エチオピア航空 アディスアベバでのトランジット ケープタウンへ【南アフリカ旅行記 #3】

成田を前夜20:40に出発し、ソウルで途中降機(トランジット)

飛行機を乗り換えて、アフリカ大陸にやってきました。

その間、3度の機内食が出て、もうお腹いっぱいですが、飛行機は概ね順調にフライト。

アディスアベバのボレ国際空港にランディングです。

20分遅れているので、乗継時間が30分しかありません。

まあ、CAが大丈夫だろう、と言ってるので、大丈夫だとは思いますが・・・

超シンプルなアディスアベバ・ボレ国際空港での乗り継ぎ

00014350

整然と並ぶ、エチオピア航空の機体。

00014351

気が揉まれます。乗り継ぎは大丈夫かな・・・

00014391

ところが、タラップを降りたところで、スタッフが、乗客1人1人の行き先を確認しています。

私がチケットを見せて「ケープタウン!」と言うと、「ケープタウン! ウエイト ヒヤ!」。

ここで待て、とのこと。

ちゃんと、行き先別に案内してくれるんだね、ほっとしました。

00014392

不安なのは、私だけじゃないんだよね。

ナイロビ、ヨハネスブルグ、ビクトリアフォールズ、いろんな地名が飛び交っています。

00014352

あちらは、ケニア・ナイロビ行きに乗り換える人たち。

ケープタウンは、相変わらず、ウエイト ヒヤ。

00014393

ようやく、「ケープタウン!」と声がかかって、バスではなく、クルマに乗り込みます。

乗り込んだのは、私、欧米人1人、韓国人3人の5人だけ。

ケープタウンに行く人、こんなに少ないの??

00014353

そして、乗り継ぎ専用タラップみたいなところから、無事にケープタウン行きに乗り継げました。

空港のコンコースも通らず、保安検査もない、超シンプルなボレ国際空港のトランスファーでした。

00014394

機内は、すでにほかの機から乗り移った人たちで、ほぼ満席。

しかし、またまた、私の隣は空席。やったぜ!

無事に乗り継げたことで、気持ちもハイになってます(笑)

00014395

ET847便 キリマンジャロを望みつつアフリカ大陸を南下

もう、なにも心配はありません。

この機体が、私をケープタウンまで連れて行ってくれます。

ボレ国際空港を出発です。

00014358

それにしても、シンプルな乗り継ぎ。これなら、15分でも可能なのでは。

00014359

約30分の滞在だったエチオピアにお別れ。

00014360

ケープタウンまでは、ここからでも5,235kmの距離。

00014354

飛び上がると、すぐに飲み物の提供。

00014396

朝から赤ワインです。でも、注意しないと。

これから7時間後くらいには、レンタカーを運転するんです。この1本でやめておきましょう。

00014361

アフリカ大陸の縦断です。

00014362

このフライトコース。アフリカ最高峰のキリマンジャロが見えるはずなんです。さあ、どうだろ。

00014363

眼下は雲海でしたが、さすが標高5,895mのキリマンジャロ

てっぺんが、雲の上に突き出てました。

そして、機は、南半球に入ります。生涯4度目の南半球突入。

00014366

さて、キリマンジャロを望んだ後は、ひたすら雲海の上。

やることもないので、「地球の歩き方」を読んで、ケープタウンの「危険区域」などを、もう一度アタマに叩き込みます。

00014367

通算4度目の機内食

機が南回帰線にかかろうとする頃、

00014368

ランチが配られます。

00014369

日本を出てからトータル4度目の機内食。朝のパンを入れたら5度目。

ビーフをオーダー。飲み物はコーラにしました。着いたらすぐ運転だから、もうお酒はだめな時間帯だね。

ケープタウンまで、あと2時間です。

00014370

食後のコーヒー。

00014372

ケープタウン到着  空から見下ろすテーブルマウンテン

いよいよ、ケープタウンです。

00014373

赤茶けた大地が見えてきました。

00014374

そして、湖。

00014376

そして、大西洋。

あの島は、明日訪れる予定のロビン島かな。

00014378

ケープタウンの街、そしてテーブルマウンテンとライオンズヘッドが見えてきました。

00014381

これは、間違いなくケープタウンの街です。感動ものです。

00014382

着陸です。

00014384

ケープタウン国際空港に到着。

成田から24時間半。いやあ、長かった~

でも、遠いところに来た、いよいよケープタウンだ、というトキメキで、体の疲れを感じません。

00014385

隣には、ターキッシュエアラインズが。

イスタンブールから長駆ここまで来てるんだね。

00014386

24時間以上お世話になったエチオピア航空の機体を眺めます。

機内食もワインもおいしかったし、シートは意外にも広かったし、隣席は空席だったし、乗り継ぎは合理的。

日本からここまで、15,649kmも運んできてくれてありがとう(^^)v

00014388

タイトルとURLをコピーしました