【カタール】1日目(その1)  カタール航空でドーハへ 不安を抱えた旅立ち

さて、旅立ちの前奏曲、深夜の羽田空港に到着です。

これから、9,000kmと、遠く離れたレバノン・ベイルートに向かいます。

レバノンでは、抗議デモの真っ最中。正直、不安な気持ちは隠せません。

本当に不安を抱えた旅立ちですが、香港でもデモが拡大中なんですよね。

ほんとに、世界中いたるところで不安定な世の中ではありますが、その香港エクスプレスも、何事もないように運行されてるようです。

不安もあるけど、どこか楽観的な自分もいます。

デモの収束が見えないのであれば不安だけど、とりあえず一昨日ハリリ首相が辞任を発表したことで、いったんは落ち着きを見せ、道路の封鎖も解除に向かっているということなので。

ベイルート行き ドーハ経由のフライトスケジュール

 航空会社便名フライト

乗継ぎ時間

往き

カタール航空

QR813

羽田23:50 ⇒ ドーハ6:10

8時間30分
QR420

ドーハ14:40 ⇒ ベイルート18:15

 

帰り

カタール航空

QR419

ベイルート0:45 ⇒ ドーハ4:50

2時間10分
QR812

ドーハ7:00 ⇒ 羽田22:30

 

最終目的地はベイルートですが、とりあえずはトランジットのカタール・ドーハ。

ドーハでのトランジットは3回目ですが、市内観光するのは初めてなので、とりあえずは気分を「カタール観光」に切り替えて、気楽に行きましょう。

 

カタール航空のチェックインカウンターは、一番端っこのLです。けっこう並んでますね。

カタール航空は、格式が高い割には価格がリーズナブルで、ドーハを経由してヨーロッパ各地にも就航しているので、日本人にも人気があるみたいです。

私は、オンラインチェックインしてきましたので、ほぼ並ばずに荷物のドロップ。

チケットを発券しながら、グランドスタッフのお姉さんが「レバノンのビザはお持ちですか?」と聞く。

「アライバルで取るつもりだけど・・」と言うと、少し首をかしげる表情。

そのあと「現地滞在のホテルのアドレスは、紙に印刷か、スマホにキャプチャーしておいてくださいね。」と念を押されます。

カタール観光のつもりで、気楽に行こうと思ってましたが、また少々不安になりました(笑)

カタール航空 QR813便 ドーハに向けてのフライト

今回は、出発ギリギリまで仕事が立て込んでいたので、羽田に着いたのがフライトの1時間半前。

なので、すぐにボーディング開始です。もちろんビジネスではないですよ(^^)

と言いながら、ビジネスクラスのシートをチェック。

後ろ向きに座るスタイルなんだね。いくらシートがフラットになるといっても、進行方向と反対側に座るって、気分的にどうなんだろう?

さて、私の席17Aに腰を落ち着けます。

オンラインチェックインがはじまる48時間前には、ふさがっていたのですが、1列前の16ならば、足を投げ出せる最前列シート。

エクスペディアで予約したときに、自動的に割り当てられたのが17Aなんですが、予約クラスごとに割り振られてるのかな。

想像だけど、最前列と、そうでない席で価格が同じなんておかしいし。

でも、通常の席でも、さすがカタール航空足元のスペースはゆったり。身長176cmの私でも足を組めます。

シートの背もたれも、けっこう傾くのも魅力ですが、前のシートでそれをやられると、モニタがもろに目の前に。近すぎて、結構目が疲れます。

ま、みんなでシートを倒せばいいんでしょうけど・・

 

さてゲートを離れます。旅立ちの瞬間は、いつもながら気分が高揚します。

ドーハまで、ユーラシア大陸を横断するフライト。

ドーハまで9171km。あれ、ドーハまで15時間って、計算間違いじゃない?

ドーハ到着は、明朝の現地時間6:10。所要時間は12時間20分のはずだけど。

と、不思議に思っていると、カタール航空のCMが流れます。

カタール航空の美味しい機内食

直前まで仕事をしていたのと、連日の激務で、フライトと同時に寝入ってしまいました。

肩を揺り起こされて、機内食が配られます。

隣の客は、メニューを見ながら注文してるけど、私は寝ていたために、勝手に配られました(笑)

でも、これはチキンかな。温かくとてもおいしい機内食です。

 

赤ワインもおいしく、おかわりをいただいた後で、二度寝です。ほんと、飛行機の中で寝るの得意だなあ~

 

