厳冬のモスクワ・シェレメツボ国際空港のトランジット【カナリア諸島旅行記 #3】

結局、一睡もせずにシベリア上空を横切りました。

下界の景色が見えていると、眠ってしまうのがもったいなく思えちゃうんですよね。

旅中毒かな(笑)

モスクワ・シェレメツボ国際空港に到着

10時間のフライトを経て、機はモスクワへ。

00011757

モスクワの郊外をつかさどる町の灯り。

00011759

14年前は、シベリア鉄道でモスクワ入り。
着いた時間も同じくらい。

10日間かけて船と鉄道でたどり着いたモスクワに、今回は、たった10時間半で到着。

00011760

おお、だんだん首都モスクワって感じになってきました。

00011761

そして、雪の積もったモスクワ・シェレメツボ国際空港に到着。

14年前に経験した、超ソフトランディングを期待してましたが、ドスンとかなりの衝撃を伴った着陸でした。

積雪時の着陸って難しいんだろうな。

00011762

暖房の機内から外に出ると、張りつめたような冷気。

00012030

足早に連絡バスへ。

00012031

シェレメツボ国際空港のトランジット

定刻の着陸だったので、マドリード行きのフライトまで2時間くらいあります。

余裕を持ってゲートを探せます。

マドリード行きはD24です。

00011763

余裕があるとはいっても、この混雑。

このあと、パスポートチェックと、簡単な手荷物セキュリティチェックがあるので、ちょっと不安になりました。

しかし、パスポートなんて、何をみてるのかな、ってくらい雑なチェックだったし、手荷物も、スマホやipadをバッグから出さずにそのまま通過させましたから、ただのけん制?

したがって、20分くらいで、この雑踏を通過できました。

00012032

中国やアメリカは、最初の寄港地で入国審査だもんな・・・

当然ロシアも、って違うらしい。

ロシアなら、そのくらいのチェックするだろ、と思ってましたが、そうではないらしいです。

 

さて、D24ゲートへ向かいます。

久しぶりに見るロシア文字が懐かしい。

00012033

年の瀬のシェレメツボ(シェレメチボ)国際空港のひととき

日本ではクリスマスが終わったら、ツリーもしまわれますが、本家本元では、しばらく楽しむんですね。

00012034

00012035

14年ぶりのシェレメツボ国際空港ですが、あんまり記憶に残ってないなあ(笑)

00012036

D24に到着。たしかにマドリード行きなので、一安心。

飛行機を降りてから、ちょうど30分。フライトまで1時間半以上あります。

コンコースを散歩してきますか。

00011764

とりあえず、お酒が飲みたいな・・・

00012039

お、ここでいいかな。お酒を売ってます。

00012037

お腹もすいてますが、マドリード行きの中で出るでしょうから自重。

00012038

やっと手に入った赤ワイン。

ところが545ルーブルと聞いて、一瞬躊躇しましたが、背に腹は変えられず、カードで決済。

あとで調べると、1ルーブルは1.6円。つまり872円でした。

14年前にロシアへ行ったときは、1ルーブル5円近かったんだけどな。

00012041

ワインをいただきながら、空港の雰囲気を楽しみます。

00012047

年の瀬のシェレメツボ国際空港。

00012046

ほんとロシア文字、懐かしいなあ。

00012049

いろんな人がいて、空港の雰囲気って楽しいですよね。

00012048

タイトルとURLをコピーしました