サラリーマンの素人料理第17弾ハヤシライスは意外と簡単だった【初心者おすすめ料理】

さて、人生初の料理に挑戦しはじめて、まだ「カレーライス」に手をつけていません。

最近の「カレーライス」は、レンジでチンするだけで、とてつもなく美味しい商品があるので、いわゆるルーから作るのは少数派なのかな。

なので、「カレーライス」に挑戦してもよかったのですが、今回は、より材料を少なく「ハヤシライス」を手がけることにしました。

ジャガイモやニンジンの切ったり炒めたりがないので、そのぶんラクなはずです。

東野圭吾「流星の絆」にでてくる「ハヤシライス」のようにうまくいくかな。

では、みてみましょう。

素人サラリーマン料理「ハヤシライス」レシピ

材料の準備(6皿分)

  • 「ハヤシライス」の素デミグラスペースト(ハウス食品)6皿用
  • 牛肉300g
  • 玉ねぎ1個
  • オイル

これだけ材料が限定されていれば、うまく作れるでしょう。

いままで「量らずに」料理してきましたが、水で沸騰させるために一応計量カップを用意。

そして、わが家は4人家族ですが、6皿分いっきに作ってしまうことにしました。

玉ねぎを薄切りに

もう、玉ねぎの切り方には慣れてきました。

目を近づけなくても切れるようになったので、目が痛くなることもありません(笑)

そして、オイルを少量たらして玉ねぎを炒めます。

玉ねぎをしんなりするまで炒める

この「しんなりする」という表現がよくわからなかったのですが、すごく柔らかくなるまで、という意味ですね。

牛肉を薄切りに、そして熱を入れる

豚肉や鶏肉より牛肉のほうが切りやすい。経験しての実感。

そして、玉ねぎの鍋に入れて、焦がさないように中火から弱火で炒めます。

水を入れて煮込む(沸騰後15分)

水は650cc。きちんと量って入れましょう。

アクをとる

この「アクどり」が、これまた初めての経験。

どこまで取ればいいのかわからなかったのですが、こんなもんでいいでしょ。

沸騰した後、15分ほどおきます。

ルーを入れる

そして、いよいよルーを入れるんですが、火を止めてからね。

とろみがつくまでかき混ぜて完成(弱火で約10分)

 

なんか、いい感じに仕上がりましたよ。

こりゃ美味しそうだ!(^^)!

家族も大喜びの「ハヤシライス」でした。

 

赤ワイン風味なので、赤ワインにもよく合います。

 

タイトルとURLをコピーしました