【アゼルバイジャン】1日目(その2) アゼルバイジャン入国 ~ 城塞都市のホテルへ

いよいよ、21カ国目の訪問国となるアゼルバイジャンの一人歩き。

「~歩き方」を持たずに海外渡航するのも初めての体験。

もちろん、「ロシア版」を買えばいいんでしょうが、数ページのために1,900円も出せないです。

シベリア鉄道に乗ったときに買った「ロシア版」は、2005年度のもので情報としては役に立たず。

したがって、情報はWeb頼り。

役に立ちそうなサイトをいくつかブックマークしてあるので、それで乗り切る作戦です。

アライバルビザ取得&ATMからマナトの出金

まずは入国。

情報によると、その昔は、ビザ取得がけっこう困難で、日本にいるうちから取得しておく必要があったりとかしたようですが、最近はこのバクー ヘイダルアリエフ空港から入国する場合は、アライバルビザを簡単にとれるようです。

なので、ビザはどこで取るのかな~、と思いながら、他のアゼルバイジャン人と一緒に歩いていたら、イミグレに着いちゃいました。

00001280

よくわからぬまま並んで、順番が来てパスポートを出すと、ペラペラめくってた女性係官が、「ビザは?」「まだとってません。」「じゃ、あちらでとってきてください。」と指をさす。

イミグレに通じる通路の脇にビザ発給所があったらしい。
さっきは、気づきませんでした。

言われたとおりに戻ると、確かにビザ発給所がありました。
諸外国も例外なく、入国にはビザが必要となるらしい。

飛行機では気がつかなかったけど、日本人も何人かいました。

00001282

依頼書らしきものをもらい、一所懸命に書きます。

00001281

それを窓口に提出すると、待つことなく「〇〇!」と私の名前が呼ばれ、見事に写真つきのビザがパスポートに張られていました。

ビザ発給代は無料でしたが、後で知ったのですが、無料なのは日本とトルコだけだそうです。

ビザは、これまで5カ国の入国で取得したことがありますが、顔写真つきのビザが貼られるのは、イランについで2度目。

なんとなく感慨・・

00001332

今度は、イミグレも無事に通過。

入国審査には厳しい国らしく、顔写真を撮影された上、滞在予定日数など細かく聞かれましたが、にっこり笑ってウエルカム。

晴れて、アゼルバイジャンに入国です。

ちなみに、この国は入国審査に厳しいだけでなく、空港などの重要施設の撮影禁止などにも厳しいとのこと。

なので、こっそりと1枚だけ撮らせてもらいました。できたばかりの綺麗な空港です。

はるばる日本からの荷物も、ちゃんと到着しています。

00001283

さて、さしあたっては両替。
一応、ドルとユーロは持ってきていますが、情報によると、どうも空港の両替は、相当にレートが悪いらしい。

しかも、3日の滞在でどのくらい必要か、見当もつきません。

なので、ATMで小刻みにキャッシングしていくことにします。

00001331

ATMからでてきた紙幣。
数字の桁が少ない紙幣は久しぶり。

00001375

アゼルバイジャンの通貨単位はマナト。
1マナトは65円くらいです。

さて、アゼルバイジャンの物価水準は、いかほどでしょうか。

まずは、バスに乗って、バクーの新市街まで出る予定なので、それでわかるかな。

00001377

空港の外に出ました。とたんに、すごくヒンヤリします。

アゼルバイジャンは、間違いなく冬です。

00001335

エアポートバスでバクー市街へ

エアポートバスは、空港の目の前に止まってました。
これに乗れば、バクーの中心に行けるはずです。

ところが、荷物を収納ボックスに入れようとすると、運転手が「カードは持ってるのか?」みたいに聞く。

どうやら、スイカのようなICカードが必要らしい。

どこで手に入るのかと聞くと、空港の出口付近を指差します。確かにATMのようなマシンがあります。

00001334

そこへ行き、ICカードを新規発行。一応チャージが可能で繰り返し使えるほうを選びました。
「バクーカード」とでも呼ぶのでしょうか。

その場で、さっき両替した紙幣、5マナト分をチャージ。
操作は、「ENGLISH」を選べば、とても簡単でした。

00001341

あらためてバスのところまで来ました。

日中は30分おきに運行しているようです。

驚いたのは24時間動いていること。
当初、スケジュールが変わるまでは、ここバクーの空港には、深夜1時過ぎの到着予定でした。

ホテルまでの足が心配だったんですが、案ずることはなかったようです。

 

