ケープタウン到着&南アフリカランドへの両替【南アフリカ旅行記 #4】

楽しかった道中とはいえ、成田から飛行機を2回乗り継いで24時間です。

さすがに、腰がほんの少しきしみます。

でも、会社をひけてすぐに飛行機に飛び乗って、24時間後に地球の裏側のケープタウン。

弾丸トラベラーの妙味ここにありですね(^_^)

さて、飛行機の外に出た瞬間は、ものすごく暑かったんだけど、ケープタウンの気候は、どんな感じなのでしょうか。

00014387

まずは、イミグレですね。

「ビザが必要だよ。」とか言われないかな・・・

00014397

南アフリカ共和国 記念すべき30カ国目の入国

イミグレの列は、ほぼ100%欧米系。このわきあがる孤独感。たまらんです。

ブエノス・アイレスのときもそうだったけど、日本人の気配をまるで感じないのが、とても心地よい。

やっぱり、遠すぎるから??

00014399

帰りのEチケットが必要と聞いていましたが、そんな質問もなく、あっさりスタンプをポン。

パスポートの有効期限とともに、見開きで2ページ以上の残ページが必要とのことだったので、すごく大きいビザを期待していたんですが、ふつうの大きさのスタンプ。

今日から3か月分のツーリストビザです。

これで、記念すべき海外渡航30カ国目となりました。

00014530

初めて手にした「南アフリカランド」

そして、両替です。

南アフリカ共和国の通貨はランド。

これ、FX(為替証拠金取引)なんかやってる人にはなじみがあるのではないでしょうか。

いわゆる高金利通貨で、2019年2月現在で、南アの政策金利は6.75%

マイナス金利が続く日本からしたら、とんでもない高金利ですが、リーマンショック前は、もっと凄まじく12%なんて時代もあり、私もポジションを持っていたときもありました。

政策金利は、景気をコントロールするために、当該国の中央銀行が操作するものですが、新興国のそれは、景気コントロールというよりも、キャピタルフライト(資本逃避)を防ぐための意味ももつようです。

金利で投資先を選択する投資家もいますから、金利が高ければ買ってくれるということ。

お金が自分の国に集まるということですね。

しかし、高金利は、すなわちインフレ(物価上昇&通貨下落)を意味しますので、長期的には下落します。

リーマンショック前は16~17円だった、対円相場が、今は7.8円です。

00014533

FXのポジションとして持ったことはあっても、通貨現物を手にするのはもちろんはじめて。

ネルソン・マンデラ元大統領の肖像が描かれた、しっかりとした紙質です。

00014534

新旧織り交ざった紙幣ですね。

ところで、両替をどの位するか。

南アフリカの治安は悪いし、基本的に現金はあまり持ち歩かないほうがいいに決まっています。

しかし、南アフリカは、チップの習慣が根付いていて、支払いの10%くらいは渡したほうがいいらしい。

思案した結果、4日間の滞在で20,000円ほど両替しました。

00014535

あとで買い物したときに手に入れた硬貨。

これは、持って帰りましょう。こういうのって、ほんと記念になるんだよなあ。

00014536

ターンテーブルに出てきた荷物とも、24時間ぶりに再会。

マザーシティというのは、白人から見たケープタウンの愛称ですね。

00014390

観光地らしい、空港のコンコース。

00014389

15,000kmも飛んできたケープタウン。

何もかもが新鮮で、舞い上がっている自分がいます。

しかし、今日の行程は、レンタカーを借りて、さっそく、ケープタウンの名所テーブルマウンテンに登ります。

さあ、気を引き締めましょう。

タイトルとURLをコピーしました