バンコク鉄道の旅「ウォンウィエン・ヤイ」⇒「マハチャイ」【バンコク旅行記 #4】

さて、旅のはじまりから、いきなりプチハプニングでしたが、これも旅。

ボッタくられて、すぐに気分転換できるのも技術(^^)

ロータリーを歩道橋で渡り、メークロン市場に向かう鉄道駅「ウォンウィエン・ヤイ」駅に向かいます。

メークロン市場への道のり

↑これね、メークロン市場w

ここに行きたいために、「ウォンウィエン・ヤイ」駅までやってきました。

ところで、メークロン市場へたどり着く方法をおさらいしておきます。

バンコク市内からメークロン市場へ 鉄道での行き方

「ウォンウィエン・ヤイ」⇒

「マハチャイ」

ターチン川を渡る

「バーレーン」⇒

「メークロン」

8:35 ⇒ 9:28

9:40 ⇒ 10:36

12:15 ⇒ 13:10

※以後1時間に1本程度

渡し船で対岸へ

※所要時間数分

7:30   ⇒ 8:30

10:10 ⇒ 11:10

13:30 ⇒ 14:30

16:40 ⇒ 17:40

※時刻は、すべてグーグルマップより。

要するに、

  • バンコク市内の「ウォンウィエン・ヤイ」駅から列車で「マハチャイ」駅へ行く。
  • 「マハチャイ」から渡し船に乗って、ターチン川を渡る。
  • 川向こうの「バーレーン」駅から、「メークロン」行きの列車に乗る。

と、そんなに難しくありません。

 

この行程で、もっとも重視すべきは、「バーレーン」⇒「メークロン」で1日4本しかない。

そして、7:30のには乗れるはずもなく、16:40ではバンコクへの帰りが遅くなる。

選択肢は10:10か13:30しかありません。

そこで、私は、スワンナプーム国際空港に着いてから「カオサン通り」のホテルにキャリーを置いて、なんとか「ウォンウィエン・ヤイ」8:35発の列車を目指していたわけです。

これなら、マハチャイに9:28に着き、渡し船で対岸に渡り、10:10発のメークロン行きにゆっくり間に合うという計算でした。

バンコク泊の翌日なら、十分可能なスケジュールで、鉄道でメークロン市場に行くならこれがベストじゃないですかね。

 

それが無理となり、バーレーン13:30発に狙いを絞ると、「ウォンウィエン・ヤイ」発は9:40か12:15。

マハチャイには、大規模な海鮮マーケットがあり、渡し船のようすも観察したいので、9:40発ので行って、マハチャイで時間をつぶすことにしました。

マハチャイ途中立ち寄りを前提とするなら、かえって都合の良いスケジュールになったのかも。

 

ちなみに、「ウォンウィエン・ヤイ」から「マハチャイ」「メークロン」にかけての位置関係はこんな感じです。

バンコク市内から70㎞程度なので、北に向かえばアユタヤに手が届く、そんな距離です。

ところで、メークロン市場だけにスポットを絞るのであれば、バンコクからロットゥーというミニバスのの直行便。

あるいは、オプショナルツアーに頼むのも手だと思いますが、私は公共交通機関で行きたいので、こんな面倒くさいプランにしました(^^)

 

「ウォンウィエン・ヤイ」駅のようす

さて、「ウォンウィエン・ヤイ」という、日本人の私には正常な発音がとてつもなく難しい駅。

タイの国鉄なので、立派な駅舎を構えてるのかな、と思いながら進むと、ストリートがそのままプラットフォームにつながってました。

こりゃまた、カオスな雰囲気の駅ですね。

バンコク市内を始点として西へ向かう路線。

ローカル鉄道とはいっても、始発駅なのだからターミナルのような構えと思いきや、線路は1本。

そして、見事なほど生活に溶け込んでいます。

駅名は間違いなく「ウォンウィエン・ヤイ」。ほんとに舌を噛みそうだw

待合室。

さて、チケットを買いましょう。現在9:20。

9:40の列車があるはずだ、と頭の中ではわかっていても、グーグルマップの情報。

本日は12/31大みそかなんです。臨時の時刻改定もありうる・・・

と、心配は杞憂でした。たしかに9:40発。そしてマハチャイ着は10:36。

座席は指定されないのに、列車は指定される、ちょっとふしぎなチケット。

料金は12バーツ(約48円)でした。1時間乗って48円・・円安を感じさせない値段です。

 