ちなみに、左側にいるおじさんはタクシー運転手。

私の姿を見るなり、「市街まで行くよ。20マナト(1,300円)。頼むよ~」みたいに哀願してきました。

このバスは1.5マナト(98円)。比較にならないよねぇ。

 

たぶん、このエアポートバスが創設される前は、市街までの足はタクシーが独占だったんでしょう。

空港から市街地までのアクセスは、その国の成熟度に比例すると思います。

00001336

乗り込むと、快適な乗り心地。
1.5マナト(98円)で市街地まで行けるなんて、たぶん安いんでしょう。

空港から市街地まで、小一時間はかかります。

チャドルをまとった女性に、さらに異国の気分が沸き立ちます。

00001340

空港前の広場は、けっこう活気があります。
警官の姿も豊富。

00001338

独特のスタイルのタクシー。

00001339

どこからか飛行機が着いたのか、いくらか乗客が増え、出発です。

00001343

到着直前に、飛行機の窓から見えた、赤屋根の家。

00001344

バスは、ひたすら高速道路を飛ばします。
でも、警察車両も多い。

これは、制限速度でしょうか。日本よりきつめ?

00001345

ロシア風建物が並ぶバクー駅前の風景

たいした渋滞もなく、バスは1時間ほどでバクーの駅前に運んでくれました。

00001347

ヨーロッパ、というより、やっぱり旧ソ連を思わせる建物です。

いや、ほんと13年前に旅したロシアが脳裏によみがえる光景。

00001348

とりあえず、ここがエアポートバスの折り返し地点のようです。

00001350

この場所は、しっかり覚えておかないと。
3日後には、やはりバスで空港に向かう予定です。

00001351

さあ、荷物をしっかりかついで、まずは、予約したホテルを探しましょう。

00001352

次々に現れる、ロシア風建物。

00001353

00001354

いい雰囲気ですね。
なんの建物かわからないけど、時計塔です。

00001356

そして、これも、誰だかわからない像。

00001357

00001358

しばらく眺めてましたが、背中の荷物が重い(笑)
やっぱり、ホテルまでは急ぎましょう。

ホテルは、旧市街の城壁の近く。
物価水準がわからないうちに、タクシーに乗るのはリスク。

そんなに距離はありません。2キロくらいかな。歩きましょう。

00001360

00001361

それにしても、綺麗な街並みだ・・・
バクーって、こんなとこだったんだね。

00001362

ケバブのランチ

時は、ちょうどお昼。
お腹すいたな、と思ったところで、パン屋さんが出現。

00001363

腹ごしらえしてから、ホテルに向かうとしますか。

このプライスカード。単位はなんだろう??
もし、マナトだったら、カプチーノ1杯が3,900円ということになるけど、それはないでしょう。

ATMからは最小20マナト紙幣しか、はき出されてきませんでした。

物価を知る上でも、小銭を作るうえでも、ここで食べていこうかな。

00001372

店の前をウロウロしてたら、ケバブを作ってた主人が、「入れ入れ!」のしぐさ。

00001364

その、やさしそうなしぐさに、ケバブ1つと、コーラを注文しました。
さて、いくらだろう?

