アシアナ航空で行く3泊4日韓国一人旅 ソウル駅前の散策【韓国旅行記2014年 #1】

韓国に行ってくることにしました。もちろん、韓国は初めて。

周囲の反応は、「ええ-ッ、なんで行くの??」みたいな感じでした。

日本人の多くは、朴槿恵大統領の告げ口外交にうんざりでしょう。

しかし、実際の庶民の対日感情とかはどうなのか。そういうのは、行ってみないとわかりません。

 

ところで、前回の台湾一人旅から1年半。

娘が無事に中学に入学してくれて、その秋。ようやく、自分の時間がとれました。

4回目の海外一人旅で、少しづつ、私も旅の感覚がつかめているところ。

それでも、短い日程だし、費用的にもさほどかからない韓国に照準を当てたというわけです。

 

韓国人や韓国政府が、どんなに日本を嫌っていようとも、あるいはその逆でも、私は旅とは結び付けたくない。

どんなに嫌われていようと、そこに見知らぬ土地があれば、行って見てきたいのが旅人です。

ソウル往復のフライトスケジュール

 航空会社便名フライト

往き

アシアナ航空OZ107

成田9:00 ⇒ ソウル11:40

帰り

アシアナ航空OZ102

ソウル9:00 ⇒ 成田11:10

イーツアーで予約した、サーチャージ込み45,000円のチケットでした。

前回は、羽田発の時刻が早すぎて、羽田前泊というマヌケをやらかしたので、ちゃんとそこも計算。成田を9時なら、自宅を5時前に出れば十分間に合います。

アシアナ航空でソウルへ

さて、会社から休暇を1日もらって3連休に加えた4日の旅程。

アシアナ航空で成田から出発です。

機は、ちょうど噴火の災害があった御嶽山のあたりを飛んでいきます。

DPP_1117

ソウルまでは2時間40分。

あっという間ですが、北アルプスを見下ろしながら、一生懸命機内食を食べます。

アシアナ航空は、もちろん韓国の航空会社ですが、機内食は日本の鶏肉弁当のようでした。

DPP_1118

今回の旅の目的は、ソウルを拠点として、慶州(キョンジュ)扶余(プヨ)の2つの古都を散策すること。

あわよくば、釜山も観光したいと思ってましたが、日程的に困難。それに、釜山へは、九州から対馬を経由して船で渡ってみたいので、次回以降に後回し。

それにしても、ソウルや仁川って、北朝鮮に近い((+_+))

DPP_2095

初めて手にした韓国ウオン

仁川に到着。さっそく両替します。1万ウオンが約1,000円。

数字のケタが増え、お金持ちになったような気がします(*^^)v

DPP_1179

ソウルまでは空港鉄道に乗ります。ノンストップの特急です。

8,000ウオン! とびっくりしましたが、800円くらいです。

しかし、しかし、ハングル文字、全く読めません。

DPP_1119

意外と野暮ったかったソウル駅前の散策

ソウルの駅について、どこだかわからない場所から外に出ました。

こちらが古いソウルの駅前です。ローマ字の併記もなく、地下鉄の入り口を探すのも一苦労です。

DPP_1120

ハングル文字が目に飛び込み、韓国に来たという雰囲気が急に盛り上がります。

DPP_1121

誰かの像。

DPP_1181

繁華街は、あの奥かな。

今日は、ソウルの街中を散策します。街中にも露店の香りが立ち込めています。

それにしても、ソウルって、かなり垢抜けたところだと思っていたのですが、こんな野暮ったい路地裏があるんですね。

こういうところをブラブラするの大好きです。

DPP_1122

一昔前の日本の地方都市を見る感じです。

歩いていて本当に面白く、つい半日近く散策してしまいました。

DPP_1123

けっこうな熱気です。

  

それでも、表通りは、このように大都会です。

DPP_1124

今夜のホテルは、地下鉄鍾路3街駅近くのドロスホテル。

明日は、早起きして、古都・慶州に行く予定です。

DPP_1125

タイトルとURLをコピーしました