ロヴァニエミ ⇒ ヘルシンキ 寝台列車の旅【北欧旅行記 #28】

ロヴァニエミの街を、たった2時間散策して、ロヴァニエミの鉄道駅に着きました。

現在19:19。予約してある列車は、21:15発のヘルシンキ行き。

今は、どんなものでもWEBで予約できてしまいますが、特に外国は、どこか実感がない。

現地に来て、その通りのタイムスケジュールを目の当たりにして、ホッとしたりもします。

ロヴァニエミ鉄道駅のひととき

出発まで2時間近くもあるので、待合室もこの通り。

隣には、レストランが併設されていました。

コインロッカーもありました。

待合室の窓から見えた貨車の様子。

フィンランドの鉄道も、スウェーデンと同じように、係員がまったくおらず、ホームとの往来は自由です。

ホームには、中国人観光客の団体が。

プラットフォームどころか、駅舎の中にも身分証とチケットがないと入れない自分の国と比較して、何を思っていることでしょう。

どちらが正しいなんて、正解はありませんが、グローバルに行動することは、自分たちの慣わしを客観的に見れるということで、大いに意味のあることだと思いますね。

列車遅延のアナウンス?

ところが、発車時刻の40分くらい前になって、なにかアナウンス。

どうも、列車の出発が遅れそうだと言っています。

目の前に止まっている図体のデカイ車両はどうも貨車のようで、ヘルシンキ行きの列車が来たら連結させるのかな。

ちなみに、21:15発のヘルシンキ行きも、実はロヴァニエミが始発駅ではなく、ここから北東に85kmほどいったケミヤルビという駅を19:35に出発する列車です。

途中の駅で遅れているのか、それともケミヤルビを出発できていないのか、わかりませんが、あせらずに待ちましょう。

出発がいつになるのかわからないので、時刻表に?マークが灯されました。

列車が入ってきましたが、これは別の列車。

気温は17度。暑くも寒くもない、最適な環境。

ちょっと遅れるだけかな、と思いきや、1時間遅れの22:15に出発時刻が変更。

1時間遅れですか。待合室に戻る人たちも出ました。私も、建物の中に入ります。

しかし、駅員という駅員がホームに1人もおらず、遅延のアナウンスだけが流れるのは、不思議な光景です。

 

小さな待合室が、乗客全員を収容しきれるはずがありません。

こういう難民も出てきています。

 

私も難民の仲間になろうかとも思いましたが、隣のレストランをのぞくと、いくつか空席があったので、簡単な夕食をとることにしました。

まずはサーモンのサンドイッチ。

 

そして生ビール。5ユーロ(600円)でしたから、極端に高いわけではないことを確認して、グイッと飲み干しました。

なんだかんだで、今日は朝からバスに乗りっぱなしで、そのバスを降りてからも2時間ほど歩き回ったので、身体の疲れを覚えます。

疲れた身体にビールが、しみ込んでいくのを実感します(笑)

ヘルシンキに着いてから、エストニア行きのフェリーに間に合うかな??(不安・・)

ところが、ビールをのんびり飲んでいると、またアナウンス。

列車は、さらに遅れるらしく、23時過ぎになるだろうと放送しています(゜o゜)

目の前の、私と同じのんべえたちは、そんなことまったく気にせず、酒を飲んでいますが、私は少し事情が違います。

というのも、この列車のヘルシンキ到着は、明日の朝の9:14。

ヘルシンキの滞在は、明日とあさっての丸2日を充ててあるのですが、明日は、ヘルシンキに着くやいなや、駅近くに予約してあるホテルに荷物を置いて、そのままフェリーでエストニアの首都タリンに行ってしまおうと考えていたのです。

つまり2日のうち、1日はタリン観光に充てようと。

ヘルシンキからエストニアのタリンまでは、フェリーで2時間ほど。

往復に4時間。そして観光は3時間もあれば弾丸観光が可能と、いろんなブログで紹介されていたので、半日あればタリン往復可能と見積もっていたのです。

ヘルシンキからのフェリーの出航は13:30。列車が9:14に着くのであれば、まったく問題ありません。

ところが2時間以上遅れるとなると、どうしたものか・・・

  1. 遅延2時間以内(ヘルシンキ到着午前11時頃まで) ⇒ 13:30出航のフェリーでタリンを往復。
  2. 遅延2時間以上(ヘルシンキ到着が午前11時を過ぎる) ⇒ 当日はヘルシンキ観光として、翌日タリンを往復。

と、こんな風に計算しました。

でも、案2の場合は、飛行機でフィンランドを飛び立つ同日に異国を訪問。できれば避けたいところ。

遅延は2時間程度でおさまってくれないかな・・・ぜひ、案1を希望。いちおう、ホテルからフェリーが出航する港までの所要時間も計算には入れてます。

 

そんなことをアタマの中で考えているうちに、列車の出発は23:20まで遅延が拡大しました。

ヘルシンキ行き寝台列車 2時間遅れでようやく出発

でも、今度のアナウンスは本当らしく、まもなく列車が到着するようです。

23時を過ぎても、空が薄っすら明るいのが妙な気分。でも、そんな白夜とも今夜でお別れです。

列車が入線してきました。

2時間以上遅れて、待ちぼうけをくらった乗客たちも乗り込みます。

オール2階建ての列車のようです。

私の手にしているEチケットによると、列車番号はIC274、車両番号は24。

2階建て車両の通路。シャワールームもあるようですね。

私の部屋は1階でした。

 

部屋に荷物を運び込んだ様子。

スウェーデンの列車のように、コンパートメントの中にトイレやシャワーまではありませんが、機能的にできているようです。

ところが、私は追い出されました。なんと、部屋を間違えたようです(笑)

もう一度チケットを確認して部屋に入ると、すでに先客が。そして、私のベッドは上段でした。

荷物置き場がないので、ベッドまで荷物を運び入れます。

すぐに車掌さんが現れ、EチケットのQRコードを機器でチェックして検札終了。

私は、この車掌さんに「ヘルシンキに到着するのは何時ごろになりそうか?」とたずねました。

すると、「・・almost・・」と聞こえ、平然としています。ほとんど変わらないよ、と言ったようです。

私は、そのときは、「遅れの時間はほとんど変わらずにヘルシンキに着くよ。」と解釈しました。

そりゃそうだろうな・・

身長177cmの私が横になると、キャリーバッグにスペースがとられ、頭と足が両端にくっついてしまって、けっしてよい寝心地ではありません。

23:29にようやく出発です。2時間15分の遅れですか。

これは、明日のエストニア渡航はあきらめざるを得ないかな・・・

そんなことを考えながら、眠りにつきます。

なんだかんだ言って、今日は1日行動しっぱなしだったので、疲れました。爆睡です!(^^)!

タイトルとURLをコピーしました