カタール航空でバクーへ ハマド国際空港のテディベアに再会!【アゼルバイジャン旅行記 #1】

さて、ギリギリまでゴタゴタしましたが、スケジュールが固まってしまえば、アタマの中もスッキリします。

出国が成田空港に変更となったので、若干早めに職場を退社。

成田空港第二ターミナルに向かいます。

フライトスケジュール

日付午前午後宿泊地
11/22(水) 

成田22:20発

機内
11/23(木)

ドーハ4:55着 ドーハ6:45発

バクー10:50着

バクー観光

バクー
11/24(金)

バクー観光

バクー観光

バクー
11/25(土)

バクー観光

バクー23:15 ⇒ ドーハ1:05

機内
11/26(日)

ドーハ3:05発

成田19:00着 

閑散とした夜の成田空港

明日から飛び石連休というのに、閑散とした成田空港。

00001253

今年は、これで、10回目の海外渡航。

でも、成田を使うのは2度目。私の海外渡航は、ほとんど羽田からです。

私のような、現役世代旅行者が、効率よく海外渡航しようとしたら、出発は会社を退けたその日の深夜がいいに決まってる。

しかし、深夜に就航してないんだよな、成田空港は。

00001257

22時以降のボードが空白でさびしいインフォメーション。

今どき24時間稼動でない国際空港なんてありえない。

騒音問題など、問題が山積なのはわかるけど、だったら、国益確保として、さっさと羽田をハブ空港に仕立て上げるべきと思いますね。

千葉県人として、さびしい限りですが・・・

オンラインチェック、というより、今朝のオペレータとのやりとりで、チケットをeメールで送ってもらってあったので、荷物を預けるだけ。

女性係員に「アゼルバイジャンのビザはどうしました?」みたいに聞かれ、一瞬ドキッとしたけど、「アライバルで取得できますよね。」と聞き返すと、「はい。わかりました。」

 

念のため、荷物がバクーまで直行することを再確認。

00001254

予定通り、バクーまでの15時間半すべて窓際。
ドーハのビル群や、カスピ海が見えるだろうか?

00001255

ちょっと早めに来たので、成田空港第二ターミナルの4階をうろつきます。

00001259

出発ロビーを見下ろすと、ほんとに人がまばら。

00001258

成田空港第二ターミナルのプライオリティパスラウンジ

マップ上で右端のほうにある、プライオリティパスが使えるラウンジに行って見ました。

00001256

しかし、入ってみると、アルコールどころか、食べ物も何もありません。
ラウンジというか、ただの休憩所っていう感じでしょうか。

00001308

すぐに、退散しました。さて、どこで時間をつぶそうかな・・

00001269

お店も、この時間だと半分以上が店じまいしていて、散歩する気分ではありませんでした。

もう、出国しちゃいましょう。
半分しか点いてないボードが、やっぱりさびしいよな。

ポートモレスビーへの直行便があったんだ・・ 初めて知りました。

00001260

結局、出国後エリアの閉店間際のバーでワインを1杯。

00001270

カタール航空でドーハへのフライト

そして81番ゲートに向かいます。

00001261

搭乗開始。当たり前だけど、日本人ばかり。

00001271

みなさん、ドーハからどこへ向かうんでしょうね。

00001264

カタール航空は、イランのとき以来2度目。
サッカーチームの広告は、やっぱり、国交断絶でなくなってしまったようです。

00001262

ちなみに15Aという席は、もろに翼の横。
外は雨が降り出したようです。

00001263

定刻に成田を飛び立ちます。

00001266

カタール航空 おいしい機内食

すぐに夕食の準備。

00001267

やっぱり洋食だよな・・

00001309

いやあ、おいしいわ(^^)v
これだけでも、旅立ちの実感。

00001268

飛行機の中で眠るのは得意。ぐっすりと、気持ちのいい睡眠。

そして、朝食の気配で、目を覚まします。
機は、イラン上空に差し掛かったあたり。

00001285

朝食も洋食にしました。
しかし、オレンジジュースのオーダーは失敗(笑)

だって、メニューに、すでにオレンジジュースがある!

