ヤンゴンのダウンタウンの散歩【ミャンマー旅行記 #5】

さて、ホテルでの休憩時間終了。街に繰り出しましょう。

00005422

ヤンゴン ダウンタウンの街歩き

ヤンゴン料理?
ここヤンゴンのダウンタウンは、いろんなお店がひしめいてます。

夕食は、ミャンマー料理にしてみるとします。

00005420

ホテルは、スーレー・パゴタ通りを1本入った、つまりダウンタウンのほぼ中心にあります。

私は、そのスーレー・パゴタ通りに垂直に交わるアノーヤター通りを西に向って歩いています。

00005421

今まで歩いたアジアの国々と、なにか違うかな。

00005423

激しい交通渋滞。そして、集合住宅の窓群には、衛星アンテナが。

00005425

庶民的な食堂もいっぱいあります。

00005426

左に折れてみますか。
南へ、つまりヤンゴン川の方へ向うことになります。

00005427

平気で信号無視する連中。
このあたりは、その他のアジア諸国と変わりませんね。

00005428

おや、街中にモスクがありました。
ムスリムの住む一角があるんでしょう。

00005430

アイスクリームが、800チャット(約64円)。

00005432

街中にあるスーレー・パヤー

このアイスクリームやさんの角を左に折れ、スーレー・パゴタ通りの方に戻りかけると、またまたパヤーが見えてきました。

00005433

紛れもなくスーレー・パヤーです。

00005434

ダウンタウンのど真ん中にあるスーレー・パヤー。
道は、このパヤーを中心にロータリー状になっています。

00005436

入ろうかなとも思いましたが、もうパヤーはお腹いっぱい。
美しい外見を拝むだけで十分です。

スーレーとは「理髪」という意味だそう。ブッダの髪が納められているらしい。

00005437

スーレーパヤーのロータリーを半周して反対側に。
おお、ギターショップなんてある。自由な文化は、旅人を和ませますね。

00005439

パヤーの隣の建物(工事中?)には、スーチーさんの肖像画が。

00005459

マハバンドゥーラ公園の平和な風景

スーレー・パヤーからつながるマハバンドゥーラ公園の入り口で談笑するビルマ人。

00005440

向こうに見える建物は、旧最高裁判所。

00005441

純白の独立記念碑が鮮やかです。

00005443

平和そうな光景に見とれていると、日本語を話す自称学生が近寄ってくる。

お決まりの「あなたを案内したい。」

丁重にお断りします。
すると、「Why? Why not?!」

親切で言ってくれてるかもしれない誠実そうな顔でしたが、「my self」を連発して、その場を離れます。

00005445

00005448

スーレー・パヤーと独立記念碑と少年。

00005449

今日は木曜日。祝日でもないはずですが、賑わっています。

また、別の自称ガイドが近づいてきたので、公園から出ることにしました。

00005450

少し通りを歩いて、ヤンゴン川の方へ。

00005451

この陸橋を渡ると埠頭に出るはずです。

00005452

ヤンゴン川沿いの通り。
夜はナイトマーケットが並ぶとのこと。

00005454

埠頭に出ました。
それにしても、泥土をこね回したような色をしています。

00005456

しばらくたたずんでいましたが、特に見るものがないので引き返します。

00005457

マーケットの中を通って、スーレー・パヤーの方へ。

00005455

スーレー・パヤーに戻ってきました。

00005458

ヤンゴン 夕方の雑踏

明日も早く起きなくてはなりませんから、まだ18時前だけど、お開きにしようかな。
バスを待つ人々で、夕方のラッシュがはじまりかけています。

00005460

ホテル近くの歩道橋から眺めるスーレー・パヤー。

00005461

歩道橋の上で談笑する若い人たち。
人口構成が若いって、国の武器です。

00005462

これは、間違いなく、異国の風景だ。
旅を実感する瞬間!

00005464

大渋滞がはじまっています。
しばらく見ていましたが、まったく動きません。

00005466

ここも、憩いのスポットなのかな。

00005467

さて、夕食でも食べましょうか。
歩道橋を降りて、食堂をさがします。

これは、バス停の案内板。
同じ人類なのか、と思うほど、読めない・・・

00005469

ミャンマーカレーというのが、おいしいらしいですね。

00005470

おいしそうな焼きそばもあります。

00005471

タイのように、通りには番号がふってあります。

00005472

ミャンマーカレーの夕食

その、29番通りに「~歩き方」に出ていた食堂があったので、入ってみました。

00005473

たのんだのはポークカレーと、ミャンマービール。

汗の吹き出た身体に、よく冷えたビールが最高!
ミャンマービールは、とてもおいしいです。ふつうに、お酒飲めるんだね。

よく煮込まれた豚のカレーも最高! なぜか、ライスもおいしい(失礼!)

これで、10,000チャット(800円)紙幣を出したら、おつりをいっぱいくれましたよ。
たぶん、400円しないくらい?

00005474

店の主人に「チェーズーティンパァデェ(ありがとう)」というと、ニッコリ。

この旅で、はじめて使ったビルマ語でした。しかし、難しい・・・

00005475

ボージョーアウンサンマーケットの方に歩きます。
それにしても、このアンテナの数。すごい・・

00005476

家路を急ぐ人を乗せた満員のバス。

00005477

マーケットの入り口。

00005478

ところが、ジュエリーや日用品が中心ということで、食料などは扱わず。
ヤンゴン最大のマーケットらしいんですが、早々と店じまいしているので、退散します。

00005479

私は、こういう露店のならぶ雑踏のほうが好きだ。

00005480

夜食にパンでも買っておくかな。

00005481

ピザやさんもあれば、ケンタッキーもある、アカ抜けた、ヤンゴンのダウンタウンでした。

00005482

ホテルに戻って、明日の朝のタクシーを予約します。

フライトは何時だ?  6:45  ドゥメスティック? イエス バガン

4時半出発で十分だ、と言うのですが、心配性の私は4時半には空港に着いていたい。

いちおう、4時に呼んでもらうことにして、シャワーを浴びてベッドに転がります。

もう一本ミャンマービールが飲みたくなって、フロントに顔を出すと、その場で冷え冷えのビールを売ってくれました(^^)v

タイトルとURLをコピーしました