バクー新市街の散歩 城塞都市のホテルへ【アゼルバイジャン旅行記 #3】

カタール航空のフライトでバクーに到着し、エアポートバスでバクーの駅前までやってきました。

前夜まで仕事をしていて、朝あけてこの景色ですから、信じられない気分。

しばらく眺めてましたが、背中の荷物が重い(笑)

やっぱり、ホテルまでは急ぎましょう。

バクー新市街の散歩

00001360

ホテルは、旧市街の城壁の近く。

物価水準がわからないうちに、タクシーに乗るのはリスク。

そんなに距離はありません。2キロくらいかな。歩きましょう。

00001361

それにしても、綺麗な街並みだ・・・
バクーって、こんなとこだったんだね。

00001362

ケバブのランチ

時は、ちょうどお昼。
お腹すいたな、と思ったところで、パン屋さんが出現。

00001363

腹ごしらえしてから、ホテルに向かうとしますか。

このプライスカード。単位はなんだろう??
もし、マナトだったら、カプチーノ1杯が3,900円ということになるけど、それはないでしょう。

ATMからは最小20マナト紙幣しか、はき出されてきませんでした。

物価を知る上でも、小銭を作るうえでも、ここで食べていこうかな。

00001372

店の前をウロウロしてたら、ケバブを作ってた主人が、「入れ入れ!」のしぐさ。

00001364

その、やさしそうなしぐさに、ケバブ1つと、コーラを注文しました。
さて、いくらだろう?

00001371

さっそくでてきたケバブ。
トルコやイラン、エジプトを思い出すのに十分な味。

00001365

パン生地もおいしいし、ボリュームもたっぷり。最高の庶民の味です(^^)v

00001366

00001368

さて、いくらかな~・・
おいしかったお礼を言って、20マナト紙幣を出すと。「オオ・・」と両手を仰ぎます。

そして、「ちょっと待て」と言って、どこかに行ってしまいました。

たぶん、紙幣の額が大きすぎたんだろうな。

00001369

このお店は、ケーキ屋さんもかねてる。おいしそうなケーキ。

主人が戻ってきて、たくさんの1マナト紙幣を私に渡します。
1マナト紙幣17枚とコイン。つまり、2.5マナト(163円)だったと言うこと。

ケバブとコーラでこの値段だったら、ごく一般的な物価かな。

00001370

徒歩で旧市街へ、そして迷子になる・・・

さて、満腹したところで、あらためてホテルのある旧市街へ歩きます。

00001373

アゼルバイジャンは、イスラム教の国。3割ほどはロシア正教だそうですが、
でも歩いた感じはヨーロッパそのものです。

00001378

おしゃれな通りをひたすら西へ。

00001379

00001380

00001381

新市街のはじっこという感じの場所にたどり着きました。

00001382

地下道で向こう側へ。地下道もおしゃれ。

00001383

旧市街に入りつつあるといった感じ。

00001384

突然、公園にでます。
この公園まで来れば、城塞が現れ、ホテルも近いはず。

00001387

風はないので、そんなに寒くはないですが、たぶん気温は5~6度でしょう。

00001389

00001388

おっと、また誰かの像。

00001390

と、ようやく城塞が目に入りました。
ちゃんと、旧市街に向かって歩いていたようです。

00001391

で、オールドシティはあっちですか。

00001393

また、広場っぽいところに出ました。

エクスペディアのアプリによると、ホテルはこのあたりのはず。
だいぶ近いはずですが、本日予約したホテルのサインが見つかりません。

今夜から2泊するホテルは、「ブリストルホテル バクー」。

フライトが変更になる度に到着予定時刻をメールで伝えてましたが、その都度、丁寧な返信があったので、しっかりとしたホテルだとは思うんですが・・・

00001395

しかたなく、通りがかった人にスマホを見せて聞きます。

なかなか、一筋縄ではいかず、たずねた人が、また別の人へ、また別の人へ・・・

わたしは、迷子になったアジア人として、情けない表情・・・

そのうちに、背の高い好青年が、自分のスマホでホテルの名称を入力して検索。
見事、場所を探してくれました。

入国しょっぱなから、なんと親切なアゼルバイジャン人です。
私も、最大級の礼を返します(^^)v

でも、この入り口って、やっぱりわかりにくい・・・

00001397

民泊?「ブリストルホテル バクー」

中に入ると、ホテルというより、アパートの入り口という感じ。

00001409

通路の一番奥に、レセプションがありました。
でも、ここにたどり着くまでに、いくつかのホテルのフロントが。

つまり、ここは、いくつかのホテルが集合した建物?
マンションの民泊といった感じです。

00001406

308号室。入ってみると、清潔な部屋です。

00001398

ベランダに出てみました。さっき、迷子になってうろついていた広場が下に見えます。

00001400

下はレストラン街。
この通りを、右往左往していました。つまりGPS的には正しかったんだ(笑)
今夜は、アゼルバイジャン料理と行きますか。

00001402

あらためて、部屋を眺めます。
マンションの1室という感じです。たまたま、この間、釜山で泊まった部屋に似てるね。

00001403

ちょっと狭いですが、シャワールームも清潔。
なんと、ドライヤーもある。(持ってきてしまった・・)

00001405

ところで、この旅には、バッグを新調しました。

どうしても冬の旅には、セーターとか荷物が多くなるもの。そして、重くなる。

そこで、はじめてキャリー付きバッグを手に入れました。
機内にも持ち込めるサイズです。

00001411

このバッグの売りは、キャリーだけでなく、バッグパックとしても機能すること。

たとえば、まさに今のように、迷子になってさまよう場合など、キャリーではなくて、多少重くてもバッグとして背負ったほうが身勝手がいい。

その際は、こんな風にセットすると簡単に背負えるんですね。

まだ、付き合って半日ですが、感触は最高。いいパートナーに出会えました(^^)v

00001412

天気予報を見ると、明日、明後日は曇り。

ちょっと、休憩したら、天気のいい本日のうちに、目いっぱい街を歩いてしまいましょう。

タイトルとURLをコピーしました