チャオプラヤ川早朝散歩&カオサン通りの初日の出【バンコク旅行記 #10】

バンコクひとり旅の2日目。

というより、本日は2023年の元日。

2020年の元日をチュニジアでむかえて以来の異国での年明け。

着実に日常が戻りつつあることに、嬉しさを感じます。

カオサン通りの初日の出

私の、旅先での日課。早朝散歩。

ちなみに、昨夜は、爆竹やら音楽が大音響でこだまし、暴走族の集会でも開かれてるかのごとく、鳴り響いていたカオサン通り。

12月31日だったからなのか、それとも日常のことなのか。

日常だとしたら、カオサンの人たち、身体もたないでしょう(^^)

 

夜通し語り合い、それでいて疲れの表情も見せない若者たち。

そこへ、清掃車が通りがかり、ゴミを回収し、水を撒いて通りを清めていきます。

これが、カオサン通りの初日の出。2023年のスタートです。

ピンクラオ橋から眺めた夜明け

カオサン通りから徒歩数分の、チャオプラヤ川に架かるピンクラオ橋に出向いてみました。

私は、町の素顔がみれる早朝散歩が大好きです。

すっぴんのまま、という感じの都会の素顔。

バンコクも2023年のはじまりです。

6年前は、チャオプラヤ川の川岸に、あんなにマンション建ってなかった気がするw

バンコクの朝は遅いんですよね。これで午前8時。

もう日の出時刻は過ぎてるから、太陽は昇ってるんだろうけど、雲から顔を出さない。

でも、このほうが幻想的だ・・・カッコいい、バンコクの朝。

橋の上って、あらたまって立ち止まると、実は常に揺れてることがわかる・・けっこうコワいw

橋の欄干に寄りかかって、うっとりと眺めるバンコクの空。

バンコクの中心を蛇行するチャオプラヤ川。水源はチェンマイ。チェンマイも行ってみたい。

水上バス。6年前、ボラれた苦い思い出があるけどw、今回、そのリベンジでもするか。

空がますます色づいてきました。

あの真ん中の特徴的なビルは、タイで最も高いマハナコンタワーですね。確かに高いわ・・

太陽が出てきました。ファーストサンライズオブバンコク。

元日の朝を異国でむかえるのは4度目だけど、そのうち2回がタイだ。

カオサン通り「宴のあと」

一度、カオサン通りに戻ってみると、太陽が昇ったことで宴が一段落したのか、盛り上がっていた衆も消え失せています。

その「宴のあと」に残された残骸がすさまじいw

それとも、清掃局が来るから散らかすのは公認なんだろうか。

そして、路上はベトベトです(^^)

しかしこれ、掃除するほうも大変ですね。

カオサン通り「宴のあと」でした。

チャオプラヤ川の早朝散歩

もう一度、ピンクラオ橋に出向きました。

今度は、北のほうを眺めます。あのマンションからは、日の出が毎日拝めそうだね。

目を凝らすと、細かく水上バスの乗降場があります。

渋滞の激しいバンコクでは、チャオプラヤ川の水運は貴重な交通手段です。

では、チャオプラヤ川の遊歩道でも散歩してみましょう。

ちょうど、早朝サイクリングの集団とかちあいます。

点字ブロックのある遊歩道。

自転車は、走りにくそうでしたが。

でもほんと気をつけて。私、点字ブロックに車輪をとられて転倒したことがありますw

バンコクの母なる川チャオプラヤ川。

古くはメナム川と呼ばれたこの川は、チェンマイからはるばる370㎞を下り、その間高低差がたったの25m。

流れというものを感じさせないほど、ゆったりと、そしてたっぷりと水を横たえています。

でも、上流域に台風などが上陸すると、水位が1~2mほども上昇することもあるそう。

最近では、2011年の大洪水が記憶に新しい。

2011年の7月から3カ月以上続いた洪水は、死者の数440人以上。

日本円にして4,000億円にのぼり、自然災害としては、東日本大震災、阪神大震災、ハリケーン・カトリーナについで、4番目という深刻さだったという。

そんな洪水など、微塵も感じさせない1月のチャオプラヤ川。

あそこに架かるのは、ラーマ8世ブリッジ。なんか、夜はライトアップしそう。

遊歩道を北上していくと、桟橋に出くわします。

この「プラ・アティット桟橋」が、カオサン通りに最も近い水上バスのターミナル。

ここを拠点とするオレンジ色のフラグがはためいた船に乗れば、チャオプラヤ川を軸としたバンコク観光は完璧ですw

ちなみに、旗のない私営の船に乗ると、ボッタくられる確率がかなり上昇。

私も6年前にやられました(^^)

 

ところで、まだ運航開始してないようですね。

さて、日も昇りきって、暑くなってきました。

桟橋と、ほぼ地続きだったサンティチャイプラカーン公園を散策。

バンコクは水運で栄えた町ですから、川沿いに要塞や寺院があるのはうなずけますね。

夜は露店も出現し、カオサン通りとはまた違った賑わいを見せると聞きます。

では、ホテルに戻って出かける準備をしましょう。

はだしの修行僧が、道端に割れて飛び散ったビンのカケラを踏んでしまわないか、ちょっと心配・・

タイトルとURLをコピーしました