【カナリア諸島旅行記 #5】マドリッドからカナリア諸島・テネリフェ島へ

結局、昨夜は、午前1時ごろまで悶々とし、3時過ぎに目を覚ましたら、寝過ごしが怖くて、もう眠れず・・

しかし、何故か、頭はさえて疲れを覚えず。

興奮が、身体の疲れを上回るという、かなり危険な状態だな、こりゃ(^^)v

今日は12月30日。

先週だって、年の瀬の激務で、身体はクタクタだったのに、それすら忘れてる。

カナリア諸島への上陸という幼少のころからの願いがすぐそこまできて、身体の負の部分をすべて吹き飛ばしとたいうことでしょう。

そのくらい、ろくに眠っていないのに身体は快調です(笑)

でも、島に上陸してからは、レンタカーを運転するから、ほんとは睡眠とっておいたほうがいいんだよな・・・

早朝のマドリード・バラハス空港

昨夜のフロントのおじさんが、ターミナル2まで送ってくれます。ありがとさんです。

私と同じような早起き組みが、あと8人ほど。

さっそく、案内ボードでフライトを確認します。

テネリフェ・ノースは7:05です。

00012062

しかし、さすがイベリア半島の真ん中のマドリード。ヨーロッパ各地へのフライトが目白押しです。
こういうの、眺めてるだけでも楽しいです。

エアヨーロッパは、はじめて乗る航空会社。

カウンターで、「窓際を」と頼むと、「イエス。OK」と愛想がいいです。

ボーディングパスは、ごちゃごちゃ書かれていたアエロフロートと比べると、非常にシンプル。

00012064

さて、早起きなのでお腹すいてます。

とりあえず、手近なフードスタンドで、オムレツバーガーをチョイス。

オムレツなので卵を期待してましたが、ジャガイモでした。

しかし、ジュースと合わせて9.5ユーロ(約1,200円)。なんか、物価高くないですか?

00012063

自販機の飲み物もこの値段。

ハイネケンの2.6ユーロがかわいく見えます。

思わず、朝ビールでも飲んでしまおうと思いましたが、このあとクルマの運転がある。

危ない危ない(笑)

00012081

UX9059便でテネリフェ・ノース空港へ

テネリフェ・ノース行きのボーディング開始。

実は、行き先が示すとおり、テネリフェ島には北と南に空港があり、ここマドリードからは、それぞれにフライトが出ています。

なので、気をつけないと間違えます。

私も、最初、テネリフェの文字だけで、危うく間違いかけました。

00012065

時計をロンドン時間に合わせます。

というのも、カナリア諸島はスペイン領ですが、マドリードと経度で10度ほど西にあるので、スペイン本土とも時差が1時間あります。

私のGショックには、カナリア諸島の設定がないので、同じ時間帯のロンドンに合わせたわけです。

これで、日本との時差が9時間に広がりました。

00012066

朝7時(カナリア諸島は6時)でも真っ暗なマドリード・バラハス空港。

00012067

マドリードの空に舞い上がります。

マドリードの街は、戦時中の灯火管制でも敷かれたかのように、明暗がはっきりと。

00012068

さて、何も見えないので、ここぞとばかり眠っておきましょう。

マドリードからテネリフェ島サンタクルスまで、約1,700キロ。約3時間です。

つかの間の仮眠はとれるでしょう。

 

そして、目が覚めると、朝焼けが広がっていました。

00012069

機は、アフリカ大陸モロッコの西、大西洋上。

まもなく、テネリフェ島に着陸です。

00012070

あいにく、大西洋上は雲に覆われていました。

着陸するために、機は雲に突っ込みます。

00012071

テネリフェ島に上陸

そして、雲を抜けた瞬間、目に飛び込んできました。

カナリア諸島テネリフェ島です。

そして、右手に見えるは、テイデマウンテン!

00012072

大西洋に浮かぶ島。テネリフェ島。感無量です(^^)v

00012074

火山島だけあって、崖が鋭いです。

00012075

テイデ山には、明日登ります。こりゃ、楽しみだあ・・・

00012076

そして、テネリフェ・ノース空港に着陸。

スペイン人らしく、拍手がわきおこりました。

00012077

ヨーロッパのハワイという俗称もあるようで、フライトの本数もいっぱいありそうです。

00012078

飛行機を出ると、風が生暖かい。

氷点下に近かったマドリードと比べると、20度近く気温が違う模様。

さすが常春の島。

空港ロビーは、観光地らしい、垢抜けた印象。

00012080

なんか、ワクワクしてきましたよ!(^^)!

タイトルとURLをコピーしました