チケット売り場の周囲を見渡すと時刻表が。

しかし、これは、「バーレーン」⇔「メークロン」の時刻表で、マハチャイに着いてから渡し船で対岸に渡ってからの話。

でも、これがここに掲示されているということは、このルートでメークロン市場に行く人がそれなりにいるということですね。

そして、時刻もはっきりしました。目指すはバーレーン13:30発の列車です。

 

出発までのあいだ、しばし駅のホームを散策。

乗ってる時間は1時間なので、トイレに行っておきましょう。

トイレ使用料2バーツ(8円)でした。まあ、清潔なトイレでした。

ホーム上が、そのままマーケットになってるアジアではよくみる光景。

後で知ったのですが、「ウォンウィエン・ヤイ」から「メークロン」への旅客は、タイ国鉄は一体管理。

「ウォンウィエン・ヤイ」から「マハチャイ」を東線、「バーレーン」から「メークロン」を西線と位置付けられ、そして、他の路線からの乗り入れが一切ない、孤立した鉄道となっています。

車両は、どこか日本の趣もありそうな感じ。ひょっとして日本製?

でも、クーラーはありません。盛大に窓があいてます。

それにしても、こうやって、異国の駅のホームを歩くだけで楽しい。

ほんとにすごく懐かしい気分だ。

屋台で、なにかお気に入りを見つけられるといいよね。

出発!マハチャイ行きのディーゼルカー

車内に乗り込むと、やはり日本製を感じる感触。

これ、走行中に、隣の車両へ移るのはコワいね(^^)

あいてる席を見つけました。

ソーシャルディスタンスの徹底ぶりがすごい。ほんとに座っちゃいけないんだろうか。

あいにく、陽の差し込む左側の席しかあいてませんでしたが、鉄格子のようなシェードがおりてます。

グイッと開けます。おお、見晴らしがいいわ。

青春18きっぷで、クーラーのない電車を乗りまくってた幼少期を思い出すね(^^)

プワンと警笛が鳴って出発です。

ほんとに、車内と外が近い。

住民の生活をのぞける楽しい鉄道旅。

しかし、用心が必要。

樹木、その他の障害物を容赦なくかすめます。それは日本の比ではないです。

自己責任の世界・・

のどかな車内。

車掌さんがきて検札していきました。

12バーツ(48円)だって、チケットはチケット。公務ご苦労様です。

踏切を渡って、いよいよ郊外に向かいます。

マハチャイ線ディーゼルカーの乗り心地

ディーゼルカーは、各駅に止まっていきます。

相変わらず、生活と一体となったホームが多いですが・・

たまに、川の上にある駅や・・

寺院の境内にプラットフォームがあったりします。

読めない・・

しかし、立派な寺院。

あとで調べると、「ワット・シン」というアユタヤ時代から存在する古代寺院とのこと。

おみそれしました・・

 

ワットシン駅の次が、BANGBON駅。3人兄弟が歩いていきます。

民家から、水路を渡って、すぐにホームに出られる駅。

これも駅?

とにかく、窓外の観察がとても楽しいマハチャイ線の旅。

ローカル鉄道だからといって、けっして閑散としている路線ではありません。

途中駅からかなり乗って、ソーシャルディスタンスではなくなってます。

対向列車とのすれ違い。

ホームの反対側もドアを開ける流儀なのでしょう。

この鉄道、ほかからの乗り入れのない、行ったり来たりするだけの路線なので信号がないらしい。

走行中は、けっこうな速度を出します。

だから、顔を出してると危ない。葉っぱが窓枠に当たりますから・・

町に近づいた雰囲気。

マハチャイの文字が見える駅。終点が近づいたようです。

マハチャイ駅に近づくと、沿った車道は渋滞。

そして、列車はスローダウン・・

なんだか、メークロン市場みたいな様相ですよ。

へえ・・これがマハチャイ市場というものなのかな。

線路ギリギリまで商品を陳列して・・日本じゃ考えられない、すごい・・

しかも、これ、すでにマハチャイ駅の構内のようです。

これは、マハチャイ市場、楽しみになってきました(^^)

タイトルとURLをコピーしました