目が覚めると、機はトルクメニスタンからイランにかけての上空を飛行中。

東の空がオレンジ色に染まりはじめます。

そして朝食です。

メニューは昨夜もらい損ねたけど、オムレツをオーダー。オムレツでなかったら、ひょっとして和食があるのかな。

ポテトをベースにした、おいしいオムレツで目が覚めます。

食べ終わって、コーヒーを飲んでいると、機はペルシャ湾上空へ。ドーハまで458km。ラストスパートです。

ペルシャ湾上空のサンライズ。

ドーハの近代的な街並みが見えました。今回は、いよいよあの中を観光します。

 

透き通ったペルシャ湾すれすれに着陸態勢。

カタール航空の機体が勢ぞろいするドーハ・ハマド国際空港に到着です。

ドーハ・ハマド国際空港のトランジットツアー

この空港に来るのは2年ぶりですが、巨大なのに、非常にわかりやすい空港。

トランジット時の保安検査も、スタッフがきびきびと動き、とても好感が持てます。

ドーハ市内観光ツアーのルール

さて、私は、トランジットはトランジットだけど、「ドーハ市内観光ツアー」に参加する身。

この場合、アライバルゲートに行くのか、やはりトランジットなのか、手近なスタッフに聞くと、「「A3」ゲート前で待て」とのこと。

すなわち、アライバルではなくトランジットですね。

ところで、ドーハの乗継時間を利用した、とても便利な「ドーハ市内観光ツアー」。カタール航空が主催していて、おそらく多くの日本人も利用していることでしょう。

ここで、簡単にルールをおさらいしておきます。

  1. 以前は無料だったが、現在は75カタール・リヤル(約2,200円)。
  2. 以前は当日空港での申し込みだったが、現在はオンライン申し込み可。定員46名。
  3. トランジットの時間が5時間以上必要。
  4. スーク・ワキーフなどの見どころ数箇所を回遊。所要時間は3時間程度。
  5. ツアー開始時間が、8:00、10:30、15:00、18:00など1日6回。
  6. ツアー開始時刻の90分前までに、ツアーデスク前に行く必要あり。

ここで、ポイントになりそうなのが、上記の6。

ツアー開始時刻の90分前までにデスク前に行く、ということは、朝8時のツアーの場合6時半までに訪れなくてはなりません。

ところで、羽田からのフライトのドーハ到着は6時20分。

非常に微妙で、いやむしろ間に合わない公算のほうが高いとも思いましたが、カタール航空はかような意地悪なんてしないだろうし、実際には、1時間10分前の集合で大丈夫だったので平気でした。

これが、ツアーデスク前にあったスケジュール表です。

とりあえず、まずは「A3」前のツアーデスクに行きましょう。

その前に、黄色いクマちゃん「テディベア」にあいさつ。

2年ぶりの再会ですが、変わらずに元気そうでなによりです(#^.^#)

A3の前というとあれですね。

 

デスクで予約した証跡をスマホで示すと、なにやらパソコンに打ち込んだ後で、その辺でしばらく待て、7時になったらここに集合して欲しい、との指示。

待っている間、wifiにつないで、レバノンの情勢を調べます。

本日10月31日の情報は、まだ発出されてませんでしたが、現地大使館の情報は、前日夜の「ハリリ首相の辞任を受け、抗議行動参加者は、道路封鎖を解除していく模様」のままです。

便りがないのはよい知らせかどうかはわかりませんが、市内観光ツアー終了後に、もう一度アクセスしてみる必要がありますね。

 

7時になると、どこからともなく10人ほどのツアー参加者が集まってきました。日本人も数人含まれています。

そして、名前が呼ばれカードが配られ、名前、生年月日、パスポート番号などを確認せよ、との指示。

引率の女性スタッフの後に、参加客がぞろぞろとついていきます。

カタールへ入国

以前はどうだったのかわかりませんが、ツアー客はイミグレの特別通路のようなところで、全員保安検査の上、入国手続きを行いました。

ドーハのトランジット市内観光は、入国手続きはしない、みたいな情報を聞いたことがあるけど、誤情報だったのかな。

とにかく、カタールの入国スタンプが押されました。

カタールで、海外渡航39カ国となりました!(^^)!

 

そして、空港のアライバルコンコースへ。ハマド国際空港は3回6度の利用ですが、空港の外に出るのははじめて。

この時点で7時40分。ツアー出発は8時なので、しばらく待てとの指示です。

時間があるので、ちょっと周りを散歩。これはなんだ?

まさか、本物の金? それにしても落書きがすごい。

空港内は、とても冷房が効いてますが、外はすごく暑いんだろうな。機内の放送では30度と言ってました。

なにかのモニュメント。

 

まもなく8時です。ドーハの市内観光ツアーのスタート。

さて、飛行機の窓からしか見たことがないドーハの街並み。実際に、この目で見ることができます。

ちょっとドキドキしますね(笑)

タイトルとURLをコピーしました