00001371

さっそくでてきたケバブ。
トルコやイラン、エジプトを思い出すのに十分な味。

00001365

パン生地もおいしいし、ボリュームもたっぷり。最高の庶民の味です(^^)v

00001366

00001368

さて、いくらかな~・・
おいしかったお礼を言って、20マナト紙幣を出すと。「オオ・・」と両手を仰ぎます。

そして、「ちょっと待て」と言って、どこかに行ってしまいました。

たぶん、紙幣の額が大きすぎたんだろうな。

00001369

このお店は、ケーキ屋さんもかねてる。おいしそうなケーキ。

主人が戻ってきて、たくさんの1マナト紙幣を私に渡します。
1マナト紙幣17枚とコイン。つまり、2.5マナト(163円)だったと言うこと。

ケバブとコーラでこの値段だったら、ごく一般的な物価かな。

00001370

徒歩で旧市街へ、そして迷子になる・・・

さて、満腹したところで、あらためてホテルのある旧市街へ歩きます。

00001373

アゼルバイジャンは、イスラム教の国。3割ほどはロシア正教だそうですが、
でも歩いた感じはヨーロッパそのものです。

00001378

おしゃれな通りをひたすら西へ。

00001379

00001380

00001381

新市街のはじっこという感じの場所にたどり着きました。

00001382

地下道で向こう側へ。地下道もおしゃれ。

00001383

旧市街に入りつつあるといった感じ。

00001384

突然、公園にでます。
この公園まで来れば、城塞が現れ、ホテルも近いはず。

00001387

風はないので、そんなに寒くはないですが、たぶん気温は5~6度でしょう。

00001389

00001388

おっと、また誰かの像。

00001390

と、ようやく城塞が目に入りました。
ちゃんと、旧市街に向かって歩いていたようです。

00001391

で、オールドシティはあっちですか。

00001393

また、広場っぽいところに出ました。

エクスペディアのアプリによると、ホテルはこのあたりのはず。
だいぶ近いはずですが、本日予約したホテルのサインが見つかりません。

今夜から2泊するホテルは、「ブリストルホテル バクー」。

フライトが変更になる度に到着予定時刻をメールで伝えてましたが、その都度、丁寧な返信があったので、しっかりとしたホテルだとは思うんですが・・・

00001395

しかたなく、通りがかった人にスマホを見せて聞きます。

なかなか、一筋縄ではいかず、たずねた人が、また別の人へ、また別の人へ・・・

わたしは、迷子になったアジア人として、情けない表情・・・

そのうちに、背の高い好青年が、自分のスマホでホテルの名称を入力して検索。
見事、場所を探してくれました。

入国しょっぱなから、なんと親切なアゼルバイジャン人です。
私も、最大級の礼を返します(^^)v

でも、この入り口って、やっぱりわかりにくい・・・

00001397

民泊?「ブリストルホテル バクー」

中に入ると、ホテルというより、アパートの入り口という感じ。

00001409

通路の一番奥に、レセプションがありました。
でも、ここにたどり着くまでに、いくつかのホテルのフロントが。

つまり、ここは、いくつかのホテルが集合した建物?
マンションの民泊といった感じです。

00001406

308号室。入ってみると、清潔な部屋です。

00001398

ベランダに出てみました。さっき、迷子になってうろついていた広場が下に見えます。

00001400

下はレストラン街。
この通りを、右往左往していました。つまりGPS的には正しかったんだ(笑)
今夜は、アゼルバイジャン料理と行きますか。

00001402

あらためて、部屋を眺めます。
マンションの1室という感じです。たまたま、この間、釜山で泊まった部屋に似てるね。

00001403

ちょっと狭いですが、シャワールームも清潔。
なんと、ドライヤーもある。(持ってきてしまった・・)

00001405

ところで、この旅には、バッグを新調しました。

どうしても冬の旅には、セーターとか荷物が多くなるもの。そして、重くなる。

そこで、はじめてキャリー付きバッグを手に入れました。
機内にも持ち込めるサイズです。

00001411

このバッグの売りは、キャリーだけでなく、バッグパックとしても機能すること。

たとえば、まさに今のように、迷子になってさまよう場合など、キャリーではなくて、多少重くてもバッグとして背負ったほうが身勝手がいい。

その際は、こんな風にセットすると簡単に背負えるんですね。

まだ、付き合って半日ですが、感触は最高。いいパートナーに出会えました(^^)v

00001412

天気予報を見ると、明日、明後日は曇り。

ちょっと、休憩したら、天気のいい本日のうちに、目いっぱい街を歩いてしまいましょう。

タイトルとURLをコピーしました