【韓国・釜山】1日目(その4) 甘川文化マウルの鑑賞

さて、どうやって、甘川文化マウルまで向かいますか。

距離的には、ここ南浦から近いはずなんだけど、ハングル文字がわからず、地下鉄乗車もかねて、釜山駅までいったん戻りましょう。

00000640

メトロ乗車 南浦 ⇒ 釜山

漢字があると、ほんと助かります。

00000641

00000642

中国もそうだったけど、地下鉄は、基本的にフェンスがあるよね。

00000643

カナもふってくれてます。親切な駅名標。

00000644

地下鉄の車内放送も。日本語がありました。

そして、4時間ぶりに戻ってきた釜山駅前。

00000645

甘川文化マウル行きマンディバス

バスターミナルスタッフに尋ねると、みんな日本語話せます。すごい、ていうか感心・・・

「甘川文化マウルへ行くマンディバスはこっちだよ」。

00000646

これも、乗り降り自由のシティバス。
甘川文化マウルしか行かないのはもったいないですが、乗り換えとかないからね。

15,000ウオンでした。

00000647

出発。今度は、オープントップバスではありません。

00000648

おっと、兵役中ですか。ご苦労様です。
こういう光景みると、日本、ほんと大丈夫かなと、思う。

00000649

バスは、繁華街の南浦の西のほうへ向かいます。

00000650

途中、海辺に寄り道しながら。松島ビーチですね。

00000651

松島というように、松が植えられてます。

00000653

ここも、夏は海水浴客でいっぱいになるのかな。

00000654

今日は、ポカポカと暖かい休日。

00000655

00000656

00000657

リゾートっぽいですね。
釜山が、こんなに開けていたなんて、知りませんでした。

00000658

今度、またゆっくり日程で期待です。

00000659

甘川文化村 バス停に到着

さて、甘川文化マウルに到着。甘川文化村と英語で書いてありますね。

00000661

00000662

観光客でにぎわってます。

00000663

00000664

00000665

甘川文化マウルは、アートな地区。
いきなり、カラフルな鳥が出現。

00000667

こいのぼりですか??

00000669

町全体が見下ろせる場所をさがして登ります。

00000670

しかし、なかなか、あの展望台に行けません。

00000671

しかたなく、いったん降りて、

00000672

また登ります。

00000674

急斜面に、へばりつくようなお店。

00000676

展望台からのアートな世界

そして、展望台のうえにたどり着きます。

00000691

おお、すごい・・・

00000678

00000679

ここ、甘川文化マウルは、「文化の町づくり」として、アートなプロジェクトとして生まれた町。

00000683

「釜山のマチュピチュ」などと称されてるようですが、そんなあだ名などなくとも、十分に素晴らしいアートプロジェクトだと思います。

00000684

しかし、よく塗ったものだな・・

00000686

スタンプラリーもあるようですが、あの急斜面を行ったりきたりするのはちょっと・・
遠慮しておきます。

でも、普段生活してる人たちも大変だろうな。

00000687

ここにあがって来るだけでも、大変でした。

00000689

では、絶景にさようなら。

00000690

ほんとに、どれほどの塗料を使ったんだろう。

00000693

00000694

一大観光地になって、町も潤うようになったんでしょうか。

もともとは、朝鮮戦争から逃れてきた避難民が、住み始めたことが発端ともいわれています。

00000696

1時間もいたでしょうか。十分堪能しました。

00000697

ちなみに、たまに日本語の集団ともすれ違います。

00000698

南浦方面へのバス。
しかし、わがマンディバスは、なかなか来ません。

00000699

道が混んでるのかな。タクシーを捕まえちゃいました。

00000700

「k-GUESTHOUSE」にチェックイン

甘川文化マウルから、タクシーで10分くらいでホテルの前まで来れました。

大通り沿いにも入り口があったんですね。気づきませんでした。

00000707

エレベータを降りると、釜山の海が。

00000706

1泊5,500円と、そんなに安くはありませんが、部屋はまあまあじゃないですか。
清潔だし、朝食は食べ放題というし。

00000703

ワンルームマンションですね。

00000702

今日の釜山は、気温25度くらいあります。
とりあえず、汗を流して休憩しましょう。

シャワールームは、完全にトイレと一体化。トイレの中にシャワーノズルがあるだけ、という感じですが、清潔なので気になりません。

00000701

現在15時。早起きは三文の徳を実感です。

タイトルとURLをコピーしました