【レバノン】3日目(その4) ビブロスのスーク ~ 再びレバノン料理

何時間でもいたいビブロス「十字軍の城」最上階からの絶景です。

 

ビブロスのスーク

さて、運転手との約束の時間が迫ってきました。あの遺跡の向こう側に連なっているのがスークですね。スークをぶらぶらしてから、合流することにします。

名残を惜しみながら、トンネル型の階段をくぐって、下に降ります。

 

途中の中層階より。

 

遺跡の入り口まで降りてきました。

 

遺跡の入り口のすぐ横にあるトンネルを抜けると、スークが広がっています。これは、トンネルを抜けたあとの写真。

どんな町でも、旧市街とスークは歩いていて楽しいもの。

レバノンに来て、はじめて観光客がいるような場所を歩いた気がします。

一眼レフをぶらぶら提げていても、注目の的にならないのも嬉しい。

ムスリムだけでなく、クリスチャンも住んでいるので、お酒も飲めます。ベイルートも、感じのよいバーが並んでいると聞いてますが、ちょっとこのデモの状況では無理かな。

いろんな、珍しいものを売っています。あの手前の如雨露のような器具は、コーヒーメーカーかな。

ビブロスのスークの規模は小さめ。のんびり歩いても、10分かからずはじっこまで来てしまいました。

 

スークの出口が、町の入り口みたくなっていました。

町の入り口にいたネコ。

今度は別の入り口からスークの中に。夜来たら面白そうなバー。

一杯飲みたくなってきた。ランチは、お酒が飲めるところにしよう。

一通り歩き回って、遺跡の入り口に戻ってきました。

フェニキアという名のレストラン。

なかなか楽しい遺跡と旧市街でした。

そして、運転手を待ちます。

 

またまたレバノン料理のランチ

さて、これで、本日の予定は終了。半日で、ジェイタ洞窟、ハリッサの展望台、そしてビブロスの遺跡を回れたんですから効率はいいです。

クルマは、一路レバノンを目指します。

ところで、もう昼過ぎですが、ランチは、ベイルートの町に入ってから、どこかで勝手に食べようと思ってました。

ところが、タクシーの運転手が、「レバノン料理食べたいだろ? 安くて、うまい店を紹介してやる。」と言って、海沿いのレストランの前で、クルマを止めました。 

てっきり、一緒に食べるのかな、と思いきや、運転手は、「ゆっくり楽しんでくれ。1時間後に拾いに来てやる。」と言って、どこかへ消えてしまいました。

ま、いっか。昨日のレバノン料理美味しかったし、もう一度食べるのも悪くない。

愛想のよいウエイターが注文をとりに来てくれたので、「レバノンフード」とオーダー。たぶん種類があるのか、いろいろ聞かれましたが、「おススメを頼む。」といつものパターン。

それと、レバノンのビールも注文しました。 

ちなみに、海沿いにはあるけど、海はあまり見えないレストラン。

よく冷えたビールがうまい! レバノンのビールもなかなかイケます。

これで1人前? 大量のおもてなしレバノン料理

昨日のレバノン料理は、中華料理みたいにお皿が大量に出てきたけど、1人前の場合はどうなるんだろう、などとぼんやり考えていると、やはり、昨日と同じように、大量に料理が運ばれてきました。

豆のペーストと、野菜とトマトの盛り合わせも同じ。

おいしいからいいけど、これがレバノン料理のふつうの姿? みんな食べきれるのかい?

ナンの上に、お好みで盛り付けて、サンドイッチにして食べます

  

これ、本当にうまい!

いろんなパターンを実践。

恐れてましたが? やはり、肉類も運ばれてきました。しかし、これで1人前?

しかし、美味しいんだな、これが・・

遺跡を歩き回って、お腹すいてます。いくらでも食べられそうです。

 

サンドイッチにして、6~7枚は食べたと思う。

さすがに、お腹いっぱいになってきました。

 

と思ったら、デザートまで出てきました。これ、レバノン料理のフルコース?

なんだか、料金も気になってきました。

 

さすがに全部は食べられません。でもおいしいパイナップルでした。

 

そして、最後はコーヒーが出るフルコース。

料金は、ビールも入れて40,000LP(2,800円)でお釣りがきました。

レバノンの人にとっては、ぜいたく極まりないランチなんでしょうけど、これ、2人で食べても同じ料金なのでしょうか。

それとも、2名でテーブルについたら、同じ料理でも2名分の料金になるのかな。

いずれにしろ、食の豊かさを垣間見たレバノン料理でした。

タイトルとURLをコピーしました