00001286

ペルシャ湾上空は、稲妻がピカピカ。
けっこうすごい迫力です。

00001287

ドーハ ハマド国際空港でのトランスファー

そして、ドーハのハマド国際空港に到着。

00001289

00001290

乗り継ぎ客用の保安検査を通過して、インフォメーションへ。

00001291

バクー行きは、アゼルバイジャン航空とのコードシェアみたいですね。

00001293

中東を代表する大空港。国際色も豊か。

00001292

そして、エスカレータを降りると、出会えました。
9ヶ月ぶりのクマちゃん。テディベア。元気そうでなによりです(^_^.)

00001294

でも、あんまり関心を示す人がいない?
もう登場して3年以上たつだろうから、賞味期限切れちゃったかな・・

00001295

Cゲートはこっちだね。シャトルトレインには乗らずに行けそうです。

00001297

とにかく巨大なハマド国際空港。
レーシングカーもあります。

00001298

子供の遊び場。

00001299

DやEには、シャトルトレインで行くんだね。

00001301

この両サイドの上を、シャーッという音とともに、トレインが通過していきます。

00001302

そしてボーディングを待ちます。
トランスファーは2時間なので、あっという間です。

ここドーハまでやって来た大勢の日本人はどこへ行ってしまったんだろう?
ヨーロッパ方面かな。

00001303

となりのC28ではボーディングがはじまったようです。
ブルガリアのソフィア行き。そして向こうでは、オマーンのマスカット行き。

ここドーハには、これからもちょくちょく来る機会がありそうですね。

00001272

さて、バクー行きもボーディングが始まりました。
でも、行き先が、ジョージアのトビリシになってる。
バクーは経由地で、最終目的地ではないみたい。

00001273

ロビーの外に出ると、けっこう蒸し暑い。
ドーハの気温は、朝から25℃くらいはありそうです。

00001275

00001276

ハマド国際空港の夜明け。

00001304

パープルの空に、パープルカラーのカタール航空。

00001277

さすがに、ひとまわり小さい機種です。

00001305

乗り込みます。今度は、見事なほど日本人はいない。

00001306

オンラインチェックの時からわかってましたが、非常口の席。
なので、前のシートとの間隔が若干広い。そのかわりモニタがない。

CAが来て、「エマージェンシー~・・」と、なにやら話していきました。

緊急時は協力してくださいね、ってことでしょう。

00001307

ドーハ ⇒ バクー ペルシャ湾&イラン上空のフライト

いよいよフライト。

00001310

眼下にペルシャ湾、そしてドーハの街並みが広がります。

00001311

今回の私の席はA。前回のテヘランのときは、反対側のFだったような気がする。
Aだと、こんなに景色を楽しめるんですね。

00001312

そして、出ました! ドーハ新市街の高層ビル群。
入国を果たせなかったけど、せめて上空から眺められて、溜飲の下がる思いです。

00001313

まさに砂漠の国。都市部を少し離れると、広大な砂漠になっています。

00001314

数年のうちに、必ず来るとしましょう。

00001315

ペルシャ湾上空は、厚い雲の中。

00001317

飛行時間は2時間ほどだけど、食事が出ます。

00001318

やっぱり、また洋食を。

00001316

食事が配られる間、眼下にはペルシャの大地が展開。

00001319

00001320

今度は、オレンジジュースを回避。ブラックコーヒーで目を覚まします。

00001322

やっぱり、飛行機は窓際だよな。
移り行く景色を眺めながら、食事ができるなんて、こんな贅沢、旅好きの私には他には考えられません。

00001321

ザグロス山脈のほうを見てるのかな。

00001323

00001324

そして2時間。カスピ海上空に出ました。
世界一大きい湖。初のご対面です。

00001325

バクーの街並みと、油田開発かな。

00001326

ランディングです。

00001327

成田から17時間半。
アゼルバイジャンの首都バクーに到着です。

00001328

モニタでも、バクー到着を示しています。
このまま乗ってると、ジョージアまで連れて行かれちゃうんだよね。

00001329

近代的建物のバクー・ヘイダルアリエフ国際空港。
いよいよ、バクーにやってきました。どんな街なのか楽しみです。

00001330

タイトルとURLをコピーしました