア女性のCAによる機内安全ビデオ

機内安全ビデオがはじまりました。しかし、ロシア女性は、おそろしいほど美しいな。

00011730

14年前、はじめて海外を一人で旅したときに訪れたロシア。

そのとき、ロシア女性の美しさには舌を巻きましたが、これまた美しい・・・

00011752

手を振って見送ってくれるグランドハンドリングスタッフに、こちらも手を振ってこたえます。

6日間の旅のはじまりです。

00011731

ゴルフ場の多い成田上空に舞い上がります。

00011732

こうしてみると、成田市って、そんなに大きくないな。箱庭のようです。

00011733

飛行ルートは予想通りシベリア上空。これは、シベリアの大地をじっくり鑑賞できるかな。

00011735

水平飛行に移り、配られる飲み物。

00011736

なんと、アルコール類は一切なし。

両手を挙げて万歳するロシア人もいました(笑)

私も、赤ワインを飲みたかったんですが仕方ありません。アップルジュースで旅立ちに乾杯です。

00011737

日本海上空は、ニュースが報じていた通り、すじ状の雲。

00011738

そして、ユーラシア大陸へ。

00011739

沿海州は、意外にも積雪がありません。

00011740

さあ、これから長駆ユーラシア大陸を端から端まで横断です。
それを、その日のうちにやってしまうってんだから、やっぱり飛行機ってすごい。

00011741

アルコール類のない機内食

シベリアも、だいぶ奥深く入った頃。

00011744

1回目の機内食が配られます。

アルコールは出ないけど、おいしくいただきました。

和洋折衷のお弁当って感じですね。

00011742

おいしい食事に満足しながら、景色を眺めます。

00011743

シベリア上空を西へ

ようやく、雲が切れて、シベリアの大地を拝めるようになりました。

00011745

飛行位置は、ちょうど、バイカル湖の北方にあたります。

00011749

この夕陽の向こう側にバイカル湖があります。

バイカル湖上空を飛んでくれたら最高だったんだけどな。

00011746

これらは、バイカル湖へ注ぐ河。いや違う、バイカル湖から流れ出て、北極海へ向う河。
凍ってるのかな。

00011747

まったく無人のシベリアの大地ですが、ときおり、こんな人工物が。

00011748

成田から3,800キロ。ようやくモスクワまでの飛行距離の半分です。

さて、ここらで、おもむろにウオークマンとヘッドホンを取り出してセッティング。

ノイズキャンセリングの効果はいかに・・・

すごい、効果絶大です!

ノイズキャンセリングをオンオフしてみると、耳をつんざくゴォォォォという、あのエンジンの轟音に、急にミュートがかかったかのように静まります。

もちろん、完全にノイズがなくなるかというとそうではないんですが、たぶんノイズの半分以上を除去してくれてるんじゃないかな。

00011750

耳を音楽に包まれて、眼下には、たまに現れるシベリアの町を見下ろす、ご機嫌なフライトになりました(^^)v

00011751

機がウラル山脈を越える頃。

00011755

二度目の機内食

二度目の機内食、夕食です。

美人CAが、「お魚がなくなってしまいました、スイマセン。」としきりに恐縮。

いえいえ、ビーフでも十分おいしいですよ。

でも、お金払ってでもいいから、お酒は飲みたいかな(笑)

00011754

西へ向う飛行機は、太陽と追いかけっこになるので、なかなか夕陽が沈みません。

乗客のほとんどは、眠っています。機内も消灯され、睡眠モード。

こんなときに、窓外を見下ろしてるのは、私くらいなもんですが、このあとモスクワで乗り換えてマドリードに着くのは23時。そして、翌朝は4時半の起床です。

つまり、マドリードに着くときは、睡眠不足状態になっていたほうがいいわけです。

00011753

それにしても、幻想的な光景。

シベリアの大地を見下ろしながら、これから赴くカナリア諸島に想いを馳せます。

00011756

タイトルとURLをコピーしました