バクー 夕暮れの生活風景【アゼルバイジャン旅行記 #10】

雲行きが怪しい。明日は一雨来るかな・・
実は、天気予報では、この3日間、バクーはずっと雨でした。

00001858

バクー 夕暮れのバスの車窓から

さっき、バスを降りたところでバスを待ちます。

同じようにバスを待つ人が何人かいましたが、地下鉄駅に行くか聞く前にバスが来ました。

113番バスでしたが、運転手に「メトロ?」と聞くと、うなづいてくれたので乗り込みます。

00001861

ちょうど乗客が大勢降りた後なのか、席がいくつも空いていて、最前部に腰かけます。

00001860

夕暮れ迫る、バクー郊外の生活風景。

私は、どちらかというと、景勝地を眺めるより、こういう住民の日常生活を、日常の乗り物に乗って眺めるほうが好きだなあ・・

00001862

「APTEK」とは、あとで調べたら、アゼルバイジャン語で「薬局」とのこと。
薬局ひとつとっても、各国いろいろですね。

00001864

00001865

例によって、なかなか駅に着きませんが、乗ってて楽しいのでかまいません。
対向車のライトに灯がともりはじめました。

00001867

ずっと、私の横に立っている少年。

00001868

バスには、前後2つのドアがあります。そして、バスストップでは両方ともドアが開きます。
運賃は降車時に払う仕組みなので、後部のドアから降りた人は、前に回ってきて、木箱にコインを投げ込みます。

よく不正乗車が起きないな、などと下衆なことを考えてはいけません。
地域の住民たちのモラルが、こういった仕組みを作り上げたんでしょうから。

でも、杖をついた老人などは、バスのステップを登るのが困難。
そういうとき、木箱の近くにいる人が、こういった手助けをします。
この少年は、すすんで、これをやってました。

00001869

家路を急ぐ人たちで、すれちがうバスも混みはじめています。

00001870

運転手が「メトロだよ」というので降りました。

00001871

もう、完全に夕方のラッシュアワーですね。

00001872

バクー メトロ駅の駅頭風景

00001873

QARA QARAYEV駅。なんと読むのかはわかりません。

00001906

思いがけずも、このような駅の街頭に立てたので、少し生活の営みを見ていきます。

00001874

00001875

00001876

12年前、シベリア鉄道に乗ったとき、駅に着くたびに駅前の風景を見てきましたが、なんかそっくりです。

00001877

00001879

バスを待つ人々を観察するだけでも、旅は楽しい。

00001881

00001883

00001887

どこか、懐かしさを感じさせる風景。

00001882

00001885

アゼルバイジャン。やっぱり、来てよかった・・・

00001886

さて、すっかり日も暮れたので、ホテルに戻りましょう。
ICカードをかざして、ホームに下ります。

チャージ残高の差額から計算すると、地下鉄は1回0.2マナトなのかな。
バスとおんなじです。13円って安いよな。

00001907

さて、どの電車に乗るかが問題です。

というのは、来るときは、ICHERISHEHER駅から乗ったので、否応なしにレッドラインに乗るしかなかった。

バクーには、レッドラインとグリーンラインの2本の地下鉄があり、このQARA QARAYEV駅は、その2本が通るので乗り間違えないように気をつけねば。

そこで、ホームの隣に立ってた青年に尋ねると、「次はグリーンライン、レッドラインはその次だと思う。」と教えてくれました。そして、ホームの端を指します。

00001908

これは、別の駅で撮ったものですが、なるほど、グリーンラインが来る場合は緑の表示。
レッドラインの場合は赤。これは、わかりやすい。

アゼルバイジャンの青年、ありがとう(^^)v

00001911

地下鉄の車内。

ホームに止まるとき、完全に電車が停止する前に、ドアが開きます。
発車するときも、ドアが閉まりきる前に、動き出します。

そして、ドアの閉まり方がすごい。
日本の電車の3倍くらいはあろうかという速度で、バタン!としまります。

自己責任の世界を絵に描いたような、地下鉄の光景でした。

00001909

ICHERISHEHER駅について、長い長いエスカレータで地上に出ます。

00001910

夜も賑わうバクーの街

地上に出ると、すでに夜のとばりが。まだ6時過ぎなんだけどね。

00001890

城壁も、ライトアップされてます。

00001891

寒いですが、ホテルの裏の公園街ともいうべきところを歩きます。

00001893

00001895

洒落た飾りつけ。

00001898

アゼルバイジャン人たちが、夕食を楽しんでいます。
私も、どこかで食べちゃいましょう。

00001899

おすし屋さん。

00001900

立って見ていると、店員さんが手招き。
はるばるアゼルバイジャンまで来て、日本食? という気もしたけど、カスピ海産の魚介が食べられるかもしれないと思い、入りました。

00001892

店内もしゃれてます。
また、いつもの通り、おすすめを。

00001901

そして、でてきたのがコレ。
ずいぶん量が多いな、おい。

00001904

なかにチーズが入っているという珍味でしたが、おいしかったです。
欲をいえば、もっといろんな種類を味わいたかったかな(笑)

00001905

とにかく、アゼルバイジャン2日目も、無事に終わりました。

明日は帰国か・・・

タイトルとURLをコピーしました