【行動しないのも勇気】SNS友達申請の90%が起業or副業コンサルタントだった話

タイトル通りです(^_^)

最近ブログ書きながら、なんか気分乗らないな、なんて感じることが多かった。

いつも飄々としている私がなんでだろうな・・

初めて感じたSNS疲れ?

ひょっとして、これってSNS疲れというやつか?

facebookに投稿をするようになって、友達申請をいただくたびに、ありがたいことだと最初のうちは申請をすべて承認させていただいてました。

 

すると、来るわ来るわ、すごいんですよ。

  • フリーランスの時代ですよ!
  • 今の時代、行動しないなんてありえない!
  • 行動しなければ、何も変わりませんよ!
  • 私は、毎日10万円稼いでますよ!

なんと、友達申請が来た9割以上の方が、起業系の〇〇コンサルタント。

メッセンジャーを使って直接勧誘してくる人もいれば、ご自身のタイムラインに自己啓発を啓蒙する言葉を毎日発信する人もいます。

 

いやあ凄い人たちですね。

 

でも、そういう話って、私には合わない。

そんなキラキラした話をずっと目にしてると疲れるんです。

せっかく申請いただいたのに申し訳ないんですが、友達解除あるいはミュートさせていただきました。

 

すると、ウソのように、普段の自分に戻れました。

 

不快なものをわざわざ目に入れない。

自分と無関係な世界についてはミュートする。

これだけで、精神が安定します。

基本ですね(^.^)

行動は大事かもしれないけど、方向性は合ってますか?

ところで、このコンサルタントの方々の発信は、ある種共通していて、とにかく、ふたこと目には「行動しろ」。

ここで言う「行動」とは、起業や副業、あるいは自己啓発のような努力のことを指すようです。

 

世の中不安だらけです。

だから、なにが起きても大丈夫なように自分磨きをしておいた方がいい。

 

一見正論のように見えますが、実はそこに落とし穴があります。

 

行動したからといって、何かが変わる保証ってあるんですか?

努力したからといって、必ず報われるって保証あるんですか?

 

残念ながら、努力が報われない確率の方が圧倒的に高いです。

なんでもかんでも「努力」が物事を解決すると思ったら大間違いなんですよ。

 

なので、発信者の言葉を真に受けて、考えもなしに、いきなり行動するなんてやめましょう。

少なくとも、自分が目指している「幸福論」や「世界観」と照らし合わせて、この努力必要なのかな、と立ち止まることをおすすめします。

熟考した上で正しく行動することは必要だと思いますが、行動する方向性を間違えると貴重な時間とお金を喪失します。

 

私は、会社員としては、恵まれたサラリーマン生活を送っている方だと思ってます。

が、自分の努力の賜物だなんて、これっぽっちも考えてません。

99%、運と周囲の環境に恵まれたおかげです。

実は、人生において、運って、けっこう大きなシェアを占めます。

その運を手放さないような努力はしましたが(笑)

行動しない人は「勇気のない」人間なんですか?

世の中には、チャレンジ精神旺盛で、積極果敢で、リスク取るの大好きで、とにかく動き回っていないと生きてる気しないって人もいるでしょう。

全然否定しません。

その中には、いわゆる成功を収めて、大活躍されている方もいますよね。

正直凄いと思います。

立派だとも思います。

 

しかし、「行動」を起こした人全てがそうはなれないことぐらい、ちょっと考えればわかることです。

 

私を含めて「行動を起こせない」皆さん。

少なくとも、「行動しない」というたったそれだけのことだけで、自分を卑下するのはやめましょうね。

だって、人それぞれ背負っているものが違うわけですから。

年齢、性別、生活環境、身体能力、知能、健康状態、みんな異なるんです。

「行動」という物差しだけで、なぜ人が評価されなくてはならないんでしょうか。

 

たしかに、すぐに「行動」できる人は、能力もあり、勇気もあると思いますよ。

 

しかしながら、行動した人だけが勇気あるわけではない。

考えに考えた上で、行動しないのも勇気なんです。

 

ドラマ「ハゲタカ」で、銀行を退職する柴田恭兵が演じる芝野健夫に対し、同期の広報部部長が「辞めないのも勇気だよ!」と言うセリフがありました。

私は、このセリフに100%共感します。

 

実は私も35歳のとき、「このままでいいのだろうか」と考え、行動を起こしかけたことがあります。

でも、考えに考えた挙句に、私は行動しなかった。

 

今のところ、結果的に、いい人生になっている。

このあと、私の人生がどうなろうとも、絶対に後悔しません。

「行動しない」ということを選択するために、頭をフル回転させたんだから、後悔なんかするわけがない。

 

「行動しなかったことの後悔」って言葉をたまにみかけますが、不用意に使うのやめていただきたい。

行動したって、行動しなくたって、後悔を招いたってことは、その人自身の選択に問題があったということ。

熟考した結果、勇気を持って行動しなかったのなら、その結末を自分で褒めてあげるべきなんです。

 

行動しないことを選択するのも勇気ある行動です。

 

SNSで毎日のように飛んでくる鋭い言葉に、自己を否定され、あやうく自分を見失うところでした。

ここんところ、旅に出られてなくて、心が若干乱れてるというのもあるのかな。

 

考えてみれば、今日だって私は会社に行き、ビジネスをジャッジしている。

すなわち行動している。

人間、生きている以上、行動してないわけないですよね。

あらためて、生きていることに自信を持とうと思った1日でした。

タイトルとURLをコピーしました