【アゼルバイジャン】1日目(その5) ライトアップされたフレイムタワー

もう一度、カスピ海を見下ろす展望台へ。

00001583

夕暮れのバクー旧市街とカスピ海

00001588

おお、すごい・・・
刻々と、色が変わっていく様は、まさに芸術です。

00001584

ガラスの色も、刻々と変わります。

00001589

人も増えてきました。
しかし、みなさん、完全武装。そりゃそうだ、バクーは、強い風の吹く街。

00001591

プリズムのような空を眺めます。
ちなみに、カスピ海は、海抜マイナス28m。地球って、不思議だよね。

ちょうど、海抜ゼロ地点から、海面下の街を見下ろしてる感じになります。

00001594

00001595

天然のプリズムを眺めながら聴くミュージック。
流れてきた曲は、ミスチル「常套句」でした。

00001598

釜山の甘川文化マウルを思い出します。

00001599

上の景色が見れる展望台の右手に、さらに高台があったので、登ってみました。

00001600

殉教者たちの慰霊塔なのかな。
ここでも、炎が燃え続けています。

00001601

永遠の炎。実際は、いつから燃え続けてるんでしょう?

00001604

ちなみに、風も強く、かなり寒くなってきました。
薄着でこんなとこに来てしまったのは自業自得。

炎にあたると、すごく暖かい。聖なる火を、暖炉の炎のように使っていいのかな(^^)v

00001603

背後には、火焔タワー。カッコいい演出です。

00001605

寒さを忘れて、見とれるほどに、本当に美しい、スラブ系の女性。

00001606

00001608

慰霊の塔にさようなら。

00001612

明かりが灯りはじめてます。

00001613

街にも明かりが。

00001614

家路に急ぐクルマの渋滞。

00001616

乙女の塔も見えますね。ライトアップするのかな。

00001617

空の色が、カスピ海の色に近づいていく。

00001624

写真のウデがもっとよかったらなあ・・・

00001625

フレイムタワーのライトニング

おっと、火焔タワーもライトアップしはじめました。

00001623

いろいろ変わりますよ。
これは、ゴルフをイメージしてるのかな。

00001627

これは、滝のような水流。

00001628

おお、信号機のよう。

00001631

建物の中にいる人には、どう映ってるんだろうね。

00001632

アゼルバイジャンの国旗。
国民が国を思う。日本に一番足りないものだと思います。

00001633

そして、炎。
こんな、演出が毎晩行われてるなんて、素直にすごい!

00001637

タワーに見とれてるうちに、街もすっかり闇に覆われました。

00001640

慰霊の塔の上にも三日月。

00001643

名残惜しいですが、寒さもたまったものじゃありません。
そろそろ、下に下ります。

00001646

ケーブルで下に下りました。
ケーブルの中は暖房がなく、寒かった・・

自業自得です。アゼルバイジャンの11月は、日本の真冬と思ったほうがいいです。

00001651

ふり返ると、火焔タワーが、黙々とライトアップを繰り返していました。

00001652

さて、ホテルに戻る前に、どこかで夕食をしちゃいましょう。

00001654

寒空の下で、巨大チェス。

00001655

やっぱり、乙女の塔、ライトアップするんだ。

00001656

アゼルバイジャン料理のディナー

ホテル前まで戻ってきました。

00001657

けっこうな賑わいです。

私は、泊まってるホテルの私の部屋のすぐ下に位置する、カフェに入りました。

00001658

私のような、センスのないアジア人が入ってきても、快く承ってくれるスタッフ。

00001665

寒そうな顔をしている私に、「チャイがいいんじゃない?」と、お勧めにしたがいます。

00001659

ジャムはわかるんだけど、もう一方のかたまりはなんだろうと思ってたら、スタッフが「シュガー」と教えてくれました。
冷えた体に、熱いチャイがしみこんでいきます。

00001660

「おすすめのアゼルバイジャン料理を」と任せると、これが出てきました。

00001663

チキンと野菜の盛り合わせですね。
とっても、おいしかったです(^^)v

00001662

満腹して、人心地がついて、部屋に戻りました。

そして、日本から持ってきたワインで、今日の無事に乾杯です。

00001664

旅の初日から、アゼルバイジャン人に親切にされまくりの1日でした。

明日は、どこへ行こうか・・・

異国の散策の余韻に浸りながら、ワインとともに、明日の予定を検討。

一人旅の、最高の醍醐味ですね(^_^)

タイトルとURLをコピーしました