ヘルシンキ沿岸遊覧船で最後のヘルシンキ観光【北欧旅行記 #40】

ヘルシンキ市街を1週して、ヘルシンキ大聖堂まで戻ってきました。時刻は17時20分頃。

ヘルシンキ沿岸遊覧船から眺めるヘルシンキ

ぷらぷらとマーケット広場のほうに、散歩です。さて、次はどうやって時間をつぶそうかな・・

ちょうど、ヘルシンキ沿岸遊覧船が出航していくところ。おっと、これに乗りたかったんです。

あわてて、案内ボードを見ると、今の船は17:30発。次のは18:30発。

よかった・・ 最終に間に合いました。

クルーズ時間が1時間半なので、戻ってくるのは20時。今夜のフライトは0:10なので、十分時間はあります。

しかし、夏以外は、グッと便数が減らされるんですね。

ところで、ここでマヌケな話が。

今日は8月10日。私は、このタイムテーブルを見て、夕方まで遊覧船が動いてるのは8月9日までと勘違いして、遊覧船乗れなかったな、と勝手に悔やんでました。

このタイムテーブルによると、8/9ではなく9/8ですよね。これだけ諸外国を旅していても、英語標記に慣れないとは(笑)

なにわともあれ18:30のに間に合ってよかったです。

料金は25ユーロですが、「ヘルシンキカード」保有者は無料。

これで、「ヘルシンキカード」購入時の68ユーロの元をとったかな。

夕方のマーケット広場付近を行き交う人々

出航まで、あと1時間あります。ヘルシンキ市民の表情でも観察して、時間をつぶしますか。

 

時間もあるので、付近を散歩。

人魚の像を至近距離から眺めます。

トラムがかすめていくのに動じない人々。欧米の自己責任社会には頭が下がります。

 

埠頭に戻って通りを行く人々を眺めます。

船が到着しました。これが18:30発になるんですね。

ボートに乗船

最終便ですが、けっこう乗る人いますよ。

  

ここで、しまったな~、と思ったこと。寒いんです(笑)

日中あれだけ暑く、Tシャツ1枚で歩き回ってましたが、日も翳りはじめて海の上。風が冷たくなってきました。

出航です。みんな上着着てるもんなぁ。 

甲板にはとてもいられず、キャビンに入りました。

毛布が貸し出されていましたが、毛布だけでどうにかなる状態ではなかったです(笑)

体感温度は10度くらい?

キャビンの中は暖かいです。

キャビンでは、飲食を供給しています。1時間半の航海なので、軽くいただきましょう。

  

お酒もありますが、高いのでやめました(^.^)

ウオークマンで音楽を聴きながら、午前中上陸したスオメンリンナ島を鑑賞。

  

海上は立派な交通機関になっているようです。狭い運河などは、信号で船の行き来を整理。

  

沿岸遊覧船のルート地図ももらってますが、移り行く島々を眺めてるだけで楽しいです。

 

ほんとに船の旅って楽しい。

身体もだいぶ温まったところで、甲板に出ました。

裸とはなんと豪胆な。

約1週間、北欧を旅してきましたが、北欧は、水と森と岩盤の国、そんな感じがしました。

degero canal(デゲロ運河)を通過

いよいよ、この遊覧船ルートで最も細い運河を通ります。

高さ制限は3.7mということ?

船の上も、橋の上も、撮影スポットになってました。

TDLのジャングルクルーズのようです。

 

運河を抜けました。ちょうど半周ほどしたあたりです。

フィンランド人にはアクティヴ派が多いのかな。

現役世代の人たちは、夏季休暇を1ヶ月くらいもらってるんだろうか。

その分、太陽の昇らない冬季はビジネスに打ち込む。理にかなっているような気がします。

ヘルシンキ中心部の建物が見えてきました。

 

いよいよ、北欧の旅も終わりです。ほんとに、水と森と戯れた旅でした。

 

マーケット広場に到着。1時間半の楽しいクルーズでした。

  

マーケット広場は、クルーズしていた1時間半の間に、箒で掃いたようにきれいになってしまいました。

あれほど、出店があったのに。

時刻は20時とはいっても、日没まであと2時間近くもあるんだけどね。そういうものなのかな。

エスプラナーディ公園のひととき

とにかくこれで、8日間に渡った北欧の駆け足弾丸一人旅が終わりです。

もう少し、エスプラナーディ公園を歩いていたい気もしますが、フライトまで4時間です。

ホテルに戻って、荷物を受け取って、空港に向かいましょう。

ヘルシンキは、美しく、楽しい街でした。

タイトルとURLをコピーしました